携帯会社で比較

UQモバイルとワイモバイル、楽天モバイルを徹底比較!ケースごとにオススメ会社をご紹介。

UQモバイルとワイモバイル、楽天モバイルを徹底比較!ケースごとにオススメ会社をご紹介。
Take
Take
こんにちは!スマ得のTakeです!

今回は、UQモバイルとワイモバイル、楽天モバイルを徹底比較しますよ。

2020年5月に、第4のキャリアとしての「楽天モバイル」が誕生しました。
そして、今は、楽天モバイルと、UQモバイル・ワイモバイルが、よく「比較対象」として挙げられるようになりました。

Saki
Saki
結局は、3社とも「同じような感じ」がするけど・・・。
Take
Take
いいえ、実は結構違うんですよ。

実は、ケースにより、UQモバイル・ワイモバイル・楽天モバイル、どれがオススメかが変わってきます。

しかし、それ以外にも、細かいところにも違いがあり、それを総合的に検討する必要があります。

この記事が、「UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイル、どれが良い?」と迷われている方への、「道しるべ」になれば幸いです。

この記事で分かる3つのポイント
  1. 1Mbpsの低速化・通信制限になった時、3社の速度を動画で確認詳細>
  2. エリア・通話ありなし色々なケースで「オススメ会社」が分かる!詳細>
  3. UQ・ワイモバ・楽天モバの細かい違いにも着目して、検討材料に!詳細>

目次

UQ・ワイモバ・楽天モバを比較:1Mbpsの低速化・通信制限になった時、3社の速度はどうなる?【動画で確認】

一番最初は、1Mbpsの低速化・通信制限」になったとき、UQモバイル・ワイモバイル・楽天モバイル、それぞれ、「実際どれくらいの早さなのか」を比較していきます。

3社とも「1Mbpsの低速化・通信制限」になったので、同時に測定してみました。

動画にしていますので、ぜひ、チェックしてくださいね。

 ↓ ↓

(2分41秒の動画です。音が出ますのでご注意を。)

 

動画を見ていただくと、あることが分かります。

実は、UQモバイルと楽天モバイルは、最初の数秒だけ、通信速度が早いのです。

Take
Take
この機能を「バースト機能」と呼ばれます。

特に、UQモバイルは「バースト機能」の強さが大きく、上の動画では、最高8Mbpsほどを記録していました。
(※楽天モバイルは、最高3Mbpsほど)

「バースト機能」によって、同じ「1Mbps」の低速化・通信制限でも、実際の体感速度は変わるようですね。

Take
Take
まあ、「低速化」になる機会は、それほど多くないけどね~。
Saki
Saki
「低速化」した時、3社で比べると「多少の違いはあった」くらいの認識で良いよね。

「1Mbpsの低速化・通信制限」3社の状態は、以下のとおりです。

  • UQモバイル:プランRの「節約モード」利用中。
  • ワイモバイル:プランMで「通信速度制限中」の状態。
  • 楽天モバイル:パートナー回線エリアで「データ高速モードをOFF」した状態。

 

UQ・ワイモバ・楽天モバイル、それぞれの「料金プラン」ざっくり比較。

UQモバイル・ワイモバイル・楽天モバイル、それぞれの「料金プラン」を比較します。

なお、各社とも、様々な「料金プラン」がありますが、ここでは、「3社の比較でよく挙げられるプラン」に絞って、比較します。

Take
Take
ざっくり比較すると、下(↓)の感じになりますね。
UQモバイル ワイモバイル 楽天モバイル
全国どこでも「10GB+超過後最大1Mbps」 全国どこでも「10GB+超過後最大1Mbps」 大都市は「無制限」
他の地域は「5GB+超過後最大1Mbps」
対応している端末多い! 対応している端末多い! 対応している端末少ない。
Saki
Saki
上(↑)の表をみる限り、場所や、利用する端末によって、「ベストの携帯会社」が変わってきそうね。
Take
Take
そうなんだ。だから、後で、「ケースごとの、オススメ携帯会社」をご紹介しますね!

