携帯会社で比較

UQモバイルとワイモバイルを比較(2021年2月新プラン対応)!ニーズ・両社の強み・細かい違いなど。

UQモバイルとワイモバイルを比較(2021年2月新プラン対応)!ニーズ・両社の強み・細かい違いなど。
現在、この記事は、UQモバイル:8月までのプランワイモバイル:7月までのプランでの、比較となります。
新プランでは、細かい部分で、変わっている箇所があります。
最新の比較については、後日アップさせていただきます。
Take
Take
こんにちは!スマ得のTakeです!

今回は、UQモバイルとワイモバイルを徹底比較しますよ。

UQモバイルとワイモバイルは、「大手キャリアのサブブランド」としてよく比較されます。

ぱっと見ると、両社とも同じような感じはしますが、実は結構違うのです。

Take
Take
ニーズによって、UQモバイルとワイモバイル、どちらが良いのか、変わってきますよ。

主に、「1人」で利用するのか、「家族」で利用するのかで変わります。

しかし、それ以外に、細かいところにも違いがあり、それを総合的に検討する必要があります。

この記事が、「UQモバイルとワイモバイル、どちらが良い?」を迷われている方に、「道しるべ」になれば幸いです。

この記事で分かる3つのポイント
  1. UQ・ワイモバケースごとの、実際の料金が分かる!詳細>
  2. UQ・ワイモバ両社の強みを理解!詳細>
  3. UQ・ワイモバの細かい違いにも着目して、検討材料に!詳細>

目次

UQモバイルとワイモバイル比較:ニーズごとにどちらがオススメかをご紹介!

UQ:1人利用・データ量節約できる。ワイモバ:家族利用・PayPayがオトク。UQ:1人利用・データ量節約できる。ワイモバ:家族利用・PayPayがオトク。

最初に、「ニーズ」によって、UQモバイル・ワイモバイル、どちらがオススメかを解説します。

一言で言うと、下のようになります。

  • UQモバイル1人で使う。データ量を節約して、オトクに使いたい
  • ワイモバイル家族で契約。PayPay経済圏で、オトクに暮らしたい

まずは「金額」で比較、そのあとにUQ・ワイモバの「強み」をご紹介します。

Take
Take
「金額」と「強み」から、UQ・ワイモバ、どちらのほうが良いか、見極めましょう!

 

利用人数で比較:UQモバイルは「1人」、ワイモバイルは「家族」で契約がオススメ。

UQ・ワイモバ比較:プランS(3GB)1人・2人・3人契約の金額UQ・ワイモバ比較:プランS(3GB)1人・2人・3人契約の金額

UQモバイルとワイモバイルで比較した場合、ざっくり言うと、

  • UQモバイル1人で契約する場合
  • ワイモバイル家族でまとめて契約する場合

がオススメとなります。

UQモバイルは、「1人でも1,480円」がキャッチコピーです。
「1人でも安い」ということが強みです。

それに対し、ワイモバイルは「家族割」の金額が高いです。
そのため「2人以上の場合、安くなる」ということが強みです。

Take
Take
それでは、1人/2人/3人契約ごとに、UQ・ワイモバの基本料金を比較していきましょう。

■プランS(3GB)

  UQモバイル ワイモバイル
プラン名 くりこしプランS シンプルS
1人 1,480円
(税込1,628円)
1,980円
(税込2,178円)
2人 2,960円
(税込3,256円)
2,880円
(税込3,168円)
3人 4,440円
(税込4,884円)
3,780円
(税込4,158円)

※3GB超過後は、UQ・ワイモバとも、300kbpsで使い放題。

 

■プランM(15GB)

  UQモバイル ワイモバイル
プラン名 くりこしプランM シンプルM
1人 2,480円
(税込2,728円)
2,980円
(税込3,278円)
2人 4,960円
(税込5,456円)
4,880円
(税込5,368円)
3人 7,440円
(税込8,184円)
6,780円
(税込7,458円)

※15GB超過後は、UQ・ワイモバとも、1Mbpsで使い放題。

 

■プランL(25GB)

  UQモバイル ワイモバイル
プラン名 くりこしプランL シンプルL
1人 3,480円
(税込3,828円)
3,780円
(税込4,158円)
2人 6,960円
(税込7,656円)
6,480円
(税込7,128円)
3人 10,440円
(税込11,484円)
9,180円
(税込10,098円)

※25GB超過後は、UQ・ワイモバとも、1Mbpsで使い放題。

 

