携帯会社で比較

UQモバイルとワイモバイルを比較!どっちが良いのか、ニーズごとに解説!

UQモバイルとワイモバイルを比較!どっちが良いのか、ニーズごとに解説!
Take
Take
こんにちは!スマ得のTakeです!

今回は、UQモバイルとワイモバイルを徹底比較しますよ。

UQモバイルとワイモバイルは、「大手キャリアのサブブランド」としてよく比較されます。

ぱっと見ると、両社とも同じような感じはしますが、実は結構違うのです。

Take
Take
ニーズによって、UQモバイルとワイモバイル、どちらが良いのか、変わってきますよ。

主に、「データ通信」を利用するのか、「通話」を利用するのかで変わります。

しかし、それ以外に、細かいところにも違いがあり、それを総合的に検討する必要があります。

この記事が、「UQモバイルとワイモバイル、どちらが良い?」を迷われている方に、「道しるべ」になれば幸いです。

この記事で分かる3つのポイント
  1. ニーズごとに、UQ・ワイモバどちらがオススメか、が分かる!詳細>
  2. UQ・ワイモバそれぞれ実際の料金がいくらなのか分かる!詳細>
  3. UQ・ワイモバの細かい違いにも着目して、検討材料に!詳細>

目次

データ通信をよく利用する人は「UQモバイル」、通話をよく利用する人は「ワイモバイル」、がオススメ!

データ通信をよく利用する人は「UQモバイル」、通話をよく利用する人は「ワイモバイル」、がオススメ!

最初に、「ニーズ」によって、UQモバイル・ワイモバイル、どちらがオススメかを解説します。

表題にもありますが、

  • 「データ通信」をよく利用する人は「UQモバイル」
  • 「通話」をよく利用する人は「ワイモバイル」

がオススメになります。

その理由を見ていきましょう。

 

データ通信をよく利用する人は、データの使い勝手が良い「UQモバイル」がオススメ!

データ通信をよく利用する人は、「UQモバイル」がオススメ!

「データ通信」をよく利用する人は、データの使い勝手が良い、UQモバイルがオススメです。

理由は、下の4つです。

  1. データ繰り越しが出来る(ワイモバ不可)
  2. 高速・低速の切り替えが出来る(ワイモバ不可)
  3. 低速時でも、Spotify(音楽ストリーミング)・AbemaTVが視聴可能
  4. 通話をしないなら、UQモバイルのほうが安い
Saki
Saki
ん~。あんまり実感出来ない・・・。
Take
Take
詳細は、後で詳しく書くね。
すぐに見たい方はこちら>

 

携帯会社の通話をする人は「ワイモバイル」がオススメ!

 携帯会社の電話をする人は「ワイモバイル」がオススメ!

「携帯会社の通話」をよく利用する人は、通話に関するサービスが充実の、ワイモバイルがオススメです。

理由は、下の3つです。

  1. 留守番電話無料(UQは月380円のオプション)
  2. ワイモバイルは1回10分かけ放題がコミコミ
  3. 1回10分かけ放題前提なら、ワイモバイルのほうが安い
Take
Take
こちらも、詳細は、後で詳しく書きますね。
すぐに見たい方はこちら>

 

UQモバイルが強いのは「データ」の扱いやすさ!「通話ほぼ不要」の人はUQのほうが安くなる。

UQモバイルが強い:「データ」の扱いやすさ。「通話ほぼ不要」の人はUQのほうが安くなる。

UQモバイルが強いのは「データ」の扱いやすさです。
そして、「通話ほぼ不要」の人は、UQモバイルのほうが、料金が安くなります。

 

UQモバイルは、データ繰り越しが出来る!(ワイモバ不可)

UQモバイルの「データ容量」の繰り越しイメージ図UQモバイル:データ繰り越しイメージ図

UQモバイルは、データ容量について、当月使い切らなかった分を、翌月に繰り越すことが出来ます。

例えば、3月末に3GB分余ってしまった場合は、4月に3GB繰り越すことが出来ます。

これにより、4月は、4月分の9GBと、3月分繰り越し3GB合計12GBからスタートすることが出来ます。

当月余ったデータ容量は、無駄にならずに、翌月に活用できますね。

それに対し、ワイモバイルは、データ繰り越しの仕組みはありません。
当月余ったデータ容量は、当月で消滅してしまいます。

 

UQモバイルは、高速・低速の切り替えが出来る!(ワイモバ不可)

節約モードON・OFFの切り替えが出来る!節約モードON・OFFの切り替えが出来る!

