UQモバイルとは

UQモバイルの増量オプションで、データ50ギガ持ちも可能!データの増やし方を解説!増やした後の活用方法も

UQモバイルの増量オプションで、データ50ギガ持ちも可能!データの増やし方を解説!
データ50ギガ持ちも可能な、データの増やし方が出来るのは、「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」のみとなります。
スマホプラン」はこの方法での増やし方は出来ません。ご了承ください。
Take
Take
今、「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」契約中の方は、データ50ギガ持ちも可能な、データの増やし方が出来ますよ!
Take
Take
しかも、今後「スマホプラン」に移行しても、「この方法で増やしたデータ容量」は、引き続き持ち続けることが出来ます!

UQモバイルは、データ容量が溜まりやすい会社なのです。

UQモバイルで50GB以上のデータ容量を手に入れた画像
Saki
Saki
何これ!?データ容量が50ギガ以上持っているの!?
Take
Take
そうなんだよ。1年半、普通に使って50ギガ以上になったんだよ。

2017年7月にUQモバイルで「プランM」で契約して、1年半経ったら、データ容量が50ギガ以上持つようになりました。

データ容量が溜まりやすい仕組みを活用して、増やしました。

今回は、50ギガ以上データ容量を持ってしまった(笑)僕が、UQモバイルの効率的なデータ容量の増やし方をレクチャーいたします。

特に難しいことはしてないですよ~。

また後半では、データ容量が増えた後の、UQモバイルでの活用方法をご紹介します。

\ ↓当サイトから申し込むと↓ /
実質最大7,410円分キャッシュバック

\ キャンペーン詳細や申込方法は /
こちらを確認!

「50ギガ持ち」になった、たった1つの方法。

僕が行った方法は、

  1. プランMに契約

これだけです(笑)

「プランMに契約するだけ!?いやいや、それだけじゃ分からないよ~」と思います。

少し細かく言うと、

  1. プランMに契約。実際はプランS並の使用量。「増量オプション分」をストックし続ける。

という方法を行います。

次から、僕が「50ギガ持ち」になった、UQモバイルの効率的なデータ容量の増やし方を詳しくご紹介します。

ざっくり言うと
  1. 「増量オプション」の使い方が、キーポイント。
  2. スタートダッシュで「増量オプション」を使い、データ容量を大量にストックする。
  3. 大量のデータをストックした後なら、プランを下げても、データ容量はずっと余裕で持ち続けることが可能

 

「増量オプション」の使い方次第で、大量のデータを持つことが可能になる!

データ容量をめちゃくちゃ増やすために、「増量オプション」を有効活用します。

Saki
Saki
「増量オプション」って何?
Take
Take
オプションのひとつで、オプション分のデータ容量をチャージすることが出来るんだ。新規/機種変更時に同時申し込みで、2年間は無料で使えるよ。

増量オプションで使う「データチャージ」は、データ容量をすごく増やすことが出来る、ユーザーに嬉しい仕組みなんです。

【動画】UQモバイル「増量オプション」の「データチャージ」の仕組みについて、解説!

UQモバイル「増量オプション」の「データチャージ」の仕組みについて、動画で解説しています。

(2分53秒の動画です。再生すると、音声が出ます。)

動画を見た後、具体的な「50ギガ持ち」になる「データの増やし方」を知りたい場合は、こちらからジャンプして進んでくださいね。

UQモバイル「増量オプション」の「データチャージ」の仕組みを理解!

下の図は、増量オプション分のデータを全部余らせた時に、どのような増え方をするのかを表した図です。

UQモバイルの「増量オプション」のデータ容量の推移

データチャージを行うと、「今までのデータ容量+今回追加した容量」で、有効期限が延長されるのです。

増量オプション分のデータ容量が残っている状態で、「増量オプション分のチャージ」を月1回忘れずに行うと、
有効期限がチャージのたびに延長し続け追加データ残量は月ごとに増え続けます。