Take
Take
オススメは、
「1人以上」で契約する場合は、UQモバイル
「家族まとめて」が前提なら、ワイモバイル
ですね。

目次に戻る
 

「学生・シニア」割引で比較:UQモバイル・ワイモバイルとも割引はある。「細かい違い」に注目。

【比較/学割】割引後の金額は、UQ・ワイモバほぼ同額。UQは対象範囲が広い。

UQ・ワイモバとも、2020-2021年版の「学割」は終了しています。

UQ・ワイモバとも、いわゆる「学割」があります。
ただし、内容は少し異なります。

UQモバイルのUQ学割のプラン別料金(くりこしプラン)UQモバイルのUQ学割のプラン別料金(くりこしプラン)
ワイモバイルのワイモバ学割のプラン別料金ワイモバイルのワイモバ学割のプラン別料金(シンプルプラン)

「金額」で見ると、UQモバイルワイモバイル、割引後の金額はほぼ同じになります。

しかし、「学割が適用できる範囲」UQモバイルのほうが大きいですね(下↓参照)。

  • UQモバイル旧プランからのプラン変更・機種変更も対象になることがある。
  • ワイモバイル:基本的に、新規加入のユーザーのみ対象

なお、「学割」については、UQ・ワイモバとも、結構「複雑」です。

下の記事で、じっくりご確認いただくことをオススメします。

UQモバイルは、2021年3月利用分から、くりこしプランM・Lの割引額を改定しました。

そのため、UQ・ワイモバとも、プランS・Mが「税込990円」から利用出来るようになっています。

 

【比較/シニア割】UQ・ワイモバとも、+770円(税込)で通話かけ放題に。

UQ・ワイモバとも、いわゆる「60歳以上向けのシニア割」があります。

「シニア割」とは、60歳以上の方は「24時間・国内通話無料」オプションが「割引」されるキャンペーンです。

2021年3月から、両社とも、キャンペーン内容は同じになりました。

UQ・ワイモバ比較:シニア割による「かけ放題」の実質金額の推移。UQ・ワイモバ比較:シニア割による「かけ放題」の実質金額の推移。

両社とも、「24時間・国内通話無料」オプションが、「1,100円割引(税込)」になります。

また、「利用する機種」の指定も無くなっています。

UQ・ワイモバ、それぞれの「シニア割」の詳細・申し込み方法は、下の記事にて。

目次に戻る
 

ここまでは、単純に「金額」だけで比較をしてきました。

しかし、UQモバイルとワイモバイルでは「大きな違い」があります。

次は、両社の「強み」を確認しましょう。

UQモバイルの強み:「データ量の節約」が出来る。3つの節約機能がスゴイ!

UQモバイルの強み:「データ量の節約」が出来る。3つの節約機能がスゴイ!

UQモバイルデータ量を節約して、オトクに使いたい」という方にピッタリです。

UQモバイルには、「データ量を節約」するための「3つの機能」があります。

それぞれ、かんたんに見ていきましょう。

【節約機能1】データ繰り越しが出来る!(ワイモバ不可)

 UQモバイルの「データ容量」の繰り越しイメージ図(プランS)UQモバイルのデータ繰り越しイメージ図(図はプランS)

UQモバイルは、データ容量について、当月使い切らなかった分を、翌月に繰り越すことが出来ます。

当月、データ量が余ったとしても、無駄にすることはありません。

ワイモバイルは、データ繰り越しの仕組みはありません。
当月余ったデータ容量は、当月で消滅してしまいます。

 

【節約機能2】「節約モード」が使いやすい!(ワイモバ不可)

節約モードON・OFFの切り替えが出来る!節約モード:アプリでON・OFFの切り替えも出来る!

UQモバイルでは、低速モードがあります。(「節約モード」と呼ばれるものです。)

通信速度は遅くなりますが、データ容量が消費されなくなります。
さらに、アプリで、高速・低速の切り替えがすぐに出来ます!

「高速・低速の切り替え」を使うと、データ量の節約に繋がりますね。

ワイモバイルは、高速・低速の切り替えの仕組みはありません。
自分でデータ容量を調節することは出来ません。

 

【節約機能3】低速時「バースト機能」がある。体感がより早く感じられる(ワイモバは無い)

UQモバイルは、「バースト機能」という機能があり、最初の数秒は、1Mbps(300kbps)を遥かに超えるスピードになります。
そのため、体感速度が、意外とアップします。

「バースト機能」による「体感速度アップ」が分かる動画を作りました。

↓ ↓

■ 300kbps編

(4分14秒の動画です。音が出ますのでご注意を。)

そのため、プランSでも、低速時に、YouTube・AbemaTVも、比較的、快適に見ることが出来ます。

目次に戻る
 

ワイモバイルの強み:「PayPay経済圏」で、恩恵がたくさん!

