UQモバイルとは

UQモバイルが12GB・1,540円で利用可能になる裏ワザ!MとS交互でよりオトクに!

UQモバイルが12GB・1,540円で利用可能になる裏ワザ!MとS交互でよりオトクに!
Take
Take
こんにちは!UQモバイルマニアのTakeです!

今日は、UQモバイルが「12GB・1,540円」で利用可能になる裏ワザを解説しますよ。

UQを含む「サブブランド」や、povoを含む「オンライン専門プラン」の場合、3GBの次は、20GB(もしくは15GB)のプランになります。

とある男性
とある男性
3GBと15GB(20GB)の「中間のプラン」が欲しい!
とある女性
とある女性
「10GBで、少し安いプラン」が欲しい!

実は、UQモバイルなら、ちょっとした手間で実現することが分かりました!

今回は「12GB・1,540円」で利用可能になる裏ワザ(?)を、具体的にご紹介します。

この記事で分かる3つのポイント
  1. UQモバイルで「12GB・1,540円」が出来る方法を理解!詳細>
  2. 具体的な作業方法が分かる!詳細>
  3. プラン変更の作業手順をサクッとご紹介!詳細>
最新記事情報

気になる「12GBプラン!?」「UQ応援割」「自宅セット割」を、画像付きで、ていねい解説!

  1. 12GB・1,540円!?:「裏ワザ」の詳細と、注意点>
  2. UQ応援割:プラン変更でも対象に!>
  3. 自宅セット割:でんきコース> インターネットコース>

\ ↓auPAY増額キャンペーン中↓ /
最大12,000円還元端末割引も♪



\ キャンペーン詳細や申込方法は /
こちらを確認!

UQモバイルなら「12GB・1,540円」の「S・M中間プラン」が可能!(1年目)

最初の1年間は、「12GBで、1,540円」の中間プランが可能!

最初の1年間は、「12GBで、1,540円」の中間プランが可能!最初の1年間は、「12GBで、1,540円」の中間プランが可能!

まず、裏ワザを使うことによって、できることをご紹介します。

UQモバイルを契約して、最初の1年間は、「12GB・1,540円」で使うことが可能です!

方法は、毎月「くりこしプラン+5G」の「MとS」を交互にプラン変更すること。

毎月の料金は、上下しますが、1年間を平均すると「12GB・1,540円」で使うことが出来ます。

Saki
Saki
実質的な「10GBで、ほどよい金額のプラン」が出来上がるのね。

具体的な方法は、後ほどご紹介します。

 

Saki
Saki
ていうか、これって「裏ワザ」というほどでもないのでは・・・?
Take
Take
・・・まあ、そうですけど。
でも、これって今までのプランでは出来なかったんですよ。

後でも触れますが、この「裏ワザ」は、最新のプラン「くりこしプラン+5G」(5G対応プラン)で、初めて利用することができます。

 

2年目以降は、「9GBで、1,540円」の中間プランが可能。

2年目以降は、「9GBで、1,540円」の中間プランが可能。2年目以降は、「9GBで、1,540円」の中間プランが可能。

2年目以降は、「増量オプションⅡ・1年間無料キャンペーン」の期間が終了します。

そのため、1ヶ月に利用できるデータ容量は、少なくなります。

具体的には、2年目以降は、「9GB・1,540円」で使うことが可能です!

 

Take
Take
次は、具体的な「12GB・1,540円で利用する方法」のご紹介です。

UQモバイルは、「MとS」を交互にプラン変更すると、「S・M中間プラン」が可能に。

プランを「MとS」交互に変更すると、12GB・1,540円で利用することが出来る(1年目)。

それでは、ここから、具体的な「12GB・1,540円で利用する方法」をご紹介します。

下の図表(↓)をご覧ください。

「MとS」交互に変更で、毎月12GB利用可能。具体的な方法。「MとS」交互に変更で、毎月12GB利用可能。具体的な方法。

上の図表は、「裏ワザ」が出来る理由も書いているため、少しごちゃごちゃしていますが、ひとまず、以下の2つだけ抑えればOKです。

  1. 毎月「MとS」を交互に利用する
  2. 毎月12GBを利用する(1年目)
Saki
Saki
上2つを抑えればいいのね。

次に、「裏ワザ」の内容を解説していきます。

まず、「自宅セット割」が適用されると、

  1. くりこしプランM+5G:2,090
  2. くりこしプランS+5G:990

で利用することが出来ます。

そして、1年目は「増量オプションⅡ」が無料で使えるため、実質、データ容量は「増量」されています。

増量後のデータ容量は、以下のとおりです。

  1. くりこしプランM+5G:20GB(増量後)
  2. くりこしプランS+5G:5GB(増量後)

