UQモバイルとは

povoとUQモバイルを比較!細かい違いを理解して、乗り換え準備を!

povoとUQモバイルを比較!細かい違いを理解して、乗り換え準備を!
Take
Take
こんにちは!UQモバイルマニアのTakeです!

今回は、実際に乗り換え時に気になるであろうpovoとUQモバイルの「細かい違い」をご紹介します。

Saki
Saki
他のサイトでも、povoとUQモバイルの比較しているけど、他にも気になる点があるの。
Saki
Saki
「基本データ容量を超えたときの、実際の速度」とか・・・。
Saki
Saki
LINEの年齢認証が、出来るのか」など・・・。
Take
Take
実際に、povoとUQモバイル、両方使っているから、検証してみました!

実際に乗り換えたときに「こんなはずじゃなかった・・・!」と後悔しないためにも、事前に確認されることをオススメします。

それでは、見ていきましょう。

この記事で分かる3つのこと
  1. povo・UQモバイルの「基本料金」を契約人数ごとに!詳細>
  2. povo・UQモバイルの細かい違いを11個比較!詳細>
  3. povoは、翌月繰越は出来る?詳細>

 

povoとUQモバイル比較:両ブランドの「基本料金」、UQモバイルの優位点は、別記事で解説。

auとUQモバイル比較:両社の「月額金額」を比較!auとUQモバイル比較:両社の「月額金額」を比較!

povoとUQモバイルで比較するとき、やはり「値段」は欠かせないと思います。

別記事になりますが、「月額金額」を、契約人数や、通話オプション・auスマートバリュー/自宅セット割有りなしごとに、それぞれ比較しています。

Take
Take
au(本体)と、povo・UQモバイルの3ブランドで比較していますよ。

例えば、こんな感じで比較しています。

【1人】auでは「auスマートバリュー」、UQでは「自宅セット割」が適用できる場合

「1人・auスマートバリュー/でんきセット割有り」でのau・UQモバイル料金比較

ぜひ、チェックしてくださいね。

 

なお、テレビでは、「20GB」のオンライン専門プランだけが話題になっていますね。

しかし、そこで思考停止すると、本当にオトクなプランを見逃している可能性があります。

下の記事は、「こんな方なら、UQモバイルのほうが、オススメ!」ということを書いています。

気になる方は、チェックしてくださいね。

UQモバイルの新プランは微妙?とは言えない3つの理由(povoとの比較)
UQモバイルの新プランは微妙?とは言えない3つの理由(povoとの比較)auでも「povo」を2021年3月にスタート。同時に、UQモバイルでも新プランの発表が。UQモバイルの新プランを絶賛する声もありますが、「UQの新プランは微妙・・・」というツイートも。微妙と思う人に向けて、UQモバイルのほうが優れている点を3つご紹介します。...
Take
Take
それでは、ここからが本題です。

ここからは、「実際に利用するとき」に気になるであろう「細かい違い」を、ていねい解説します。

povoとUQモバイル比較:細かい違いを、11個、確認しよう!

【1】翌月データ繰越:UQは出来る!povoは出来ない。

翌月データ繰越:UQは出来る!povoは出来ない。

UQモバイルは、当月余ったデータ容量は、翌月に繰り越すことが出来ます。
(※だから「くりこしプラン」というプラン名ですね。)

それに対し、povoは翌月繰越について、特にアナウンスはありませんでした。
そして実際に使ってみると、「翌月繰越」はありませんでした。

それぞれ、当月データ容量が余ったときの、翌月1日のデータ容量は、下の画像になります。

■ UQモバイル(初月→2ヶ月目)

UQモバイル:当月データ容量が余ったときの、翌月1日のデータ容量UQモバイル:当月のデータ容量は、翌月繰越される。

 

■ povo(初月→2ヶ月目)

povo:当月データ容量が余ったときの、翌月1日のデータ容量povo:当月のデータ容量は、翌月繰越されない。
Saki
Saki
povoは、やっぱり「翌月繰越」が無いのね・・・。
翌月繰越がはっきり分かるように、「初月から2ヶ月目の推移」を画像にしています。