UQモバイルでは、低速モードがあります。(「節約モード」と呼ばれるものです。)

通信速度は遅くなりますが、データ容量が消費されなくなります。
さらに、アプリで、高速・低速の切り替えがすぐに出来ます!

SNS・音楽ストリーミングは「節約モード」
ネット検索・Youtubeは「高速モード」
といった「使い分け」をすることで、料金を安くすることが出来ますね。

それに対し、ワイモバイルは、高速・低速の切り替えの仕組みはありません。
自分でデータ容量を調節することは出来ないのです。

 

UQモバイルは、低速時でも、Spotify(音楽ストリーミング)・AbemaTVが視聴できる!

低速時でも、Spotify・AbemaTVなどが視聴可能!

低速時の最大速度を表にまとめました。

会社 低速時の最大速度
UQモバイル 最大300Kbps(データ専用プランは最大200Kbps)
ワイモバイル 最大128Kbps

UQモバイルは、低速時の最大速度が、ワイモバイルの約2.5倍です。

300kbpsというスピードは、Spotify・radikoや、AbemaTV(通信節約モード)なら視聴が可能です!

それに対し、ワイモバイルの最大128Kbpsは、遅すぎて、何も出来ません。

 

携帯会社の通話をほとんど使わない人は、UQモバイルのほうが安くなる

また、携帯会社の通話をほとんど使わない人は、ワイモバイルに比べると、UQモバイルのほうが安くなります。

基本料金だけの場合の、UQモバイル・ワイモバイルの、2年間の料金を比較します。

基本料金だけの場合の、1ヵ月ごとの料金グラフ(UQ・ワイモバ)

基本料金だけの場合、UQモバイルは、2年間で5万円以内に抑えることが可能です。

Saki
Saki
とても安いわ!

ワイモバイルは、2年間で約6万円です。
UQモバイルは、2年間で、ワイモバイルよりも12,600円も安く使うことが出来ますね。

UQモバイルは、基本料金だけの場合「無料通話」が含まれていません。
通話のたびに、30秒につき20円の通話料が必要になります。
ワイモバイルは、基本料金に「1回10分以内国内通話無料」が含まれています

 

また、UQモバイルでは、オプションで、「1ヶ月で60分以内の国内通話無料」(500円/月)があります。

このオプションをつけた場合の、UQモバイル・ワイモバイルの、2年間の料金を比較します。

UQ通話パックオプション込みの1ヵ月ごとの料金グラフ(UQ・ワイモバ)

2年間で比較すると、UQモバイルが600円だけ安くなる計算になります。

 

UQモバイルは、「データ通信」に関して、使い勝手が良いサービスが揃っている!

UQモバイルは、

  1. データ繰り越しが出来る!
  2. 高速・低速の切り替えが出来る!
  3. 低速時も、そこそこ使える!
  4. 通話をしないなら、UQのほうが安い!

「データ通信」を重視する人は、UQモバイルがオススメです!

UQモバイル の公式オンラインショップを見る! >

目次に戻る

 

ワイモバイルが強いのは「通話」!留守番電話が無料!通話をよくする人はワイモバが安心。

ワイモバイルが強い:「通話」に関するサービス。「かけ放題前提」の人はワイモバほうが安くなる。

ワイモバイルが強いのは「通話」に関するサービスです。
そして、「10分かけ放題前提」の人は、ワイモバイルのほうが、料金が安くなります。

 

ワイモバイルは、留守番電話が無料(UQは月380円のオプション)

ワイモバイルは、留守番電話が無料!

