サービス

UQモバイルのWi-Fiスポット!カフェでも使える「ギガぞうWi-Fi」を最大限使いこなす方法

UQモバイルでもWi-Fiスポットが利用できる!カフェでも使える「ギガぞう」を紹介
Take
Take
こんにちは!UQモバイルマニアのTakeです!

今日は、UQモバイルのWi-Fiスポット「ギガぞうWi-Fi」について解説しますよ。

Saki
Saki
UQモバイルのオプションで、「ギガぞうWi-Fi」っていうのがあるんだけど、コレって何?
Take
Take
Wi-Fiスポットが使えるアプリだよ。
Take
Take
ギガぞう専用のWi-Fiで、カフェや駅、飲食店などでWi-Fiが使えるんだ。

外出中に、Wi-Fiが使えることで、UQモバイルのデータ容量が節約出来ますよ。

この記事で分かること(1)
  1. 「ギガぞうWi-Fi」をオススメできる人詳細>
  2. 「ギガぞうWi-Fi」ってそもそも何? 詳細>
  3. 「au ID対応プラン」と、他のプランの違い。詳細>
  4. 「ギガぞうWi-Fi」の使えるエリア詳細>
  5. 「ギガぞうWi-Fi」のセキュリティ詳細>

また、「ギガぞうWi-Fi」は、意外とコスパが高いサービスなのです。

この記事で分かること(2)
  1. 「ギガぞうWi-Fi」を最大限「上手に格安で」使いこなす方法詳細>

も後半で、解説しますよ。

さらに、使い始める際に、どうしても気になること。

この記事で分かること(3)
  1. 「ギガぞうWi-Fi」は解約出来る?詳細>
  2. 有料プランと無料プランの違い詳細>

を最後に抑えておきましょう。


\ ↓当サイトから申し込むと↓ /
最大6,000円キャッシュバック端末割引も♪


\ キャンペーン詳細や申込方法は /
こちらを確認!

この記事の目次

ずばり「ギガぞうWi-Fi」利用におすすめの人はコレ!

 ギガぞうがオススメできる人「ギガぞう」は、外出中にネットをする人にオススメできる

最初に、「ギガぞうWi-Fi」をオススメできる人と、オススメ出来る使い方をご紹介します。

ギガぞうWi-Fiは・・・

  1. カフェなどで、パソコンを使って仕事をする人が、一番恩恵を受けやすい(いわゆる「ノマドワーカー」)
  2. カフェによく行き、スマホでネットをする人も、恩恵が大きい
  3. 通勤・通学「ギガぞう」対応エリアの電車に乗る人は、乗車時における、時間の使い方が変わるかも。
  4. 家族でUQモバイルに入っている人は、少ない費用で、データ容量の節約が可能

それはなぜなのか?
上4つを踏まえた上で、見ていきましょう。

目次に戻る

 

「ギガぞうWi-Fi」とは、「Wi-FiスポットのUQモバイル版」のこと。

「ギガぞうWi-Fi」は、auやドコモ、ソフトバンクにある「Wi-Fiスポット」のようなもの

「ギガぞう」は「Wi-FiスポットのUQモバイル版」「ギガぞう」は「Wi-FiスポットのUQモバイル版」と考えよう。

では、最初に「ギガぞうWi-Fi」って何なのかを解説します。

名前からは、少しイメージがしにくいと思いますが、ざっくり言うと・・・

  1. auなら「au Wi-Fiスポット」
  2. ドコモなら「docomo Wi-Fi」
  3. ソフトバンクなら「ソフトバンクWi-Fiスポット」

と呼ばれるサービスと同じです。

Take
Take
どこかで聞いたことがあるのでは?

お店の入口に、上の画像にある「auマーク」や「犬のマーク」が貼っているのを見かけたことがあると思います。

それがまさに「Wi-Fiスポット」です!