以上の条件でシミュレーションしてみました。

「MとS」交互に変更で、毎月12GB利用可能。具体的な方法。「MとS」交互に変更で、毎月12GB利用可能。具体的な方法。

シミュレーションをしたところ、

毎月「12GB」を利用した場合に、「データの翌月繰越」を、最も上手に使うことが出来る

以上のことが、分かりました!

Take
Take
これが、最強の「コスパの良い使い方」になりますね!
最初の1年間は、「12GBで、1,540円」の中間プランが可能!

そして、この「裏ワザ」を使って、UQモバイルを利用すると、1年平均で「12GB・1,540円」にて利用することが出来ます!(※自宅セット割を適用時)

(自宅セット割を適用しない場合でも、「12GB・2,178円」で利用可能)

 

ポイントは、翌月繰越できるデータ量が「前月の基本データ量を上限」に改善されたこと。

翌月繰越できるデータ量が「前月の基本データ量を上限」に改善!翌月繰越できるデータ量が「前月の基本データ量を上限」に改善!

ここで紹介している「裏ワザ」は、「ある理由」によって、可能になりました。

その理由は、最新のプランで、「翌月繰越できるデータ量」に「改善」があったこと。

具体的には、「くりこし上限は、前月の残データ容量分まで」に改善されたことです。

Saki
Saki
ん~。ややこしい・・・。
Take
Take
ひとまず「使いやすくなった」と、理解すればOKですね。
「裏ワザが使えない」今までのプランと比較すると、詳しく理解出来るかもしれません。詳しく>

 

2年目以降は、同じ施策を行うことで、9GB・1,540円で利用することが出来る

「MとS」交互に変更で、毎月9GB利用可能。具体的な方法。「MとS」交互に変更で、毎月9GB利用可能。具体的な方法。

2年目以降は、「増量オプションⅡ・1年間無料キャンペーン」の期間が終了します。

そのため、2年目以降は、

毎月「9GB」を利用した場合に、「データの翌月繰越」を、最も上手に使うことが出来る

シミュレーションの結果、判明しました!

Take
Take
2年目以降は、これが、最強の「コスパの良い使い方」になりますね!
2年目以降は、「9GBで、1,540円」の中間プランが可能。

そして、この「裏ワザ」を使って、UQモバイルを利用すると、1年平均で「9GB・1,540円」にて利用することが出来ます!(※自宅セット割を適用時)

(自宅セット割を適用しない場合でも、「9GB・2,178円」で利用可能)

「増量オプションⅡ」は解除しています。

実際には、2年目の1ヶ月目も「くりこし」分に、いくらかのデータ容量が繰り越されています。
今回は、計算がややこしくなるため、くりこし分は考慮せずに、シミュレーションしています。

 

2年目以降は「増量オプションⅡ継続&M・S交互」は、あまりおトクではない。

2年目以降は、「増量オプションⅡ」が有料(550円/月)になります。

そのため、2年目以降「増量オプションⅡ」を継続したほうが良いのか、辞めたほうが良いのか、迷われるかもしれません。

結論としては、2年目以降は「増量オプションⅡ」は辞めたほうが良いでしょう。

2年目以降は「増量オプションⅡ継続&M・S交互」は、あまりおトクではない。2年目以降は「増量オプションⅡ継続&M・S交互」は、あまりおトクではない。

下(↓)の表をご覧ください。

プランM
(15GB)
増量Ⅱ継続+M・S交互
(12GB)
2,090円 2,090円(1年平均)

※金額は、「自宅セット割」適用時。

1年目と同じく「1ヶ月に12GB使う」場合、2年目以降は、「増量オプションⅡ継続(有料・550円/月)」をした上で「M・S交互にプラン変更」となります。(※①とする)