ワイモバイルの強み:「PayPay経済圏」で、恩恵がたくさん!

ワイモバイルは、PayPay経済圏で、オトクに暮らしたい」という方にピッタリです。

ワイモバイルは、「PayPay経済圏」の恩恵が大きいですね。

それぞれ、かんたんに見ていきます。

【恩恵1】PayPayの「ワクワクペイペイ」は、ポイント付与率が高いことも!

PayPayには「ワクワクペイペイ」という、ポイント還元率の高いキャンペーンがあります。

そして、この「ワクワクペイペイ」。
ワイモバイルユーザーは、ポイント付与率が、一般ユーザーよりもさらに高いことがあります!

PayPayのキャンペーン2020年11月画像
参考)PayPayキャンペーン:マクドナルド「モバイルオーダー」で、ワイモバユーザーは、20%還元!

PayPayは、ワイモバイルと同じ「ソフトバンクグループ」が提供しています。

そのため、ワイモバユーザーは、PayPayに関して、かなりの優遇がありますね。

 

【恩恵2】通常、有料である「Yahoo!プレミアム」が、無料で使える

「Yahoo!プレミアム」の月額料金が無料になる!「Yahoo!プレミアム」の月額料金が無料になる!

他にも、通常、税込508円かかる「Yahoo!プレミアム」が無料で使えます。

「Yahoo!プレミアム」は、Yahoo!ショッピングなどで、オトクに利用することが出来ますよ。

■「Yahoo!プレミアム」特典の例
Yahoo!ショッピング・LOHACOや、PayPayモールでお買い物をすると、3%のポイントを付与。
(※3%ポイントは、2021年2月10日時点。ポイント率は、時期により異なります。)

ワイモバイルユーザーが使える「Yahoo!プレミアム特典」については、下の記事を参照ください。

UQモバイルは、「Yahoo!プレミアム」と同様のサービス「auスマートパスプレミアム」というサービスがあります。
しかし、UQは普通に有料サービス」となっています。

目次に戻る
 

UQモバイルとワイモバイル比較:他の細かいところで、色々な違いがある!

ここまでは「金額」とUQ・ワイモバの「強み」を重点に解説しました。

しかし、UQモバイルとワイモバイルの違いはこれだけでありません!

Saki
Saki
何か、違いはあるの?
Take
Take
色々とあるよ。UQ・ワイモバどちらを選ぶかは、下の事も考慮してね!

  UQモバイル ワイモバイル
SIMロック解除 △一部のau端末以外は必要 ×必ず必要
キャリアメール △ある(200円のオプション) ◎ある(無料オプション)
テザリング ◎無料で使える ◎無料で使える
Wi-Fiスポット ◎無料で広範囲に使える(※別サービスにて) ◎無料で広範囲に使える(※ワイモバ端末のみ)
  UQモバイル ワイモバイル
データ容量シェア ×無い ◎あり(※データ通信のみ)
LINEの年齢認証 ×出来ない ◎出来る
海外での利用 ◎利用出来る(※データ通信は不可) ◎利用出来る(※条件あり)
キャリア決済 ◎あり(auかんたん決済) ◎あり(ワイモバイルまとめて支払い)
  UQモバイル ワイモバイル
サポート △UQスポットが全国180店以上 ◎ワイモバイルショップが全国1,000店以上
キャンペーン ◎端末割引・キャッシュバック ◎端末割引・PayPay進呈
  UQモバイル ワイモバイル

【比較/SIMロック解除】UQは一部のau端末以外は必要。ワイモバは必ず必要。

SIMロック解除は、UQは一部のau端末以外は必要。ワイモバは必ず必要。

UQモバイルは、auと同じ「au回線」を利用しています。
そのため、一部のau端末は「SIMロック解除」が不要です。

iPhoneなら、「iPhone 8」以降はSIMロック解除不要となっています。

Saki
Saki
UQは、一部のau端末で「SIMロック解除」が要らないのは、ポイントが大きいわね。
Take
Take
そうだね!ただし、同じau回線だけど、SIMロック解除が必要な機種もあります。ご注意を!