管理人がUQモバイルを契約したのは、前プランの「スマホプランR時代」のため、基本データ容量は「10GB」となっています。

 

【2】学割・シニア向け割引:UQはあり!うまく活用すればpovoよりかなりオトクに。

学割・シニア向け割引:UQはあり!うまく活用すればpovoよりかなりオトクに。

UQモバイルには「『学生を含む家族』の割引(UQ学割)」「60歳以上向けの割引(シニア向け割引)」があります

  1. UQ学割
    :最安で「12ヶ月間、15GBが990円」で利用出来る!
  2. シニア向け割引
    :24時間かけ放題が、ずっと1,100円割引。+770円で使える!
「UQ学割」は、冬(12月頃)~春(5月頃)にかけての限定キャンペーンです。
年によって、キャンペーン内容は異なります。

それに対しpovoは、家族割・シニア向けの割引はありません

povoは、基本「若い、単身者が、一人で使う」ことを想定しているからです。

なお、UQモバイルの「UQ学割」「シニア向け割引」の詳細は、下の記事が詳しいですよ。

UQモバイルの学割2021「UQ学割」子供の申込み方法・必要書類は何?適用条件も画像付き解説!
UQモバイルの学割2021「UQ学割」子供の申込み方法・必要書類は何?適用条件も画像付き解説!UQモバイルの2020-2021年版「UQ学割」について解説。学生・ご家族の適用条件をシミュレーションしてみました。他に、お子様の必要書類や、ネットで申し込む手順を画像を使ってご紹介♪...
UQモバイルなら60歳以上が「シニア割」により+770円で通話かけ放題!利用料金と申込方法まで!
UQモバイルなら60歳以上は「シニア割」有り!通話かけ放題が770円で使える!利用料金と申込方法まで!UQモバイルでは、60歳以上の方は、+700円(税込770円)で、国内通話がかけ放題になるキャンペーンを実施!キャンペーン内容をわかりやすく紹介♪利用料金や申し込み方法まで解説します!シニアにオススメの機種の紹介も。...

 

【3】留守番電話サービス:UQはあり。povoはなし。

留守番電話サービス:UQはあり。povoはなし。

UQモバイルには、留守番電話サービスがあります。
(ただし、税込418円の有料オプション)

それに対しpovoは、留守番電話サービスはありません

端末に「留守番電話機能」が無ければ、留守番電話は使えないことになります。

 

転送電話は、UQ・povoとも利用出来る!留守電を「安く聞く」ことが可能。

転送電話は、UQ・povoとも利用出来る!留守電を「安く聞く」ことが可能。

ただし、povoの場合、留守番電話は、ちょっと工夫をすれば、使うことができます。

また、UQモバイルも、自社の「留守番電話サービス」は料金が高いです。
そのため、別の方法をオススメします。

実は、UQモバイル・povoとも「転送電話」を利用することが出来ます。

Take
Take
povoの公式ページには、「転送電話」について、大きく書かれていません・・・。
Take
Take
しかし、実際やってみると、povoも「着信転送」は、出来ました!
 ララコール(LaLa Call)、「SMARTalk」

そして「転送電話」を、ララコール(LaLa Call)に転送することで、税込110円で、留守番電話を利用することが出来ます。

また、無料で使える「SMARTalk」というサービスもあります。

「SMARTalk」は、現在は新規受付を停止しているようです。残念です・・・。

「SMARTalk」については、当サイトで使い方を解説しています。

基本は、「ララコール(LaLa Call)」と「SMARTalk」は、同じ内容のサービスです。

「留守番電話が無い・高い・・・」という方は、「SMARTalk」の記事になりますが、下の記事を参考にしてくださいね。

UQモバイルの留守番電話は有料。でも、無料に出来る裏技が!設定方法と注意点を解説。
UQモバイルの留守番電話は有料。でも、無料に出来る裏技が!設定方法と注意点を解説。UQモバイルで「留守番電話」を利用する場合、380円の有料オプションになります。しかし、「無料で使う」裏技を見つけました!SMARTalkというアプリを使って、留守番電話を無料で使う方法と、設定方法・注意点を解説します。...