そして、①の「増量オプションⅡ継続&M・S交互(12GB)」は、通常の「プランM(15GB)」と同じ金額になってしまうのです・・・。

Saki
Saki
わざわざ毎月「プラン変更」しているのに、逆に損しているのね・・・。

 

「増量なし&M・S交互(9GB)」は「プランS+増量(5GB)」と同額。

 「増量なし&M・S交互(9GB)」は「プランS+増量(5GB)」と同額。「増量なし&M・S交互(9GB)」は「プランS+増量(5GB)」と同額。

また、2年目以降の方法でご紹介した、「増量なし&M・S交互(9GB)」は「プランS+増量(5GB)」と同額です。

増量Ⅱ解除+M・S交互
(9GB)
プランS+増量
(5GB)
1,540円(1年平均) 1,540円

※金額は、「自宅セット割」適用時。

よって、2年目以降は「増量オプションⅡ」を辞めて、「上限9GB」にした上で、金額を1年目と同じ金額(1,540円)で継続させたほうがオトクになります。

Saki
Saki
「増量なし&M・S交互」だと、4GBトクするのね!
(※「プランS+増量」と比較して)
Take
Take
毎月の作業は必要だけど、「毎月4GB多く使える」のはおトクですね。

データ使用量の平均値は、2021年8月時点で、「8.72GB」という調査結果があります。
出典元)スマホのデータ通信量は平均8.72GB MM総研の調査

9GBもあれば、十分に使えるのではないでしょうか。

 

UQモバイルの「プラン変更」作業は、1分ほどで完了する。

UQモバイルの「プラン変更」作業は、1分ほどで完了UQモバイルの「プラン変更」作業は、1分ほどで完了

それでは、ここで気になる「プラン変更」の作業方法を見ていきましょう。

Saki
Saki
「毎月のプラン変更」作業が大変だと、イヤよ!
Take
Take
慣れてくると「1分程度」で完了しますよ。

具体的な作業方法を、カンタンですが、ご紹介します。

まずは、作業方法をご紹介するまえに、実際作業をする際の「注意点」を確認しておきましょう。

 

注意点1:1年目は、増量オプションⅡのチェックを外さずに変更する。

1年目は、増量オプションⅡのチェックを外さずに変更する1年目は、増量オプションⅡのチェックを外さずに変更する

注意点1つめは、1年目は「増量オプションⅡ」オプションに加入し続けることです。

プラン変更ごとに「増量オプションⅡ」オプションの「あり・なし」を選択することになります。

その際、必ず「オプションあり」を選択しましょう。

また、今後画面が変更される可能性もあります。

心構えとして、「増量オプションⅡのチェックを外さずに変更」することを心に留めておきましょう。

1回「増量オプションⅡ」を解除すると、「1年間無料キャンペーン」は1年未満でも終了してしまいます。

再度「増量オプションⅡ」に加入しても、キャンペーン対象外となってしまいます。
(料金が発生してしまいます。)

なので、「増量オプションⅡのチェックを外さずに変更」が重要になってきます。

 

注意点2:毎月「25日」付近で「プラン変更作業」することを忘れない。

毎月「25日」付近で「プラン変更作業」を忘れないように行う毎月「25日」付近で「プラン変更作業」を忘れないように行う

注意点2つめは、プラン変更は、「自分で、月1回」忘れずに行う必要があることです。

Take
Take
プラン変更を忘れてしまうと、翌月、余分なデータ量」が出来たり「データ量が足りない」状態にもなりますね・・・。

そのため、「月1で、プラン変更」を行うことをルーティンにしましょう。

なお、月末2日間に手続きした場合、プラン変更が「翌々月からの適用」になる可能性があります。

そのため、「25日」前後に「プラン変更」することを忘れないようにしましょう。

Take
Take
カレンダーにあらかじめ書いておくと良いですね!

 

プラン変更の作業方法を、カンタンに確認!