ワイモバイルは、留守番電話が無料なのがポイントです!

iPhoneも含めて、現在のスマホの多くは「端末にメッセージを録音する機能」がありません。

Saki
Saki
ガラケー時代、端末にメッセージを録音する機能はあったよね。
Take
Take
そうだね。しかし、端末にメッセージを録音するのは「日本独自」だったようですね。

世界展開する、iPhoneや多くのAndroidスマホでは、録音機能はありません

そこで重宝するのが、「留守番電話」
ワイモバイルでは、無料で使えるところが、かなり「強み」になりますね。

ただし、留守番電話メッセージを聞くのは、かけ放題の対象外であることに注意!
(通常の「30秒につき20円」の通話料がかかります。)

それに対し、UQモバイルは、380円/月のオプションになります。
(※留守番電話サービス以外に、三者通話サービス/迷惑電話撃退サービスも含めた「電話基本パック」というオプションになります。)

 

ワイモバイルは1回10分かけ放題がコミコミ

ワイモバイルは1回10分かけ放題がコミコミ

ワイモバイルは、基本料金に「1回10分国内通話かけ放題」がコミコミになった、分かりやすいプランになっています。

1回10分の通話をよくする人なら、シンプルなプランのほうが、分かりやすいですよね。

 

1回10分かけ放題前提なら、ワイモバイルのほうが安い!

1回10分かけ放題前提の人なら、UQモバイルに比べると、ワイモバイルのほうが安くなります。

これは、ワイモバイルには「新規割」という割引があり、6ヶ月間、700円割引されるためです。

1回10分かけ放題の場合の、ワイモバイル・UQモバイルの、2年間の料金を比較します。

1回10分かけ放題の場合の、1ヵ月ごとの料金グラフ(UQ・ワイモバ)

「1回10分かけ放題」を前提にした場合、ワイモバイルのほうが、2年間で、4,200円安く使うことが出来ますね。

 

ワイモバイルは、「通話」に関して、かゆいところに手が届くサービスが揃っている!

ワイモバイルは、

  1. 留守番電話が無料!
  2. 1回10分かけ放題がコミコミなのでシンプル!
  3. 1回10分かけ放題前提なら、ワイモバのほうが安い!!

「携帯会社の通話」を重視する人は、ワイモバイルがオススメです!

目次に戻る

 

UQモバイル・ワイモバイルの料金プランを確認。

UQモバイル・ワイモバイルの料金プランを確認しましょう。

■UQモバイルの基本料金

プラン プランS プランM プランL
基本料金 1,980円/月 2,980円/月 3,980円/月
データ容量 3GB 9GB 14GB
通話 従量制(20円/30秒)
※無料通話は3タイプのオプションあり

■UQモバイルの通話オプション

通話パック かけ放題
(1回10分以内)
かけ放題
(24時間いつでも)
国内通話60分/月(2,400円分)まで無料 国内通話10分/回まで無料 国内通話24時間いつでも無料
500円/月 700円/月 1,700円/月

※無料通話は、0180、0570から始まる電話番号など、一部対象外の通話があります。

 

■ワイモバイルの基本料金

プラン プランS プランM プランR
基本料金 2,680円/月
(2~7ヶ月目:1,980円)
3,680円/月
(2~7ヶ月目:2,980円)
4,680円/月
(2~7ヶ月目:3,980円)
データ容量 3GB 9GB 14GB
通話 国内通話無料(1回10分以内)

■ワイモバイルの通話オプション

スーパーだれとでも定額
国内通話24時間いつでも無料
1,000円/月

※無料通話は、0180、0570から始まる電話番号など、一部対象外の通話があります。

 

「1回10分かけ放題」「24時間かけ放題」のUQモバイルとワイモバイル金額比較

基本料金だけを見ると、UQモバイルのほうが安く見えます。

しかし、「1回10分かけ放題」「24時間かけ放題」にした場合、UQ・ワイモバとも、同じ料金になります。
(ワイモバイルは「新規割」があるので、6ヶ月間は700円ほどワイモバイルのほうが安くなる)