(↑UQモバイルの記事ですが、povoも「同じ感じ」で出来ます。)

ahamo、LINEMOは、転送電話も利用出来ません。

転送電話も利用出来ないため、完全に「留守番電話」は使えません。

 

【4】乗換時のSIM差し替え:au→povoは不要(一部除く)。au→UQは必要。

乗換時のSIM差し替え:au→povoは不要(一部除く)。au→UQは必要。
「auからの乗り換え」限定の話です。
au以外からの乗り換えは、ここは飛ばしてくださいね。

povoは、「auのSIMカード」を使います。

そのため、「auからpovo」に乗り換える場合は、基本、SIMカードの差し替えは不要です。

povoは、「au Nano IC Card 04」もしくは「au Nano IC Card 04 LE」というSIMカードを使います。

そのため、現在、「au Nano IC Card 04」「au Nano IC Card 04 LE」以外のSIMカードを利用している場合は、SIMカードの差し替えが必要になります。

それに対し、UQモバイルは「UQモバイルのSIMカード」を使います。(auのSIMカードとは別のもの。)

そのため、「auからUQモバイル」に乗り換える場合は、基本、SIMカードの差し替えが必要になります。

Saki
Saki
乗り換え作業自体は、「auからpovo」に乗り換えるほうが、ラクなのね~。
Take
Take
でも、「auからUQモバイル」への乗り換えも、難しくはないですよ。

当サイトでも、「auからUQモバイル」への乗り換え手順を、動画・イラスト(画像)をたくさん使って、ていねい解説しています。

ぜひ、参考に!

auからUQモバイルに乗り換え【初心者向け】手順を写真・動画で解説!
auからUQモバイルに乗り換え【初心者向け】手順を写真・動画で解説!はじめて「auからUQモバイルに乗り換える方」に、乗り換えの手順を紹介。乗り換えがはじめての方でも分かりやすいように、写真とイラストと動画を使って、ステップ・バイ・ステップで丁寧に分かりやすく解説します。乗り換えの「不安材料」をぜひ払拭してください!...

 

【5】eSIMの利用:povoは使えるが、au→povo時は夏以降。UQは9月からスタート!

eSIMの利用:povoは使えるが、au→povo時は不可。UQは不可。

現在、povoは、新規もしくはMNP(他社からの乗り換え)の方のみ、「eSIM」で申し込みをすることが出来ます。

ただし、現在auユーザーの方は、2021年夏以降、「eSIM」で申し込みが出来るようになる、とのアナウンスでした。
(そのあとのアナウンスはまだ無いですが・・・)

そして、UQモバイルも、2021年9月2日に、「eSIM」での申込みが出来るようになりました!

また、現在auユーザーの方も、「eSIM」での申込みが出来るようです!

Take
Take
ただし、「eSIM」は、かなり上級者向けです。
Saki
Saki
一般の人は、あまり気にする必要はないかもね。

 

【6】テザリング:povo・UQとも無料で利用出来る!

 テザリング:povo・UQとも無料で利用出来る!

テザリングは、povo・UQモバイルとも無料で利用出来ます。

両ブランドとも、申し込みも不要です。(自動的に使えるようになります。)

また、以下の場合でも、テザリングを利用することが出来ます。

  1. povo
    「データ使い放題24時間」(※1)トッピング利用時も、使えます。
    (※1:税込220円/24時間の有料トッピング。)
  2. UQモバイル
    節約モード(※2)利用時も、使えます。
    (※2:プランM以上の場合、1Mbpsが、データ消費ナシで、使い放題。)

 

【7】Wi-Fiスポット:povo・UQとも無料。UQは5台まで格安で使えるオプションも。

Wi-Fiスポット:UQ・povoとも無料。

auのWi-Fiスポットは、povo・UQモバイルとも、auの別サービス「auWi-Fiアクセス」にて、利用が可能です。

利用方法は、アプリをインストールし、「auPAY」が利用できる「auID」でログインするだけです!