Take
Take
注意点も確認したので、具体的な作業方法を見ていきましょう!

myUQmobile」から、「スマートフォン・携帯電話」→「ご契約内容/手続き」→「ご契約情報」に進みましょう。

毎月「25日」付近で「プラン変更作業」を忘れないように行う

料金プランの「変更」をタップ。

 

UQモバイルプラン変更の手順02

「料金プラン」と「通話オプション」を選択。

 

UQモバイルプラン変更の手順03

1年目の方は、引き続き「増量オプションⅡ」を続けます。

「オプションあり」を選択します。

 

UQモバイルプラン変更の手順04

変更内容を確認したあと、「プラン変更を申し込む」をタップすると、完了です。

Take
Take
慣れれば、1分ほどで完了しますよ!

少し手間ですが、UQモバイルでは、結構ニーズが高い「10GB付近で、ほどよい金額のプラン」が可能です。

ぜひ、コスパ最高の「UQモバイル」を体験してください!

UQモバイルに乗り換え完全ガイド
UQモバイルに乗り換え完全ガイド!分かりやすくを徹底 >

 

「MとS交互」でオトクになるのは、5G対応プラン(くりこしプラン+5G)のみ。

 4Gプランの場合、「M・S交互」が出来るのは、毎月6GBまで。4Gプランの場合、「M・S交互」が出来るのは、毎月6GBまで。

何回か触れていますが、ここで紹介している「裏ワザ」は、今までのプランでは不可能でした。

今までのプランの場合、「くりこし上限は、翌月の基本データ量まででした。

そのため、プランを「MからS」に変更した場合、翌月繰越できるデータ量は、少なくなっていました。

Take
Take
そのため、今も「M・S交互がおトク」であることを知らない人も、かなりいるみたい・・・。
Saki
Saki
よく気づいたわね~。
Take
Take
僕も、実際に、最新プランで「プラン変更」したときに、初めて気づいたんです・・・。
Take
Take
あれ!?MからSに変更したのに、データ量が思っているほど下がっていない!って。

ちなみに、今までのプランはこんな名前のプランです。

くりこしプラン(4Gプラン)、スマホプランなど・・・

 

ワイモバイルは、「MとS交互でおトク」は、出来ない。

 ワイモバイルは、データ繰越は、翌月プランのデータ容量まで。ワイモバイルは、データ繰越は、翌月プランのデータ容量まで。

UQモバイルのライバルと言えば「ワイモバイル」ですね。

ワイモバイルも、UQモバイルに対抗(?)して、2021年8月から「データ量の翌月繰越」に対応しました。

ただし、ワイモバイルの翌月繰越は、2022年6月(予定)から、「翌月加入のプランのデータ容量までとなるそうです。

Take
Take
カンタンに言うと、UQの「くりこしプラン(4Gプラン)」と一緒になる、ということですね。

UQモバイルのほうが、オトクに使えることになりますね。

ワイモバイルも、UQ対抗で「変えてくる可能性」もあります。

 

まとめ

「UQモバイルが12GB・1,540円で利用可能になる裏ワザ!MとS交互でよりオトクに!」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. UQモバイルなら「12GB・1,540円」の「S・M中間プラン」が可能!(1年目)
  2. 「MとS」を交互にプラン変更すると、さらにオトクになる!
  3. 「MとS交互」でオトクになるのは、5G対応プランのみ。

と、なります。

これからもUQモバイルを検討されている方に、UQモバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

UQモバイルまとめ!
UQモバイル超まとめ!サクッと全体が分かります! >

UQモバイル メリット・デメリットメリット・デメリット!3年間使ったからこそ分かる良い・悪い >

UQモバイルに乗り換え完全ガイド
UQモバイルに乗り換え完全ガイド!分かりやすくを徹底 >

ABOUT ME
Take
2017年にUQモバイルに乗り換え、年間約10万円の節約に成功した夫婦が、メリット・デメリット、キャンペーンや乗り換え方法などを徹底解説!スマホで損しない賢い方法を発信します!
おトクにUQモバイル!キャンペーンを利用しよう♪

UQモバイルキャンペーン iPhoneなど大幅割引・キャッシュバック

「UQモバイルマニア」からUQモバイルにて申し込みをしていただくと、最大15,000円キャッシュバックがあります!
さらに、iPhoneなどで大幅割引キャンペーン実施中!

同じ「UQモバイル」に申し込みをするなら、キャンペーンに参加して、キャッシュバックなどの特典を利用しましょう!

キャンペーン内容

こんな記事もおすすめ♪