「1回10分かけ放題」のUQモバイルとワイモバイル金額比較

携帯会社 プランS プランM プランR
UQモバイル 2,680円/月 3,680円/月 4,680円/月
ワイモバイル 2,680円/月
(2~7ヶ月目:1,980円)
3,680円/月
(2~7ヶ月目:2,980円)
4,680円/月
(2~7ヶ月目:3,980円)

 

「24時間かけ放題」のUQモバイルとワイモバイル金額比較

携帯会社 プランS プランM プランR
UQモバイル 3,680円/月 4,680円/月 5,680円/月
ワイモバイル 3,680円/月
(2~7ヶ月目:2,980円)
4,680円/月
(2~7ヶ月目:3,980円)
5,680円/月
(2~7ヶ月目:4,980円)
Saki
Saki
「かけ放題」にした場合、UQ・ワイモバとも同じ金額になるのね。
(ワイモバの「新規割」時は、ワイモバのほうが安いけど。)
Take
Take
うん、結局、旧プランと同じく、UQ・ワイモバも同じ料金体系になってきているね。

UQモバイル の公式オンラインショップを見る! >

目次に戻る

 

UQモバイルとワイモバイルを表で比較!細かいところでは色々と違いがある!

ここまでは「データ通信」「通話」を重点に解説しました。

しかし、UQモバイルとワイモバイルの違いはこれだけでありません!

Saki
Saki
何か、違いはあるの?
Take
Take
色々とあるよ。UQ・ワイモバどちらを選ぶかは、下の事も考慮してね!

まずは、今までの復習です。

  UQモバイル ワイモバイル
月額料金 ◎かけ放題なしなら最安レベル ◎かけ放題コミなら最安レベル
音声通話 ◎無料通話を3つのオプションから選択 ◎1回10分のかけ放題がコミコミ
完全かけ放題 ◎あり(通話かけ放題24時間いつでも) ◎あり(スーパーだれとでも定額)
低速通信時の最大速度 ◎300kbps
(データ高速プランは200kbps)
×128kbps
高速・低速切り替え ◎出来る ×出来ない
データ繰り越し ◎翌月繰越あり ×繰越なし
  UQモバイル ワイモバイル

Take
Take
それでは、その他の項目で比較しましょう!
  UQモバイル ワイモバイル
通信速度 ◎平日の12時台・夕方も大手並みの高速通信 ◎平日の12時台・夕方も大手並みの高速通信
契約期間の縛り ◎縛りなし ◎縛りなし
家族割 ◎2回線目以降500円割引 ◎2回線目以降500円割引
学割 ◎学割あり(UQ学割) ◎学割あり(ワイモバ学割)
通信回線の選択幅 △au回線のみ △ソフトバンク回線のみ
SIMロック解除 △一部のau端末以外は必要 ×必ず必要
  UQモバイル ワイモバイル
テザリング ◎無料で使える ◎無料で使える
Wi-Fiスポット △無料で使えるが、範囲は狭い。
350円で5台・広範囲で使える
◎無料で広範囲に使える(※ワイモバ端末のみ)
データ容量シェア ×無い ◎あり(※データ通信のみ)
LINEの年齢認証 ×出来ない ◎出来る
海外での利用 ◎利用出来る(※データ通信は不可) ◎利用出来る(※条件あり)
  UQモバイル ワイモバイル
キャリア決済 ◎あり(auかんたん決済) ◎あり(ワイモバイルまとめて支払い)
ショッピング特典 ×特になし ◎あり(Yahoo!ショッピング)
サポート △UQスポットが全国180店以上 ◎ワイモバイルショップが全国1,000店以上
SIM契約キャンペーン ◎SIM契約で6,000円 ◎SIM契約で6,300円分
iPhone/スマホ購入割引 ◎割引あり(端末により割引金額異なる) ◎割引あり(端末により割引金額異なる)
  UQモバイル ワイモバイル

通信速度は、UQ・ワイモバとも早い!平日12時台でも大手並の高速通信

通信速度は、UQモバイル・ワイモバイルとも早いです。

こちらは当サイトで平日12時台に行った、速度調査の結果です。

■UQモバイル

 UQモバイルの通信速度調査(平日12時台)UQモバイル平日12時台の「通信速度」調査結果。

■ワイモバイル

ワイモバイルの通信速度調査(平日12時台)ワイモバイル平日12時台の「通信速度」調査結果。

「平日の12時台」は格安SIMにとって「魔の時間」と言われます。
この時間は、1Mbps以下になる格安スマホ会社が続出します。

しかし、UQモバイル・ワイモバイルとも、平日12時台も早いです!