「Wi-Fiスポット」とは、auの場合、「カフェなどで、au専用のWi-Fiを使って、ネットに接続できるサービス」のことです。

「ギガぞうWi-Fi」は、ひとまず、「Wi-Fiスポット」というサービスの「UQモバイル版」と思っていただければOKでしょう。

厳密には「ギガぞうWi-Fi」は、「株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)」が提供しているサービスなので、UQモバイルユーザー以外でも利用することが出来ます。

 

「ギガぞうWi-Fi」は、オプションとなり、月額350円必要になる

ギガぞうはオプションで月額料金があるギガぞうはオプション。月額料金が必要になります。

「ギガぞうWi-Fi」は月額350円のオプションとなります。

今までは、463円からのオプションでしたが、2019年7月に新プランがスタートしました。
新プランでは、機能面はそのままで、オプション料金が値下げされました。

月額350円のプランは、

スタンダードプラン for UQ mobile au ID対応プラン

と呼ばれます。

 

「ギガぞうWi-Fi」に、150円で「スマホ1台だけ」利用できるプランが誕生。

また、2020年1月15日から、スマホ1台限定利用で、月額150円で利用できるプラン「スマホ専用プラン」が誕生しています。

ただし、PC・タブレットも含めて「5台まで」使える「スタンダードプラン」のほうが、利用機会が格段に増えると思います。

Take
Take
ご自身の利用機会をイメージして、「スマホ専用プラン」「スタンダードプラン」のどちらかをチョイスしてくださいね。
この記事では、350円で5台使える「スタンダードプラン」を前提に書いています。

 

「ギガぞうWi-Fi」は、永久的に無料の「フリープラン」もある!

UQモバイル向けの「ギガぞうWi-Fi」には、「フリープラン」というものがあり、永久的に無料で利用することも可能です。

当然、「フリープラン」は出来ることに制限があります。
有料のプランと、無料のプランの比較はこちらから。

目次に戻る

 

au ID対応プラン(新プラン)と、従来プラン(旧プラン)の違いについて

ギガぞうauID対応プランと、旧プランの比較新プランでは、月額料金が安くなった!

2019年7月1日時点では、ギガぞうWi-Fiの申込方法は、2タイプあります。

  1. スタンダードプラン for UQ mobile au ID対応プラン
  2. スタンダードプラン for UQ mobile

価格は、

  1. UQ mobile au ID対応プラン350円/月
  2. for UQ mobile:463円/月~

となっています。

「UQ mobile au ID対応プラン」が新プラン、「for UQ mobile」が旧プランとなります。

Saki
Saki
なぜ、「au ID対応プラン」は安いの?機能に違いはあるの?
Take
Take
機能に違いはないよ。
支払い方法が「auかんたん決済(※)」に限定されるんだ。
(※)「auかんたん決済」は、ギガぞうの利用料を「月々の、UQモバイルへの支払料金にまとめる」ことが出来るサービスです。

今までは「ギガぞうWi-Fi」はオプションと言っていましたが、仕組みは「他社のサービスがUQモバイルでも使える」ような扱いでした。
そのため、利用料金は、「ギガぞうWi-Fi」アプリに対して、支払っていた感じです。

今回、新しくスタートしたプランは、利用料金は、「UQモバイルの電話代にプラスされる」ので、本当の(?)「UQモバイルのオプション」という感じになりましたね。

UQモバイルは、2019年7月現在、「au ID対応プラン」を全面に押し出しています。
今までのプランは、縮小し、次第に無くなっていくのではないでしょうか。

旧プランは、

  1. クレジット決済:463円/月(税込500円/月)
  2. iTunes Store決済:463円/月(税込500円/月)
  3. Googleウォレット決済:500円/月(税込540円/月)

の3種類があります。

目次に戻る

 

「ギガぞうWi-Fi」が使えるエリア(場所)も、多くなっている!

スターバックス・ドトール・タリーズコーヒーなどの有名カフェチェーン店でWi-Fiが使える

出典)ギガぞう

「ギガぞうWi-Fi」では、スターバックス・ドトール・タリーズコーヒーなどの有名カフェチェーン店でWi-Fiを利用することが出来ます。

上の画像は、ギガぞうWi-Fiの「スタンダードプラン」で利用できるチェーン店の一例です。

有名カフェチェーン店以外でも、サブウェイや、モスバーガーなどのファーストフード店も対象になっていますね。

Take
Take
上の画像の中にはないけど、「マクドナルド」も利用できるところが多いですよ。

 