まずは、3社の「料金プラン内容」を「表」にまとめています。
見ていきましょう。

  UQモバイル ワイモバイル 楽天モバイル
プラン名 スマホプランR スマホベーシックプランM UN-LIMIT
基本料金 2,980円 3,680円 2,980円
データ容量 10GB 10GB 無制限or5GB
超過後速度 最大1Mbps 最大1Mbps 最大1Mbps
通話(国内通話) 20円/30秒
※無料通話オプションあり(有料)
1回10分かけ放題 24時間かけ放題
※専用アプリ利用で。
iPhone対応 全iPhone対応OK 全iPhone対応OK 一部iPhoneのみ
(かつ動作保証対象外)
Take
Take
ひとまず、重要なところを表にまとめました。

なお、3社の料金プランの詳細は、以下の記事で確認できますよ。
お時間のある時に、ご覧くださいませ。

Saki
Saki
じゃ、次は、「ケースごとの、オススメできる携帯会社」の紹介ね!

 

UQ・ワイモバ・楽天モバを比較:どの会社がオススメ?エリア・通話ありなし、それぞれで調べてみた!

UQ・ワイモバ・楽天モバを比較する表のイメージ図↑こんな感じで、まとめています♪↑

それでは、次に「ケースごと」に3社を比較しました。

その上で「それぞれのケースにおいて、オススメできる携帯会社」もご紹介します。

具体的には

  1. 楽天モバイルは、自社回線エリア?エリア外?
  2. 音声通話は、使う?ほぼ使わない?

によって、変わってきますので、それぞれのパターンで比較を行いました。

まず、今お住まいの地域が、楽天モバイル「自社回線エリア」なのか、「エリア外」なのかによって、変わってきます。


それぞれのパターンで比較していきましょう。

楽天モバイル「自社回線エリア以外」
楽天モバイル「自社回線エリア」

楽天モバイルが自社回線以外の場合:通話ありなし、それぞれで比較!

楽天モバイルが「パートナー回線エリア(自社回線以外)」の場合、以下の結果になりました。

下の表(↓)を見比べてくださいね。
そのあと、簡単ですがコメントも書いています。

音声通話は「ほぼしない」場合、で比較。

楽天モバイル自社回線以外・電話はほぼしない人、のUQ・ワイモバ・楽天モバイル比較楽天モバイル自社回線以外・電話はほぼしない人、のUQ・ワイモバ・楽天モバイル比較

音声通話は、ほぼしない人は、UQモバイルがオススメです。

データ容量は「10GB」と、同金額の楽天モバイルと比べて「2倍」です。

また、楽天モバイルでは、iPhoneは一部のiPhoneしか利用することが出来ません。
(※iPhone XR/XS/11/SE(第2世代)/12のみ。また、動作保証対象外で、一部機能は使えません。)

また、Androidも、対応している機種が少ないです。

それに対し、UQモバイルなら、iPhoneも、全機種対応で、動作保証もされています。
また、Androidも、対応している機種はかなり多いです。

なお、通話料は、楽天モバイルの場合は「24時間かけ放題」になりますが、音声通話をほとんど使わない人はオーバースペックになります。

 

1回10分かけ放題」が欲しい場合、で比較。

楽天モバイル自社回線以外・1回10分かけ放題、のUQ・ワイモバ・楽天モバイル比較楽天モバイル自社回線以外・1回10分かけ放題、のUQ・ワイモバ・楽天モバイル比較

10分かけ放題が欲しい方は、2つのパターンが考えられます。

  1. 【1】データ容量or安心を重視→ワイモバイルがオススメ
  2. 【2】対応端末があるかつ、金額を重視→楽天モバイルがオススメ

それぞれ、見ていきましょう。

【1:データ容量or安心を重視】

データ容量を重視する場合は、ワイモバイルがオススメです。

データ容量は「10GB」。楽天モバイルとの差は2倍です。

また、iPhoneも、全機種対応で、動作保証もされています。
「安心」も考慮すると、ワイモバイルの優位性は高いと思います。

 

【2:対応端末があるかつ、金額を重視】

楽天モバイルに対応している端末をお持ちの場合で、金額を重視したい場合は、楽天モバイルがオススメですね。

楽天モバイルが、2,980円と最安値になっています。

ただし、上でも書きましたが、対応する端末が少ないことには注意が必要です。

▲楽天回線エリア内・外を選びなおす

なお「UQ・ワイモバ・楽天モバイルの違い」は、これだけではありません。

さらに、3社の比較をしたい場合は、「さらに比較!細かいところでは色々と違いがある!▼」に進んでくださいね。

3社ぞれぞれ詳しく解説!