Take
Take
どちらも早いですが、ワイモバイルのほうが、通信速度が安定している感じはあります。

その他の比較一覧に戻る

 

契約期間の縛りは、UQ・ワイモバとも無し。

契約期間の縛りは、UQ・ワイモバとも無し

契約期間の縛りは、2019年10月の新プランからは、両社とも撤廃されました。

UQモバイル・ワイモバイルとも、今までのいわゆる「2年縛り」というものは無くなりました。

Take
Take
これで乗り換えがかなりしやすくなりましたね!

その他の比較一覧に戻る

 

家族割は、UQ・ワイモバとも2回線目以降500円割引

家族割は、UQ・ワイモバとも2回線目以降500円割引

UQモバイル・ワイモバイルとも、「家族割」があります。

両社とも、「2回線目以降500円割引」となっています。

その他の比較一覧に戻る

 

学割は、UQ・ワイモバとも有り。割引内容は異なるので注意!

UQモバイル・ワイモバイルとも、「学割」があります。

ただし、「学割」の内容は、両社で異なります。

■UQモバイル

UQモバイルのUQ学割のプラン別料金UQモバイルのUQ学割のプラン別料金

■ワイモバイル

 ワイモバイルのワイモバ学割のプラン別料金ワイモバイルのワイモバ学割のプラン別料金
  1. UQモバイルは、プランM/Lの他に、学生のみプランSでも割引あり(-500円)
    ワイモバイルは、プランM/Rのみ(プランSは対象外)
  2. 上の表には書かれていませんが、
    UQモバイルは、加入済みのユーザーも「UQ学割」に入れる可能性がある
    ワイモバイルは、新規加入のユーザーのみ対象

上2つの違いが大きいですね。

その他の比較一覧に戻る

 

UQ・ワイモバとも、グループ会社の回線のみ(UQ:au回線、ワイモバ:ソフトバンク回線)。

UQ・ワイモバとも、グループ会社の回線のみ(UQ:au回線、ワイモバ:ソフトバンク回線)

UQモバイル・ワイモバイルとも、グループ会社の回線のみとなります。

UQモバイル ワイモバイル
au回線のみ。
(UQモバイルは、auと同じ「KDDI」グループ)
ソフトバンク回線のみ。
(ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランド)
Saki
Saki
UQ・ワイモバが、他の回線(ドコモ回線とか)を追加すると、どうなるの?
Take
Take
多分、他の格安SIM会社のように、昼間が遅い回線が出来上がってしまうのでは?

UQモバイル・ワイモバイルとも、同じグループ会社なので、大手キャリアから優遇されていると言われています。

他の回線を取り扱うと、費用がだけが上がって、遅い回線を持つことになると思います。
今後も、他の回線を取り扱う可能性は低いと思いますね。

その他の比較一覧に戻る

 

SIMロック解除は、UQは一部のau端末以外は必要。ワイモバは必ず必要。

SIMロック解除は、UQは一部のau端末以外は必要。ワイモバは必ず必要。

UQモバイルは、auと同じ「au回線」を利用しています。
そのため、一部のau端末は「SIMロック解除」が不要です。

iPhoneなら、「iPhone 8」以降はSIMロック解除不要となっています。

Saki
Saki
UQは、一部のau端末で「SIMロック解除」が要らないのは、ポイントが大きいわね。
Take
Take
そうだね!ただし、同じau回線だけど、SIMロック解除が必要な機種もあります。ご注意を!