データ容量が永久的に増え続けることになるんですよ。

「増量オプション」のデータチャージをまとめます。

  1. 「データチャージ」は有効期限がある
  2. しかし、チャージを行うと「今までのデータ容量+今回追加した容量」で、有効期限が延長
  3. 有効期限が来るまでに、再度「データチャージ」し続けると、有効期限が永遠に延長される
  4. 「データチャージ」は増量オプション分が無料。月1回、増量オプション分をチャージし続ける
増量オプションの「データチャージ」は、有効期限は、チャージをした日から90日です。チャージを90日しなかった場合は消滅します。
Take
Take
データ容量が永久的に増え続けることを利用して、効率的にデータを増やします。

 

契約後のスタートダッシュで、「増量オプション」分のデータチャージ量を増やす

UQモバイル、最初はプランMで契約最初は「プランM」で契約。増量オプション分のデータ量を増やす。

契約するときに、プランSやプランMなどがありますよね。

どのプランが良いか迷うと思います。

僕がオススメするのは「ひとまず『プランM』で契約する」ことをオススメします。

それは、当月のデータを使い切れなくても、

  1. 翌月の繰り越しがある
  2. 「増量オプション」のデータ容量も繰り越すことが出来る

以上のように、データが消滅することは少なく、データを翌月以降も持ち続けることが出来るからです。

 

「増量オプション」のデータ容量をストック出来ると、一気にデータ容量を増やすことが可能

プランMは「基本データ容量:6GB+増量オプション:3GB」の合計9GBでした。

一つ下の「プランS」は基本+増量合わせて、合計3GBです。

「プランM」3GB使用した場合、データ容量はどうなるのかを下の図に書きました。

(小さくてすみません。画像をクリックすると、拡大することが可能です。)

UQモバイルで、プランM契約で毎月3GB使用した場合における、データ容量の推移

2018年12月にに3GB使用した場合、2019年1月月初には、

  1. 「繰り越し:3GB」
  2. 「1月分の基本データ:6GB」
  3. 「未使用の増量オプション分:3GB」
  4. 「1月分の増量オプション:3GB」

の合計「15GB」のデータ容量になります。

「プランM」で「毎月3GB」を使用し続けた場合、4ヶ月後にはなんとデータ容量が「27GB」までアップするのです!

4ヶ月以降は、使用状況に変わりがなければ、毎月「3GB」ずつ容量がアップし続けます。

Saki
Saki
ということは、今50ギガ持ちになっているのは「増量オプション分」が貯まっているからということ?
Take
Take
そうだよ。1年半「プランM」で契約していたら、こんなに「データ持ち」になっちゃった。

 

増量オプション分は、自分でチャージする!

増量オプションは、自分でアプリを使ってチャージするイメージ図増量オプションは、自分でアプリを使ってチャージする

なお、「増量オプション分」は自動的に適用されるわけではなく、自分でチャージしなければなりません。

UQモバイルのアプリを使って、チャージをしてください。

Take
Take
チャージし忘れにご注意を!

そして、初めてチャージする時に、必ず訪れる「心配事」・・・。
実際にチャージするときに、心配にならないように、あらかじめ下の記事で、知っておきましょう。

UQモバイルのデータチャージって本当に無料!?実践してみたよ。
UQモバイルのデータチャージって本当に無料!?実践してみたよ。UQモバイルは、データ増量キャンペーン分は、無料で「データチャージ」が出来ます。しかし、アプリを使ってチャージすると、チャージの購入額が表示されます・・・。本当に無料でチャージ出来るのかと、「データチャージ」の仕組みについて、分かりやすく説明します。...

 

(参考までに)繰越分は、翌月で消滅する。使い切れないと、もったいない。

UQモバイルデータ容量の繰越分は、翌月で消滅

繰り越し分は、翌月までで、消滅してしまいます。

そのため、2ヶ月後以降は、月に6GB使用しないと、データ容量が消滅します。

勿体無いですね~。
ぜひ、頑張って6GBを使用するよう努力しましょう(笑)

管理人は、上の「データくりこしの仕組み」を気づくのが遅かったため、増量オプションのチャージを忘れていた月もありました。
そのため、50ギガ持ちになるまで1年半かかりました。

皆様は、毎月、きちんと「増量オプションのチャージ」を忘れずに行ってくださいね。
そして、早く「50ギガ持ち」を体験してください!