それに対し、ワイモバイルは、全ての機種で「SIMロック解除」が必要となります。

実は、ワイモバイルは、厳密に言うと、ソフトバンク回線以外に、前身のイーモバイル回線も含まれた「独自回線」なんです。
そのため、そのまま利用することが出来ません。

Saki
Saki
ワイモバは、ソフトバンク端末も「SIMロック解除」が必要なのね。
Take
Take
そうなんですよ。 全ての機種で「SIMロック解除」が必要ですね~。

その他の比較一覧に戻る
 

【比較/キャリアメール】UQ・ワイモバともあり。ただし、UQは有料。

キャリアメールは、UQ・ワイモバともあり。ただし、UQは有料。

キャリアメールは、「~@docomo.ne.jp」のような、ケータイ時代のメールです。

今や、GmailなどのWEBのメールが主流ではありますが、キャリアメールを利用する機会もあると思います。

UQモバイルワイモバイルとも、「キャリアメール」があります。

ただし、UQモバイルは、オプション(税込220円)となっています。

大手キャリア3社(ドコモ・au・ソフトバンク)以外で、キャリアメールがあるのは、「UQモバイル」「ワイモバイル」のみです。

その他の比較一覧に戻る
 

【比較/テザリング】UQ・ワイモバとも無料で使える

テザリングは、UQ・ワイモバとも無料で使える

テザリングは、UQモバイル・ワイモバイルとも、無料で使えます。

Saki
Saki
大手キャリアだと、別料金500円かかる会社もあるよね。
Take
Take
無料で使えるのはウレシイね!

また、テザリングは「低速モード(最大1Mbps)」でも利用することが出来ます。

UQモバイルなら、高速・低速の切り替えも出来ます。
「低速モード」なら、いくら使っても「ギガ」が消費されませんよ。

その他の比較一覧に戻る
 

【比較/Wi-Fiスポット】UQ・ワイモバとも無料で使える!

Wi-Fiスポットは、UQ・ワイモバとも無料で使える!

Wi-Fiスポットは、UQモバイル・ワイモバイルとも、無料で使えます。(それぞれ別のサービスです。)

UQモバイルは、auの別のサービス「auWi-Fiアクセス」にて、auWi-Fiスポットが使えます。(一部スポットは対象外。)

ワイモバイルは、無料オプションにて、ソフトバンクWi-Fiスポットが使えます。

両社とも、利用できるエリアは、広範囲です!

両社の「Wi-Fiスポット」について、詳しく知りたい方は、下の記事を参考にしてください。

その他の比較一覧に戻る
 

【比較/データ容量のシェア】ワイモバは可能(基本料金は必要)。UQは特にナシ。

データ容量のシェアは、ワイモバでは可能。プランSは逆に損する

ワイモバイルでは、「シンプルプラン」のデータ容量を、タブレットなどの別の端末に、分け合うことが出来ます。

「子回線専用プラン(シェアプラン)」というプランです。
最大3枚の別のSIMカードとデータ容量をシェア出来ますよ。

それに対し、UQモバイルでは、このようなシェアプランはありません。

ただし、ワイモバイルのシェアプランは、別途、基本料金がかかります(税込539円~1,078円)」


その他の比較一覧に戻る
 

【比較/LINEの年齢認証】UQは出来ない。ワイモバは出来る。

LINEの年齢認証は、UQは出来ない。ワイモバは出来る。

UQモバイルでは、LINEの年齢認証は出来ません。
年齢認証が出来ないため、LINEの「ID検索」は利用出来なくなります。

それに対し、ワイモバイルは、LINEの年齢認証が出来ます。
そのため、LINEの「ID検索」も利用出来ます。

格安SIM会社で、 LINEの年齢認証が出来るのは、ワイモバイルとLINEモバイルのみです。

その他の比較一覧に戻る
 

【比較/海外での利用】UQ・ワイモバとも可能。ただし、条件あり

海外での利用は、UQ・ワイモバとも可能。ただし、条件あり

海外での利用は、UQモバイル・ワイモバイルとも、可能です。

ただし、条件があります。

  • UQモバイルは、データ通信は利用できません(音声通話のみ)。
  • ワイモバイルは、契約方法によっては、海外の利用自体が出来ないことも。
    (新規契約(MNPではない)で、SIMのみ購入している場合は、不可)詳しくは>
ただし、海外での利用は、通話・データ通信ともかなり割高になります。
通話ではなく、Skype同士での会話にしたり、海外用レンタルWi-Fi(例:イモトのWi-Fi)を使ったりするほうがかなり安くなります。

