UQモバイルとは

UQモバイルの新プランが発表!旧プランとの比較と、変更部分・継続部分を解説

UQモバイルの新プランが発表!旧プランとの比較と、変更部分・継続部分を解説
Take
Take
こんにちは!UQモバイルマニアのTakeです!

2019年9月12日、UQモバイル公式ページにて、2019年10月からスタートする「新プラン」の発表がありました。

その資料を基に、「新プラン」の基本料金はどうなるのかと、「新プラン」「旧プラン」との比較を行いました。

また、「新プラン」で変更される部分・継続される部分も合わせて解説します。

\ ↓当サイトから申し込むと↓ /
5,000円キャッシュバック
UQ mobile 【ALL CONNECT】
\ キャンペーン詳細や申込方法は /
こちらを確認!

今回の「新プラン」は、通信・端末の「分離プラン」

今回、UQモバイルが発表した「新プラン」は、電気通信事業法改正による「分離プラン義務化」に合わせたプランとなっています。

大まかに言うと、

  1. 「通信」である基本利用料は、値下げ
  2. 「端末」は「(スマホ購入に対する割引)マンスリー割」が廃止されるので、実質値上がり

となっています。

 

新プランは、基本利用料の「2年目以降」の金額アップがナシ。2年縛りなし。家族割適用でずっと1,480円から利用可能。

出典:UQモバイル公式HPより

新料金プランは「スマホプラン」。2年縛りだった「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」は新規受付が終了となります。

基本利用料は、2年目以降も「1年目の金額」が継続されるように改定されました。

「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」は、2年目以降、実質1,000円料金が上がります。

また、契約期間の縛りは無くなりました
極論から言うと、1ヶ月目で契約を辞めることも可能、と言うことですね。

割引は、「UQ家族割」適用で500円割引

プランSの場合、「UQ家族割」適用で「ずっと」1,480円で利用することが可能になりました。

UQの公式では書かれていませんが、おそらく(旧プランで適用されていた)「イチキュッパ割」は廃止になると思われます。

 

21GBまでの「(旧)プランL」は新規受付終了。代わりに1,000円下がった「(新)プランL」(14GB)が新設。

新プランでは、今まであった「(旧)プランL」(21GB)の新規受付が終了されるようです。
代わりに、1,000円基本利用料が下がった「(新)プランL」(14GB)が新設されます。

つまり、今まで月に14GB~21GB利用していた人は、新プランでは対応するプランが無いことになります。

Take
Take
UQモバイルで14GB以上使っている人は、ほとんど無かったのかな・・・?

 

ややこしいと不評だった(?)「無料データチャージ」の仕組みは廃止される。

UQモバイルの「データ容量」で「ややこしい」と言われ続けていた「無料データチャージ」の仕組みは廃止されるようです。
(※UQの公式では書かれていませんが、記者向け発表会で発表があったようです。)

今までだと、「プランS」を3GBまで使えるようにするには、「無料データチャージ」が必要でした。

しかし、「新プラン」では、何もしなくても、基本データ容量が3GBになる模様です。
また、翌月の繰り越しも、2GBから3GBにアップされます。

UQモバイルの隠れたメリット「ギガ充になれる」は、新プランでは無理かも・・・?

 

「無料通話」は廃止。代わりにオプションで「1回10分かけ放題」「60分まで無料」が選べる

UQモバイル新プラン通話オプション

「新プラン」では、「無料通話」は廃止されました。
代わりに、オプションで「1回10分かけ放題」「60分まで無料」が選べます。

  1. 旧プランの「おしゃべりプラン」の5分かけ放題が、700円/月で「10分かけ放題」のオプションに。
  2. 旧プランの「ぴったりプラン・S」の「60分無料通話」相当分が、500円/月のオプションに。

上記オプションをつけない場合は、「20円/30秒」の通話料がかかります。
※月に13分以上の通話をされる方は、「通話パック(500円)」のほうがおトクになります。

 

1ヶ月目~30ヶ月目の基本利用料を「新プラン」「旧プラン」で比較

1ヶ月目~30ヶ月目の基本利用料を「新プラン」「旧プラン」で比較します。
※プランLは新設のため、比較は出来ません。

「新プラン」は通話無料はないため、「基本料金だけ」と、月に60分無料になる「通話パック(500円)を追加」したものを記述しています。

 UQモバイル「プランS」の月ごと基本利用料、新・旧プラン比較UQモバイル「プランS」の月ごと基本利用料、新・旧プラン比較
UQモバイル「プランM」の月ごと基本利用料、新・旧プラン比較UQモバイル「プランM」の月ごと基本利用料、新・旧プラン比較

※「家族割」などの割引を入れないケースのグラフです。

「新プラン」は、プランS・Mとも、通話料別途なら、14ヶ月目以降値下げとなっていますね。

ただし、「通話パック」を追加した場合、13ヶ月目までは値上げ14ヶ月目以降値下げとなっていますね。

比較は難しいところですが、

  1. 「旧プラン」は、更新月以外で解約すると、違約金9,500円発生
  2. 「新プラン」は、端末代金は正規料金(「マンスリー割」なし)