データ容量に余裕が出ることで、データ容量不足の心配がゼロになる!

UQモバイルで、プランS契約で毎月3GB使用した場合における、データ容量の推移

プランSで毎月3GBギリギリまで使った場合は、「翌月の繰り越し」や「増量オプション」も全て使ってしまうため、データ容量はまったく増えません。

また、ギリギリだとデータ容量不足なるリスクがあり、不足すると「強制低速モードに移行」か「追加データを購入」しなければなりません。

追加データチャージ料金
100MB:200円
500MB:500円

追加データチャージ料金はかなり割高です。できれば使いたくないですね。

それを含めて、初めはある程度余裕をもったプランに入ることをおすすめします。

 

ある程度、溜まったら、プランSに変更してもOK。

僕みたいに「プランM」に契約し続けて、50ギガ持ちになるのもいいですが(笑)
はっきり言って50ギガは使い切れないので、ある程度データ容量が増えたら、
「プランS」に変更されても良いでしょう。

前のデータ容量推移の図の続きで、
途中で下位のプランの「プランS」に変更した時、データ容量がどうなるか、下の図に書きました。

(やっぱり今回も小さくてすみません。画像をクリックすると、拡大することが可能です。)

UQモバイルで、プランをMからSに変更した場合における、データ容量の推移

データ容量が増えたので、これからは毎月5GB使うとします。

Take
Take
毎月5GB使うのも大変だとは思いますが(笑)

プランS(3GB)に変更後、5GB使用すると、データ容量は徐々に下がっていきますが、まだまだデータ容量は余りまくっています。

3GBプランの契約で、14GBほどのデータを持っているんですよ。
これはかなりオトクな仕組みだと思いますね。

Take
Take
上の図の※1、※2について説明を加えますね。
UQモバイルプランMからSに変更時の繰り越しについて

(※1について):プランMからプランSに変更した場合、繰り越しのデータ容量は、プランSの基本データ容量までが上限になります。

よって、前月で基本データ容量6GBまで持っていても、翌月は6GBではなく、プランSの基本データ容量の「2GBだけの繰り越し」となります。

プランSは「基本2GB+増量1GB」の「3GB」プランです。

 

UQモバイルプランMからSに変更時の繰り越しについて

(※2について):「増量オプション」はプランとは関係ないもので、自分でチャージした、データチャージにつきましては繰り越しされます。

下の画像は、実際に「プランM」から「プランS」に変更した時の、「増量オプション」の推移です。

増量オプションでチャージした「追加データ残量」は、プラン変更した翌月も、そのままの残量で繰り越しされています。

UQモバイルにおける、プランM時の追加データ残量
↓「プランM」から、「プランS」に変更↓

 
UQモバイルにおける、プランM→S時の追加データ残量

なお、プランMからプランSに変更した時、プランのランクが下がることでスマホ代金の割引額(マンスリー割)が下がる場合があります。

UQモバイルでスマホセットで契約していた場合、プラン変更時は、マンスリー割の割引額にも気をつけてくださいね。

 

「スマホプラン」にプラン変更しても、「増量オプション」分のデータはそのまま残るが、注意点も!

2019年10月から、「スマホプラン」が開始されました。

現在、「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」に契約中の方も、「スマホプラン」にプラン変更される人もいると思います。

それでは、「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」から「スマホプラン」にプラン変更したら、「増量オプション」分のデータはどうなのか見ていきましょう。

「スマホプラン」に変更しても、「増量オプション」分のデータはそのまま残る

スマホプランに移動しても、データは残る。スマホプランに移動しても、データは残る。

結論から言うと、「スマホプラン」にプラン変更しても、「増量オプション」分のデータはそのまま残ります。

「増量オプション」分のデータは、プランとは関係ないもので、プランを変更しても、そのまま継続されます。

「スマホプラン」プラン変更後、データ容量の消滅を防ぐには、「有料で、再チャージ」が必要になる

スマホプラン変更後、「有料再チャージ」が必要。スマホプラン変更後、「有料再チャージ」が必要。

ここで注意点です。

「スマホプラン」は、「無料データチャージ」の仕組みがありません。
つまり、「無料で再チャージ」することが出来ないのです。

「増量オプション」分のデータを消滅したくない場合「有料再チャージ」をしなくてはいけません。
有効期限までに「有料再チャージ」をしなければ、「追加データ分のデータ容量」は消滅してしまいます。