「スマ得」では、UQモバイル・ワイモバイル・楽天モバイル、それぞれに特化した「専門サイト」を作っています。
ぜひ、お立ち寄りください!
UQ・ワイモバ・楽天モバイル、3社を詳しく解説!▼▼

 

楽天モバイルが自社回線の場合:通話ありなし、それぞれで比較!

楽天モバイルが「自社回線エリア」の場合、以下の結果になりました。

下の表(↓)を見比べてくださいね。
そのあと、簡単ですがコメントも書いています。

音声通話は「ほぼしない」場合、で比較。

iPhone利用&楽天モバイル自社回線・電話はほぼしない人、のUQ・ワイモバ・楽天モバイル比較楽天モバイル自社回線・電話はほぼしない人、のUQ・ワイモバ・楽天モバイル比較

どこを重視するかによって、2つのパターンが考えられます。

  1. 【1】安心を重視→UQモバイルがオススメ
  2. 【2】対応端末があるかつ、データ容量を重視→楽天モバイルがオススメ

それぞれ、見ていきましょう。

【1:安心を重視】

「安心」を重視する場合は、UQモバイルがオススメです。

iPhoneも、全機種対応で、動作保証もされています。
また、Androidも、対応している機種はかなり多いですよ。

データ容量も「10GB」あり、超過後も「最大1Mbps」の速度があるので、十分に使えるスペックですね。

なお、通話料は、楽天モバイルの場合は「24時間かけ放題」になりますが、音声通話をほとんど使わない人はオーバースペックになります。

 

【2:対応端末があるかつ、データ容量を重視】

楽天モバイルに対応している端末をお持ちの場合は、楽天モバイルがオススメです。
(※対応している端末:iPhoneの場合は「iPhone XR/XS/11/SE(第2世代)/12」のみ。)

データ容量は、なんと「無制限」!かなりの優位になりますね。

ただし、上でも書きましたが、対応する端末が少ないことには注意が必要です。

 

1回10分かけ放題が欲しい」場合、で比較。

 楽天モバイル自社回線・1回10分かけ放題、のUQ・ワイモバ・楽天モバイル比較楽天モバイル自社回線・1回10分かけ放題、のUQ・ワイモバ・楽天モバイル比較

10分かけ放題が欲しい方も、2つのパターンが考えられます。

  1. 【1】安心を重視→ワイモバイルがオススメ
  2. 【2】対応端末があるかつ、金額を重視→楽天モバイルがオススメ

それぞれ、見ていきましょう。

【1:安心を重視】

「安心」を重視する場合は、ワイモバイルがオススメです。

iPhoneも、全機種対応で、動作保証もされています。
また、Androidも、対応している機種はかなり多いですよ。

データ容量も「10GB」あり、超過後も「最大1Mbps」の速度があるので、十分に使えるスペックですね。

 

【2:金額やデータ容量を重視】

楽天モバイルに対応している端末をお持ちで、金額を重視したい場合は、楽天モバイルがオススメです。

「金額」が最安値となります!
さらに、「データ容量」が、圧倒的に優位となります!

ただし、上でも書きましたが、対応する端末が少ないことには注意が必要です。

▲楽天回線エリア内・外を選びなおす

なお「UQ・ワイモバ・楽天モバイルの違い」は、これだけではありません。

さらに、3社の比較をしたい場合は、「さらに比較!細かいところでは色々と違いがある!▼」に進んでくださいね。

3社ぞれぞれ詳しく解説!

「スマ得」では、UQモバイル・ワイモバイル・楽天モバイル、それぞれに特化した「専門サイト」を作っています。
ぜひ、お立ち寄りください!
UQ・ワイモバ・楽天モバイル、3社を詳しく解説!▼▼

 

UQ・ワイモバ・楽天モバを、さらに比較!細かいところでは色々と違いがある!

ここまでは、ケースごとに「どの携帯会社がオススメか」を重点に解説しました。

しかし、UQモバイル・ワイモバイル・楽天モバイル、どれにするかは、他のことも考慮する必要があります!

Saki
Saki
何か、違いはあるの?
Take
Take
色々とあるよ。
UQモバイル・ワイモバイル・楽天モバイル、どれにするかは、下の事も考慮してね!