東海道・山陽・九州新幹線の車内で「ギガぞうWi-Fi」が使える

東海道・山陽・九州新幹線の車内で、Wi-Fiが使える東海道・山陽・九州新幹線の車内で、Wi-Fiが使える

「ギガぞうWi-Fi」では、東海道・山陽・九州新幹線の車内(一部※)でも利用することが出来ます。

東京・大阪移動中の2時間半も、Wi-Fiが使えるので、データ量の消費が抑えられますね。

(※)使用可能な車両は順次増加し、2020年3月までに全列車で、利用可能になる予定、だそうです。

 

JRや私鉄の一部の駅や、電車内でも「ギガぞうWi-Fi」が使える


出典)ギガぞう

「ギガぞうWi-Fi」では、新幹線車内以外に、JRや私鉄の一部の駅でも利用することが出来ます。

Take
Take
僕が住んでいる大阪市の北側エリアでは、「ギガぞうWi-Fi」につながった駅が多かったですよ。

さらに、一部の電車内でも利用することが出来ます。

  1. 特急電車の一部
  2. JR西日本・関東圏の私鉄など一般車両の一部
Take
Take
大阪にある「大阪環状線」の新型車両と、「関空快速」の車両にも、「ギガぞうWi-Fi」が導入されているとのこと!これはウレシイ!
Take
Take
東京でも、京王電鉄や京成電鉄などで、「ギガぞうWi-Fi」が導入されているようですね!

電車内で、Wi-Fiにつながるなら、データ容量の大幅な節約に繋がりますね!

ギガぞうWi-Fiの詳しい対応エリアは、公式ページにてご確認ください。

ギガぞう公式HPに書かれている「主なWi-Fiスポット」はこちら >

UQモバイルマニアでは、「ギガぞうWi-Fi」の通信速度を調査しました。
また、パソコンで「ギガぞうWi-Fi」を使ったときの使用感を動画にしています。
合わせてご確認ください。

UQモバイル「ギガぞう」の通信速度は早い?動画付き測定結果を公表。他社との比較も。
UQモバイル「ギガぞう」の通信速度。スタバ・駅・新幹線車内・マックで測定!他社との比較も。UQモバイルの「ギガぞう」の通信速度を測定。カフェ・駅・飲食店ごとに結果を公開。また、パソコンでギガぞうを使った時の「使用感」を動画にしました。ワイモバイルのWi-Fiスポットとの比較も。...

 

「オプションエリア」でさらに使えるエリアを広げることも可能。

 ギガぞうのオプションエリア一例ギガぞうのオプションエリア一例(「オレンジ」がオプションエリア)

「ギガぞうWi-Fiのスタンダードプラン」では、「フリーエリア」と「スタンダードエリア」で利用することが出来ます。

しかし、他に「オプションエリア」というエリアもあるのです。
そのエリアは、別途料金が発生してしまいますが、使えるエリアはさらに広がります。

ただ、スタンダードプランのエリアで、有名カフェチェーン店をカバーしているので、必要になる機会は少ないと思います。

利用可能なSSID(ネットワーク)は

  1. Wi2premium
  2. Wi2premium_club

以上の2つです。

オプションエリアはチケット制で、事前に購入します。

1チケット120円(24時間利用が可能)

チケットの有効期限は、購入日から6ヶ月後までとなっています。

利用方法は、チケットを購入した後、

  1. 「Wi-Fiエリアオプション」の「オプションエリアチケットを利用する」に進む
  2. 該当画面で「利用する」ボタンを押した時点から24時間利用が可能

となっています。

目次に戻る

 

「ギガぞうWi-Fi」は、セキュリティが高い「Wi2eap」で接続。もちろん暗号化済み。

 高セキュリティ「Wi2eap」セキュリティが高い「Wi2eap」で接続されるので、安心!

「ギガぞうWi-Fi」では、Wi-Fiの利用ニーズの高い飲食店を中心に、「Wi2eap」という、セキュリティの高いWi-Fiで接続しています。

僕が計測した「スターバックス」「ドトールコーヒー」「タリーズコーヒー」の4店舗では全て「Wi2eap」のWi-Fiで接続していました。

この「Wi2eap」は、キャリアWi-Fiと同等レベルのセキュリティ(暗号化技術)があるとのこと。

ちなみに、「Wi2eap」の暗号化形式は「WPA2エンタープライズ」と呼ばれるものです。

パソコン・スマホで、「ID」や「パスワード」を入力する時、暗号化されていないと、外部から抜き取られる可能性があります。
「Wi2eap」だと、強力なセキュリティ(暗号化技術)があるので、安心して使えますね。

目次に戻る

 

「ギガぞうWi-Fi」1契約で、5台まで同時利用が可能。だから、使い勝手が良い!