それに対し、ワイモバイルは、全ての機種で「SIMロック解除」が必要となります。

実は、ワイモバイルは、厳密に言うと、ソフトバンク回線以外に、前身のイーモバイル回線も含まれた「独自回線」なんです。
そのため、そのまま利用することが出来ません。

Saki
Saki
ワイモバは、ソフトバンク端末も「SIMロック解除」が必要なのね。
Take
Take
そうなんですよ。 全ての機種で「SIMロック解除」が必要ですね~。

その他の比較一覧に戻る

 

テザリングは、UQ・ワイモバとも無料で使える

テザリングは、UQ・ワイモバとも無料で使える

テザリングは、UQモバイル・ワイモバイルとも、無料で使えます。

Saki
Saki
大手キャリアだと、別料金500円かかる会社もあるよね。
Take
Take
無料で使えるのはウレシイね!

その他の比較一覧に戻る

 

Wi-Fiスポットは、無料だと、ワイモバのほうがエリアが広い

Wi-Fiスポットは、無料だと、ワイモバのほうがエリアが広い

UQモバイルは、無料のフリープランもありますが、利用できるエリアは狭いです。
(スターバックス・マクドナルドは利用可能です)

それに対し、ワイモバイルは、無料で、ソフトバンクWi-Fiスポットが使えます。
利用できるエリアは、広範囲です!
(ソフトバンクと同等のサービスを受けられます)

Take
Take
なお、UQモバイルも、150円の有料オプションを支払えば、au Wi-Fiスポット並の広範囲で利用出来ますよ。
(350円で5台分利用することも出来ます。)

Wi-Fiスポットに関しては、そもそも、サービス内容が両社で異なります。
詳しく知りたい方は、下の記事を参考にしてください。

その他の比較一覧に戻る

 

データ容量のシェアは、ワイモバでは可能。別に基本料金が必要であることに注意

データ容量のシェアは、ワイモバでは可能。プランSは逆に損する

ワイモバイルでは、「スマホベーシックプラン」のデータ容量を、タブレットなどの別の端末に、分け合うことが出来ます。

「子回線専用プラン(シェアプラン)」というプランです。
最大3枚の別のSIMカードとデータ容量をシェア出来ますよ。

それに対し、UQモバイルでは、このようなシェアプランはありません。

ただし、ワイモバイルのプランSに関しては、データ容量のシェアは逆に損してしまいます。(別に980円の基本料金が必要)

これなら、UQモバイルの「データ高速プラン」(3GB・980円)を別に契約するほうが良いですね。

その他の比較一覧に戻る

 

LINEの年齢認証は、UQは出来ない。ワイモバは出来る。

LINEの年齢認証は、UQは出来ない。ワイモバは出来る。

UQモバイルでは、LINEの年齢認証は出来ません。
年齢認証が出来ないため、LINEの「ID検索」は利用出来なくなります。

それに対し、ワイモバイルは、LINEの年齢認証が出来ます。
そのため、LINEの「ID検索」も利用出来ます。

格安SIM会社で、 LINEの年齢認証が出来るのは、ワイモバイルとLINEモバイルのみです。

その他の比較一覧に戻る

 

海外での利用は、UQ・ワイモバとも可能。ただし、条件あり

海外での利用は、UQ・ワイモバとも可能。ただし、条件あり

海外での利用は、UQモバイル・ワイモバイルとも、可能です。

ただし、条件があります。

  • UQモバイルは、データ通信は利用できません(音声通話のみ)。
  • ワイモバイルは、契約方法によっては、海外の利用自体が出来ないことも。
    (新規契約(MNPではない)で、SIMのみ購入している場合は、不可)詳しくは>
ただし、海外での利用は、通話・データ通信ともかなり割高になります。
通話ではなく、Skype同士での会話にしたり、海外用レンタルWi-Fi(例:イモトのWi-Fi)を使ったりするほうがかなり安くなります。

その他の比較一覧に戻る

 

キャリア決済は、UQ・ワイモバとも有り。

 キャリア決済:UQ「auかんたん決済」、ワイモバ「ワイモバイルまとめて支払い」

キャリア決済は、UQモバイル・ワイモバイルとも、あります。

UQモバイル ワイモバイル
auかんたん決済 ワイモバイルまとめて支払い

キャリア決済は、App Storeや、Google Playの支払いに利用出来ます。

他に、ショッピングでも利用出来ます。
ただし、ニーズの高い、「アマゾン」に関しては、
UQ(auかんたん決済)利用出来ますが、ワイモバ(ワイモバイルまとめて支払い)では利用することが出来ません。

その他の比較一覧に戻る

 

ショッピング特典は、ワイモバなら、Yahoo!ショッピングでポイント5倍!