  UQモバイル ワイモバイル 楽天モバイル
エリア 広い 広い 狭い+au回線でカバー
家族割 あり(500円割引) あり(500円割引) なし
キャリアメール あり(200円) あり(無料) なし
テザリング 無料 無料 無料
Wi-Fiスポット あり(無料) あり(無料) あり(無料)
  UQモバイル ワイモバイル 楽天モバイル
LINEの年齢認証 できない 出来る できない
海外での利用 おすすめしない おすすめしない 2GBまで無料。
通話も無料が可能。
お試し 15日お試しあり なし 新規で1年無料お試し
キャンペーン 豊富にある 豊富にある 豊富にある
  UQモバイル ワイモバイル 楽天モバイル

エリアは、UQ・ワイモバは広い!楽天モバは狭いが、パートナー回線でカバー。

 UQ・ワイモバ・楽天モバ比較:エリア

UQモバイルは「au」、ワイモバイルは「ソフトバンク」の回線を使っています。

エリアの広さは、「au」「ソフトバンク」のエリアに準じます。

Saki
Saki
と、いうことは、ほとんどのエリアでつながるってことね。

しかし、楽天モバイルは、スタートしたばかりなので、エリアがそれほど大きくありません。

3社のエリアの大きさは、下のとおりになります。

UQモバイル ワイモバイル 楽天モバイル
au回線(4Gエリア)相当 ソフトバンク回線(4G+3Gエリア)相当 自社回線(大都市中心)+au回線ローミング

楽天モバイルの回線でカバーできないエリアは、「au」の回線を借りている状態です。
(※楽天モバイルでは「パートナー回線エリア」と言っています。)

「パートナー回線エリア」の場合、同じ「au回線」を使っている「UQモバイル」のほうが優位です。

楽天モバイルを利用しようと思ったら、まずは「自分のお住いの場所」が「楽天回線エリア」か「パートナー回線エリア」か、を確認しましょう!

その他の比較一覧に戻る

 

家族割は、UQ・ワイモバはある。楽天モバは特になし。

UQ・ワイモバ・楽天モバ比較:家族割の有無

UQモバイルワイモバイルは、「家族割」があります。

2社とも、「2回線目以降、500円割引」となっています。

そのため、2回線目以降は、料金が安くなります。

UQモバイル ワイモバイル
プランR
2,980円

2,480円
プランM
3,680円

3,180円

楽天モバイルは、「家族割」はありません。

2回線目以降も「2,980円」となります。

その他の比較一覧に戻る

 

キャリアメールは、UQ・ワイモバはあり。楽天モバはなし。

 UQ・ワイモバ・楽天モバ比較:キャリアメールの有無

キャリアメールは、「~@docomo.ne.jp」のような、ケータイ時代のメールです。

今や、GmailなどのWEBのメールが主流ではありますが、キャリアメールを利用する機会もあると思います。

UQモバイルワイモバイルは、「キャリアメール」があります。

ただし、UQモバイルは、オプション(200円)となっています。

楽天モバイルは、第4のキャリアと呼ばれていますが、今のところ、「キャリアメール」は存在していません。

その他の比較一覧に戻る

 

テザリングは、UQ・ワイモバ・楽天モバとも「無料」で使える。

UQ・ワイモバ・楽天モバ比較:テザリングの利用

テザリングは、3社とも「無料」で利用出来ます。

Saki
Saki
大手キャリアだと、別料金500円かかる会社もあるよね。
Take
Take
無料で使えるのはウレシイね!

また、3社とも、「低速モード(最大1Mbps)」でも、「テザリング」を利用することが出来ます。

その他の比較一覧に戻る

 

Wi-Fiスポットは、ワイモバは無料で使える。UQ・楽天モバはauの別サービスにて無料で使える。

UQ・ワイモバ・楽天モバ比較:Wi-Fiスポット

カフェなどで使える「Wi-Fiスポット」

「自社の無料オプション・別のサービスにて無料で使える」の違いはありますが、3社とも、無料で使えます。

ただし、それぞれ使える「Wi-Fiスポット」は異なります。
(※サービス名・サービス内容とも異なります。)

UQモバイル ワイモバイル 楽天モバイル
auWi-Fiアクセス
(無料)
ソフトバンクWi-Fiスポット
(無料)
auWi-Fiアクセス
(無料)

ワイモバイルは「ソフトバンクWi-Fiスポット」。
なんと、ソフトバンクユーザーと同じサービスが受けられます!
しかも、無料です!