という費用がそれぞれに発生します。

Take
Take
長期に利用する場合、「新プラン」のほうがおトクになると思われます。

 

なお、この料金プランの内容は、2019年9月12日に発表された資料に基づいています。
今後、新たな施策で「割引キャンペーン」などが展開される可能性もあります。

 

新プラン料金、家族割適用・未適用/通話オプション込み・なし、ごとの料金早見表。

■UQ家族割(-500円)適用する場合

料金プラン データ容量 基本料金/月(税抜) 60分/月無料通話付(税抜)
(+500円)
1回10分無料通話付(税抜)
(+700円)
スマホプランS+UQ家族割 3GB 1,480円 1,980円 2,180円
スマホプランM+UQ家族割 9GB 2,480円 2,980円 3,180円
スマホプランL+UQ家族割 14GB 3,480円 3,980円 4,180円

※UQ家族割(-500円)は「子回線(2回線目以降)」に適用されます。「親回線」には適用されません。

■1人で利用する場合(家族割未適用)

料金プラン データ容量 基本料金/月(税抜) 60分/月無料通話付(税抜)
(+500円)
1回10分無料通話付(税抜)
(+700円)
スマホプランS 3GB 1,980円 2,480円 2,680円
スマホプランM 9GB 2,980円 3,480円 3,680円
スマホプランL 14GB 3,980円 4,480円 4,680円

 

気になる「端末料金」は、やっぱり高くなる?

マンスリー割は廃止。支払方法は36回払いが追加。マンスリー割は廃止。支払方法は36回払いが追加。

分離プランのため、端末料金は定価(割引はなし)の可能性が高いです。

今のところ、UQ公式ページではこれ以上の情報がないため、今後の情報に期待ですね。

 

「新プラン」で変更される部分・継続される部分を解説

Take
Take
では、まずは気になる「変更される部分」を見ていきましょう。

終了するサービス・キャンペーン

2019年9月30日をもって新規受付を終了。
なお、現在適用中の人は、2019年10月1日以降も継続して利用出来ます。

  1. マンスリー割(スマホ購入に対する割引)
  2. 増量オプション2年間無料キャンペーン(「増量オプション」の仕組み自体を廃止?)
  3. DIGNO Phone メール無料キャンペーン
  4. (おそらく)イチキュッパ割
  5. (おそらく)スマトク割・長期利用割引

終了するプラン

2019年9月30日をもって新規受付を終了。
なお、現在契約中の人は、2019年10月1日以降も継続して利用出来ます。

  1. おしゃべりプラン/ぴったりプラン
  2. 音声付プラン(データ高速+音声通話プラン/データ無制限+音声通話プラン)
Take
Take
ネット通信だけの「データ高速プラン・データ無制限プラン」は10月以降も、新規受付を継続するみたいですね。

MNP転出手数料が、全ての期間で均一価格になる

MNP転出手数料が、全ての期間で均一価格にMNP転出手数料が、全ての期間で均一価格に

そのほかの変更点として、MNP転出手数料が、全ての期間で3,000円に改定されます。

 

継続するサービス・キャンペーン

新プランの「スマホプラン」にも継続して適用されるサービス・キャンペーンは以下の通りです。
(現在、分かっている分)

  • ギガMAX月割(UQスマホ+WiMAXルーターのセット割)
  • UQ家族割
  • データ消費ゼロの「節約モード」
  • データ容量の消費順(くりこし分→月間データ容量→追加購入データ)

 

今、UQモバイルに契約している人も「新プラン」に移行可能!ただし条件あり!

今、UQモバイルに契約している人も「新プラン」に移行可能です。
ただし、以下の条件があります。

  1. おしゃべりプラン/ぴったりプラン:1回目の満了月(25ヶ月目)より可能
  2. 音声付プラン:最低利用期間(12ヶ月)の満了日が属する月より

※料金プラン変更時に契約解除料はかからない
※マンスリー割、スマトク割、長期利用割引は適用終了

 

まとめ

「UQモバイルの新プランが発表!旧プランの比較と、変更部分・継続部分を解説」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. 基本使用料は、新プランだと、2年目以降の金額アップがない。
  2. 新プランは、いわゆる「2年縛り」なし。いつでも解約は可能。
  3. 分離プランになるため、実質端末代金は上がってしまう可能性が高い

と、なります。

これからもUQモバイルを検討されている方に、UQモバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

ABOUT ME
Take
Take
実際に格安スマホのUQmobileに乗り換えて携帯代を削減した夫婦が、メリット・デメリット、キャンペーンや乗り換え方法などを徹底解説!スマホで損しない賢い方法を発信します!
当サイト限定!UQモバイルキャンペーン!

UQモバイル 5,000円キャッシュバック&3,300円事務手数料タダ

「UQモバイルマニア」からUQモバイルキャンペーンページにて申し込みをしていただくと、5,000円キャッシュバックと、3,300円事務手数料(初期費用)が無料になります。

同じ「UQモバイル」に申し込みをするなら、キャンペーンに参加して、キャッシュバックなどの特典を利用しましょう!(対象は「Androidスマホ」を同時購入、もしくは「SIMカードのみ」購入)

キャンペーン内容キャンペーンページ

こんな記事もおすすめ♪