1契約で、5台まで利用できる!1契約で、UQのスマホ+タブレット・パソコンで合計5台までOK。

「ギガぞうWi-Fi」は1契約で、5台まで同時利用が出来ます。
Wi-Fiに接続できる機器なら、なんでもOKです。

組み合わせの一例を挙げましょう。

  1. UQモバイルのスマホ
  2. Wi-Fi機能だけのタブレット
  3. ノートパソコン

この3台を「ギガぞうWi-Fi」で使うことは、もちろんOKですね。

 

ところで、こんな疑問を持つ方もいると思います。

Saki
Saki
タブレットやパソコンで利用する時に、1台ずつUQモバイルのSIMカードを契約しないといけないの?
Take
Take
契約する必要はないよ。

タブレット・パソコンそれぞれに、UQモバイルのSIM契約は必要ありません。

UQモバイルに契約した1人(1アカウント)に対して、5台の機器を利用することが出来ますよ。

しかも、使える範囲はかなり広いのです。
それは、次の項目から解説しますね。

スマホは、UQモバイルで契約している端末以外でも使える!

 ギガぞうは、UQモバイル以外のスマホも使えるイメージ画像ギガぞうは、UQモバイル以外のスマホも使える!

「ギガぞうWi-Fi」はUQモバイルが運営しているWi-Fiスポットではありません。

「株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)」が提供しているサービスを、UQモバイルユーザー向けに、カスタマイズしているものです。

そのため、「UQモバイル端末しか使えない」という制約は、ありません。

なので、スマホもUQモバイルで契約しているスマホだけでなく、他社のSIMカードを挿入しているスマホでも使えるのですよ!

Take
Take
実際にマイネオのSIMカードを挿入しているスマホで試しました。
普通に「ギガぞう」は使えましたよ!
マイネオ回線のスマホでも「ギガぞう」が使えるマイネオ回線のスマホでも「ギガぞう」が使えた!
Take
Take
また、「auID対応プラン」でも試しました。
「auID」と書かれているプランですが、マイネオのSIMカードを挿入しているスマホでも、使えました!

 

家族で、UQモバイルに入っている場合は、1人だけオプション契約をして、残り4台分を家族で使い回すことも可能

ギガぞうは、1家族で使い回すことも可能イメージギガぞうは、1家族350円で、使い回すことも可能!

「ギガぞうWi-Fi」は、1契約につき5台まで使えます。

ですので、例えば、家族でUQモバイルに入っている場合、
家族分すべてを「オプション契約」する必要はないのです。

家族の内、1人だけオプション契約します。
すると、残り4台分を家族内で使い回すことも出来るのです。

つまり、「1家族350円で、ギガぞうWi-Fiを使いまくる」ことも出来るんですよ!

「ギガぞうWi-Fi」は、意外と経済性に優れているサービスなんですね。

 

UQモバイルユーザーへの特典あり!初めて申し込む場合は、最大4ヶ月無料(「au ID対応プラン」の場合)

ギガぞうは最大4ヶ月無料イメージギガぞうは最大4ヶ月無料!(auID対応プランの場合)

「ギガぞう」はUQモバイル向けの他に、単独のアプリ、BIG SIM向けがあるようです。

その中で、UQモバイルユーザー向けには、最大4ヶ月スタンダードプランが無料で使える、という特典があります。(「au ID対応プラン」の場合)

最大4ヶ月は、「申込月+3ヶ月」です。
申込月は、月初に申し込むと、無料期間が長くなるのでオススメです。
Take
Take
僕は、2019年7月1日に申し込んだので、2019年10月末までは無料だよ。(2019年11月からは有料になります)
なお、旧プランの「クレジット決済」でも、最大4ヶ月無料になります。
クレジットカードは、UQモバイルで申込をしたカードでなくても大丈夫。別のカードでもOKです。
他に、iTunes Store決済、Googleウォレット決済でも可能です。
ただし、この場合は、無料期間が登録日から3ヶ月間となります。
Take
Take
なお、解約は、面倒な手続きなしで、行うことが出来ますよ。

目次に戻る

 

「ギガぞうWi-Fi」有料サービスを解約(フリープランにする)には?