Take
Take
「auWi-Fiアクセス」は、auユーザー以外でも「auWi-Fiスポット」が使えるサービスです。

似たような名前が多く、ややこしいのですが、下の記事を見れば、スッキリすると思われます。

auWi-Fiスポットが誰でも使えるようになった!auWi-Fiアクセスの解説と、ギガぞう・auユーザー向けとの違いも紹介。
auWi-Fiスポットが誰でも使えるようになった!auWi-Fiアクセスの解説と、ギガぞう・auユーザー向けとの違いも紹介。auWi-Fiアクセスについて解説。auユーザー以外でもauWi-Fiスポットを利用することが出来るサービスです。利用条件やau向けサービスとの違いをご紹介。類似サービスにギガぞうWi-Fiがありますが、そのサービスとの違いも解説しています。...
au(本体)時代にあった「auWi-Fiスポット」というサービスでは、auのWi-Fiスポットは、利用出来ません。

また、UQモバイルでは、「auWi-Fiアクセス」以外に、「ギガぞうWi-Fi」という上位版サービスを、格安で使えるオプションもありますよ。

UQモバイルでもWi-Fiスポットが利用できる!カフェでも使える「ギガぞうWi-Fi」を紹介
UQモバイルのWi-Fiスポット!カフェでも使える「ギガぞうWi-Fi」を最大限使いこなす方法UQモバイルの「ギガぞう」について解説しています。「ギガぞう」利用におすすめの人の紹介や、「ギガぞう」を最大限「上手に格安で」使いこなす方法も解説。無料期間中に解約する方法と注意点も紹介しています。...

 

【8】キャリアメール:UQは、独自のキャリアメールがある。povoは、提供無し。

キャリアメール:UQは、独自のキャリアメールがある。povoは、提供無し。

UQモバイルは、UQ独自のキャリアメールがあります。(「~@uqmobile.jp」)
(月200円(税込220円)の有料オプションですが。)

それに対しpovoは、キャリアメールの提供はありません。

UQモバイルでも、au時代のキャリアメール「~@ezweb.ne.jp」は利用出来ません。

あくまで「~@uqmobile.jp」というキャリアメールが使える、という話になります。

 

【9】LINEの年齢認証:UQは出来ない。povoは出来た。

LINEの年齢認証:UQは出来ない。povoは出来た。

大手キャリアでは、LINEの年齢認証が出来ますが、格安SIM会社では一部を除いて出来ません。

UQモバイルは、LINEの年齢認証をすることが出来ません

また、povoについては案内はなかったのですが、実際試したところ、LINEの年齢認証は出来ました。

povoとUQモバイルの「LINE年齢認証」画面povoとUQモバイルの「LINE年齢認証」画面

LINEの年齢認証が出来ない場合、「LINE ID検索」が利用できなくなります。

ただし、ID検索が出来なくても「代替案」はあります。

詳しくは下の記事にて。

UQモバイルはLINEのID検索不可!回避策と代替案を提案!
UQモバイルはLINEのID検索不可!回避策と代替案を提案!【2020年版】UQモバイルを含む、格安スマホ会社は、LINEの「ID検索」が出来ません。しかし、回避策と代替案がございます。UQモバイルに乗り換えても、LINEのID検索が出来る回避策と、ID検索が出来ない場合の代替案をご紹介します。...

 

【10】キャリア決済:povo・UQとも「auかんたん決済」が使える!

キャリア決済:povo・UQとも「auかんたん決済」が使える!

au(本体)では「auかんたん決済」という「キャリア決済」が使えていました。

povo・UQモバイルでも「auかんたん決済」は利用出来ます!

Take
Take
ただし、一部「auユーザーしか決済出来ないサイト」を確認しています。(UQモバイルユーザーは利用できない)
ご注意を。
UQモバイルのauかんたん決済!設定方法を画像付き解説!※Amazonは使えなくなりました
UQモバイルのauかんたん決済!設定方法を画像付き解説!※Amazonは使えなくなりましたUQモバイルでは「auかんたん決済(キャリア決済)」を利用することが出来ます。UQモバイルでキャリア決済を利用するための手順と、利用履歴を見る方法を、画像を使って紹介。利用限度額と利用額を設定する方法も。...

auPAYは、povo・UQとも「auかんたん決済」でチャージも可能!

auPAYは、povo・UQとも「auかんたん決済」でチャージも可能!