消滅させないためには、有効期限が来るギリギリで、最低チャージ「100MB/200円」をする必要があります。
(チャージすると、有効期限が90日延長されます。)
 

データ容量に余裕があることで、UQモバイルで出来ること。

せっかくデータ容量にかなり余裕が出来たので、データ容量を有効に活用したですよね。

ここでは、普段はなかなかしないけど、データ容量に余裕があるから、やってみてもいいんじゃないかな、と思うものを挙げました。

ぜひ、「携帯会社は、スマホで通信と電話だけするもの」という枠を外して、いろいろな体験をしてください。いろいろと発見があると思いますよ。

テザリング

テザリングのイメージ図UQモバイルのスマホを使って、タブレット・PCでネットが出来る

「テザリング」とは、スマホの電波を使って、パソコンやタブレットなどをインターネットに接続できる機能のことです。

ノートパソコンや価格の安いタブレットは、外出時はネットが出来ないのですが、「Wi-Fi」や「Bluetooth」で接続できると思います。

今お使いのスマホを「テザリング」という機能で、スマホから「Wi-Fi」や「Bluetooth」の電波を出すことで、ノートパソコンやタブレットがその電波を拾います。
そして、ノートパソコンやタブレットがネットに接続することが出来るのです。

「テザリング」はデータ容量を使ってしまうのですが、データ容量に余裕があることで、使う機会が増えると思います。

Take
Take
実際、僕も外出時、ノートパソコンをネットに接続するときは、「テザリング」で通信することが多いですよ。

なお、先ほども書きましたが、「テザリング」は結構データ容量を使うので、「テザリング」を使った後は、残りのデータ容量を確認してくださいね。

なお、「テザリング」の仕方、設定方法は、下の記事にて。

UQモバイルのテザリング!設定方法と、無制限で使う方法。「節約モード」でも使えるのか検証!
UQモバイルのテザリング!設定方法と、無制限で使う方法。「節約モード」でも使えるのか検証!UQモバイルのテザリングについて解説。無制限で使う方法を2例ご紹介。節約モードでテザリングを使った時の使用感・通信速度を動画にしました。テザリングの設定方法をAndroid・iPhoneそれぞれ解説しています。...

 

まとめ

「UQモバイルの増量オプションで、データ50ギガ持ちも可能!データの増やし方を解説!」について
ざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. 余裕のあるプランを選択して、「増量オプション」のデータ容量をストック
  2. 「増量オプション」の無限有効期限延長で、データ容量を永久的に増やす
  3. ある程度、貯まってきたら、プランのダウンも検討してもOK

となります。

これからもUQモバイルを検討されている方に、UQモバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

UQモバイルまとめ!
UQモバイル超まとめ!サクッと全体が分かります! >

UQモバイル メリット・デメリットメリット・デメリット!2年間使ったからこそ分かる良い・悪い >

ABOUT ME
Take
Take
実際に格安スマホのUQmobileに乗り換えて携帯代を削減した夫婦が、メリット・デメリット、キャンペーンや乗り換え方法などを徹底解説!スマホで損しない賢い方法を発信します!
当サイト限定!UQモバイルキャンペーン!

UQモバイル iPhone・Xperia大幅割引・キャッシュバックも!

「UQモバイルマニア」からUQモバイルにて申し込みをしていただくと、最大6,000円キャッシュバックがあります!
さらに、iPhoneやXperiaも大幅割引キャンペーン実施中!

同じ「UQモバイル」に申し込みをするなら、キャンペーンに参加して、キャッシュバックなどの特典を利用しましょう!

キャンペーン内容

こんな記事もおすすめ♪