また、UQモバイル楽天モバイルには「有料オプション」で「Wi-Fiスポット」が使えるサービスがあります。

しかし、2020年9月から「誰でも、無料で、Wi-Fiスポットが使える」サービスが始まりました。

auが展開している「auWi-Fiアクセス」というサービスです。
(※無料。「au Wi-Fiスポット」相当のサービスとなります。)

このサービスにより、誰でも無料で「Wi-Fiスポット」が使えるようになりました。

Take
Take
そもそも、楽天回線エリアなら、データ使い放題です。
「Wi-Fiスポットを利用」することはない、と思いますけどね~。

その他の比較一覧に戻る

 

LINEの年齢認証は、UQ・楽天モバは出来ない。ワイモバは出来る。

UQ・ワイモバ・楽天モバ比較:LINE年齢認証

大手キャリアでは、LINEの年齢認証が出来ますが、格安SIM会社では一部を除いて出来ません。
UQモバイルも「年齢認証」は出来ません。

また、楽天モバイルも、キャリアではありますが、「年齢認証」に対応していません。

LINEの年齢認証が出来ないため「LINE ID検索」が利用できなくなります。

ただし、「LINE ID検索」が出来なくても「代替案」はありますよ。

なお、ワイモバイルは、ソフトバンク内のブランドであるため、「年齢認証」が出来ます!

その他の比較一覧に戻る

 

海外での利用は、楽天モバイルが一番使いやすい!

UQ・ワイモバ・楽天モバ比較:海外での利用

海外での利用は、楽天モバイルが一番使いやすいです。

データ通信は、2GBまで無料。電話も「Rakuten Link同士」の通話なら、なんと無料です!

UQモバイルワイモバイルも「海外での利用」は出来ますが、制限があったり、高かったりします。
あまり、利用をオススメすることが出来ませんね・・・。

その他の比較一覧に戻る

 

お試し利用は、UQ・楽天モバは可能。ワイモバは不可。

UQ・ワイモバ・楽天モバ比較:お試し利用

実際に契約する時、やはり、以下のことが気になると思います。

  1. きちんと繋がるの?
  2. 速度は遅くない?

その不安を解消するのが「お試し利用」

ほとんどの携帯会社で「お試し利用」はありませんが、UQモバイル「15日間お試し」が出来ます!

また、楽天モバイルは、現在「1年間無料」で使えます。

「新規」で申し込めば、実質「1年間お試し利用」が出来ることになりますね!

その他の比較一覧に戻る

 

キャンペーンは、UQ・ワイモバ・楽天モバとも、豊富にある!

UQ・ワイモバ・楽天モバ比較:キャンペーン

3社とも、公式オンラインストアで契約・購入すると、キャッシュバック・ポイントバックなどのキャンペーンがあります!

同じ「申込み」をするなら、ネットでお得に申し込みをしましょう!

UQモバイル の公式オンラインショップを見る! >

 

この記事では、3社を様々な視点から比較をしました。

さらに細かく比較することも出来ますが、これ以上すると、逆に判断に迷う可能性があります。
よって、今回は、ここまでにします。

さらに深く比較したい場合は、2社で徹底比較を行った記事もあります。
合わせてご覧くださいませ。

■UQモバイル vs ワイモバイル

UQモバイルとワイモバイルを比較!どっちが良いのか、ニーズごとに解説!
UQモバイルとワイモバイルを比較!両者の違いと、どっちが良いのか、ニーズごとに解説!UQモバイル・ワイモバイルを徹底比較。ニーズごとに、どちらがお得なのかを解説しました。料金の比較も。細かい違いにも着目して、UQモバイル・ワイモバイル、どちらが良いのかを検討してくださいね♪...

 

UQ・ワイモバ・楽天モバイル、3社の情報は「専門サイト」で、わかりやすく・詳しく解説しています!

「スマ得」では、「UQモバイル」「ワイモバイル」「楽天モバイル」それぞれに特化したサイトを作成しております。

ぜひ、お立ち寄りください!

UQモバイルマニア
「UQモバイルマニア」はこちら >

ワイモバイル大百科
「ワイモバイル大百科」はこちら >

楽天モバイル研究所
「楽天モバイル研究所」はこちら >

これからも格安スマホ(格安SIM)を検討されている方に、メリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!