KDDI系のスマホ決済サービス「auPAY」
使っている方も、多いと思います。

「auPAY」は、povo・UQモバイルでも利用できます。

また、「auPAY」を「auかんたん決済」でチャージすることも、出来ますよ。

UQモバイルユーザーはau PAYでメリットあり!設定方法、チャージ方法を解説!
UQモバイルユーザーはau PAYでメリットあり!設定方法、チャージ方法を解説!UQモバイルユーザーがau PAYを使う場合、少しだけメリットがあります。auかんたん決済が利用できるので、使えるクレジットカードが増えます!UQユーザーがau PAYを利用するための設定方法を解説。実際に使ったレビューもご紹介。...

 

【11】基本容量超過後の速度:UQのほうが早い(バースト機能があるため)!

基本容量超過後の速度:UQのほうが早い(バースト機能があるため)!
注意(2021/9/7記入)

バースト機能があるのは、「4Gプランの節約モード」です。
新しい「5G対応プラン」では、「バースト機能」は無い模様です。

povoの場合、20GBを超えると、プランの上限を超えるため、速度制限がかかります
また、UQモバイルでも、各プランの上限を超えると、速度制限がかかります。

その「速度制限」がかかった時の、通信速度に違いがあります。

povo UQモバイル
1Mbps
(バースト機能無し)
1Mbps
(バースト機能あり)

(※プランM/Lの場合)

同じ「1Mbps」というアナウンスですが、「実際に体感できる、通信速度」は、結構異なります。

動画にしていますので、ぜひ、チェックしてくださいね。

(5分44秒の動画です。音が出ますのでご注意を。)

実は、UQモバイルには、「バースト機能」という機能があり、最初の数秒は、1Mbpsを遥かに超えるスピードになります。
そのため、体感速度が、さらにアップしているのです。

そのため、実際の体感速度は、UQモバイルのほうが、圧倒的に早くなります。

 

povoとUQモバイル比較:両ブランドの「料金プラン」をざっくり確認しよう!

それでは最後に「povo」と「UQモバイル」の料金プランを、ざっくり確認しておきましょう。

Take
Take
公式ページでも書かれているので、ざっくりと解説します。

povoは「20GB・2,728円」をベースに、様々なトッピングを追加する。

auのオンライン専門「povo」は、「20GB・2,480円(税込2,728円)」をベースに、様々なトッピングをすることで「幅広いニーズ」に応えていくようです。

povo料金プラン

 

UQモバイルは「くりこしプラン」の1種類のみ。

UQモバイルは、基本的には「くりこしプラン」の1種類のみです。

UQモバイル・くりこしプラン

 

まとめ

この記事は、「povoとUQモバイルを比較!細かい違いを理解して、乗り換え準備を!」について書いてきました。

これからもpovo・UQモバイルを検討されている方に、両ブランドのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

UQモバイルまとめ!
UQモバイル超まとめ!サクッと全体が分かります! >

UQモバイル メリット・デメリットメリット・デメリット!3年間使ったからこそ分かる良い・悪い >

UQモバイルに乗り換え完全ガイド
UQモバイルに乗り換え完全ガイド!分かりやすくを徹底 >

ABOUT ME
Take
2017年にUQモバイルに乗り換え、年間約10万円の節約に成功した夫婦が、メリット・デメリット、キャンペーンや乗り換え方法などを徹底解説!スマホで損しない賢い方法を発信します!
当サイト限定!UQモバイルキャンペーン!

UQモバイル iPhoneなど大幅割引・キャッシュバックも!

「UQモバイルマニア」からUQモバイルにて申し込みをしていただくと、最大10,000円キャッシュバックがあります!
さらに、iPhoneなどで大幅割引キャンペーン実施中!

同じ「UQモバイル」に申し込みをするなら、キャンペーンに参加して、キャッシュバックなどの特典を利用しましょう!

キャンペーン内容

こんな記事もおすすめ♪