その他の比較一覧に戻る
 

【比較/キャリア決済】UQ・ワイモバとも有り。

 キャリア決済:UQ「auかんたん決済」、ワイモバ「ワイモバイルまとめて支払い」

キャリア決済は、UQモバイル・ワイモバイルとも、あります。

UQモバイル ワイモバイル
auかんたん決済 ワイモバイルまとめて支払い

キャリア決済は、App Storeや、Google Playの支払いに利用出来ます。

他に、ショッピングサイトでも利用出来ますよ。(利用できるサイトは、それぞれ違います)

その他の比較一覧に戻る
 

【比較/リアル店舗数】ワイモバの方が多い!UQも増加中!

リアル店舗は、UQスポット、ワイモバイルショップとも増加中

何かあった時に店舗で聞ける携帯ショップは、大手キャリアに比べると、少ないです。
しかし、格安SIM会社の中では両社かなり多くの店舗があります。

UQモバイル ワイモバイル
「UQスポット」が全国に180店以上
(※機種変更以外に、修理受付・契約内容変更も出来る)
「ワイモバイルショップ」が全国に約1,000店
「UQモバイル取扱店」が全国に2,700店以上
(※機種変更に対応している店舗も多い)
「ソフトバンクショップ(ワイモバイルも取扱)」が全国に1,500店以上
(※機種変更や、契約内容変更・修理受付・料金の支払いに対応しているお店も多い)

※出典)MCA「キャリアショップの展開状況と店舗一覧2019春」

Take
Take
ワイモバイルショップは、ソフトバンクショップに併設されることが多くなっていますね。

「UQスポット」は数多くありませんが、「UQモバイル取扱店」なら、機種変更に対応しているお店が多いですね。
(取扱店は、修理受付・契約内容変更は対応外。)

ちなみに、大手キャリア3社平均の「携帯ショップ」は、約2,400店です。

その他の比較一覧に戻る
 

【比較/キャンペーン】UQ・ワイモバ両社とも、端末割引などの特典がある

UQ・ワイモバ両社とも、キャンペーンがある

UQ・ワイモバ両社とも、端末割引や、キャッシュバック・PayPay進呈などのキャンペーンがあります!

UQモバイル ワイモバイル
端末割引・キャッシュバック 端末割引・PayPay進呈

※2021年2月10日時点
※「公式オンラインストア」の特典です。ケースにより該当しない場合もあります。

こちらはオンライン申し込み限定です。家電量販店や携帯ショップではこのキャンペーンは適用されません!

その他の比較一覧に戻る
 

UQモバイル・ワイモバイル、両社の情報は「専門サイト」で、わかりやすく・詳しく解説しています!

この記事では、UQモバイル・ワイモバイルを、様々な視点から徹底比較をしました。

2020年5月に、第4のキャリアとしての「楽天モバイル」も誕生したことにより、さらに競争が激しくなっています。

そこで、UQモバイル・ワイモバイルにプラス「楽天モバイル」も加えた比較記事も作ってみました。
お時間のある時に、ご覧くださいませ。

UQモバイルとワイモバイル、楽天モバイルを徹底比較!ケースごとにオススメ会社をご紹介。
UQモバイルとワイモバイル、楽天モバイルを徹底比較(2021年2~4月新プラン対応)!ケースごとにオススメ会社をご紹介UQモバイル・ワイモバイル・楽天モバイルを徹底比較。低速モードの1Mbpsでの使用感を動画にしました。他に、エリア・通話ありなしごとに、オススメ携帯会社をご紹介。細かい違いにも着目して、3社どれが良いのかを検討してくださいね♪...

また、「スマ得」では、「UQモバイル」と「ワイモバイル」それぞれに特化したサイトを作成しております。

ぜひ、お立ち寄りください!

UQモバイルマニア
「UQモバイルマニア」はこちら >

ワイモバイル大百科
「ワイモバイル大百科」はこちら >

これからも格安スマホ(格安SIM)を検討されている方に、メリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

ABOUT ME
Take
スマ得では、格安スマホ・格安SIMに乗り換えて携帯代を節約するためのリアルな情報を発信しています。スマホで得したい!スマホに無駄なお金は使いたくない!というあなたはぜひ!ご覧くださいね♪