ショッピング特典は、ワイモバなら、Yahoo!ショッピングでポイント5倍!

ワイモバイルでは、無料で「Yahoo!プレミアム会員」になることが出来ます。

「Yahoo!プレミアム会員」になると、
Yahoo!ショッピングや、LOHACOなどで「ポイント5%還元」の特典を受けられます。
もちろん、ワイモバのキャリア決済も利用可能です。

それに対し、UQモバイルは、ワイモバイルのようなショッピングでの特典はありません。

その他の比較一覧に戻る

 

リアル店舗は、ワイモバの方が多い!UQも増加中!

リアル店舗は、UQスポット、ワイモバイルショップとも増加中

何かあった時に店舗で聞ける携帯ショップは、大手キャリアに比べると、少ないです。
しかし、格安SIM会社の中では両社かなり多くの店舗があります。

UQモバイル ワイモバイル
「UQスポット」が全国に180店以上
(※機種変更以外に、修理受付・契約内容変更も出来る)
「ワイモバイルショップ」が全国に約1,000店
「UQモバイル取扱店」が全国に2,700店以上
(※機種変更に対応している店舗も多い)
「ソフトバンクショップ(ワイモバイルも取扱)」が全国に1,500店以上
(※機種変更や、契約内容変更・修理受付・料金の支払いに対応しているお店も多い)

※出典)MCA「キャリアショップの展開状況と店舗一覧2019春」

Take
Take
ワイモバイルショップは、ソフトバンクショップに併設されることが多くなっていますね。

「UQスポット」は数多くありませんが、「UQモバイル取扱店」なら、機種変更に対応しているお店が多いですね。
(取扱店は、修理受付・契約内容変更は対応外。)

ちなみに、大手キャリア3社平均の「携帯ショップ」は、約2,400店です。

その他の比較一覧に戻る

 

SIMのみ購入で、UQ・ワイモバとも6,000円ほどのキャンペーンあり!(公式オンラインストア)

SIMのみ購入キャンペーンあり!

SIMのみを公式オンラインストアで申し込むと、キャンペーンがあります!

UQモバイル ワイモバイル
キャッシュバック6,000円(銀行振込) 初期費用(3,300円)+PayPayボーナスライト3,000円分

(※2020年1月14日時点)

こちらはオンライン申し込み限定です。家電量販店や携帯ショップではこのキャンペーンは適用されません!

UQモバイル の公式オンラインショップを見る! >

その他の比較一覧に戻る

 

iPhone・スマホ購入で、端末割引あり!(公式オンラインストア)

iPhone・スマホ購入で、端末割引あり!

iPhone・スマホを公式オンラインストアで購入すると、キャンペーンがあります!

UQモバイル ワイモバイル
最大19,800円割引!(iPhone/Xperiaなど) 最大14,400円割引!(iPhone/Xperiaなど)

(※2020年1月14日時点)(公式オンラインストア)

こちらはオンライン申し込み限定です。家電量販店や携帯ショップではこのキャンペーンは適用されません!

UQモバイル の公式オンラインショップを見る! >

その他の比較一覧に戻る

 

まとめ

UQモバイルとワイモバイルを徹底比較!どっちが良いのか、ニーズごとに解説しました。

「スマ得」では、「UQモバイル」と「ワイモバイル」それぞれに特化したサイトを作成しております。

ぜひ、お立ち寄りください!

UQモバイルマニア
「UQモバイルマニア」はこちら >

ワイモバイル大百科
「ワイモバイル大百科」はこちら >

これからも格安スマホ(格安SIM)を検討されている方に、メリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!