「最初に無料期間があって、期間を過ぎると自動的に有料になるサービス」って、何となく躊躇しますよね~。

無料期間使って、やっぱり「いいわ~」と思った時、「解約しやすいのか」が気になると思います。

「ギガぞうWi-Fi」の解約は、「解約ボタン」をクリックするだけで、解約が完了しますよ。
また、その画面への行き方も、分かりやすいです。

「マイページ」か「アプリ」で有料サービスを解約することが可能

ギガぞうの「マイページ」か「ギガぞうアプリ」で有料サービスを解約することが出来ます。

この記事では「ギガぞうアプリ」での解約方法をご紹介します。

「マイページ」でも、解約手続きは同じです。
ギガぞうの解約手続きの手順01

メニュー画面の「有料サービスの解約」をタップ

 

ギガぞうの解約手続きの手順02

注意事項を読んで、「有料サービスを解約する」をタップ。

以上です。

Saki
Saki
あら、解約もカンタンに出来るのね。

 

解約についての注意点

解約についてですが、以下の条件となります。

  1. 日割りはなし
  2. 解約申込をしても、月末までは利用できる

以前は、旧プランのクレジットカード払い以外は、解約料(?)1ヶ月分が必要でした。
しかし、2019年10月現在、どのプランでも、解約料は不要になっています。

実際に解約してみましたが、350円を請求されることはありませんでした。


 

実際には、ギガぞうWi-Fiの解約ではなく、「フリープラン」へのプラン変更となる

ギガぞう:フリープランへの変更今行っているのは、「スタンダード」から「フリー」への変更

ここでの「解約」は、「有料サービスの解約」となります。
有料サービスを解約しても、「フリープラン」として「ギガぞうWi-Fi」は引き続き利用することが出来ます。

なお、「ギガぞうWi-Fi」は、UQモバイルを解約するまでは使うことが出来ますよ。

Take
Take
では、有料サービスを終了させるとどうなるのか。
有料プランと、無料プランの違いについて解説しますよ。

目次に戻る

「ギガぞうWi-Fi」有料(スタンダードプラン)と無料(フリープラン)の違い

一番大きいのは、利用できるエリアが全然違う

ギガぞうのスタンダードプランから、フリープランへの変更「フリープラン」では、カフェ・駅でWi-Fiスポットが使えなくなる。

無料(フリープラン)は、「Wi2eap」「0000Wi2」というネットワークが利用できません。

「ギガぞうWi-Fi」では、有名カフェチェーン店がほとんど「Wi2eap」エリアとなっています。
カフェが使えないと、使えるエリアは限られてしまいますね。

また、色々な箇所を測定しましたが、鉄道の駅の多くは、「0000Wi2」で接続されています。(一部「Wi2eap」もあり)
フリープランは「0000Wi2」も使えないので、駅でもWi-Fiに接続することが出来ません。

フリープランでも、スタバ・マクドナルドは利用出来る!

フリープランでも、スタバ・マクドナルドは利用出来る!フリープランでも、スタバ・マクドナルドは利用出来る!

ただし、フリープランでも、「スターバックス」と「マクドナルド」は利用出来ます。

  1. 「マクドナルド」は元々「Wi2eap」ではなく、「mobilepoint」というネットワークを使用
  2. 「スターバックス」「Wi2eap」以外に「Wi2_blub」というネットワークも使用

「mobilepoint」「Wi2_blub」はフリープランでも利用出来ます。
そのため、フリープランでもスタバ・マクドナルドは利用可能です。

フリープランの場合、スタバは違うネットワークにつながる

 

アプリ経由のフリーWi-Fi暗号化や、LTEデータの圧縮機能も無くなる

また、この記事では大きく書いてはいませんが、

  1. アプリ経由のフリーWi-Fi暗号化
  2. LTEデータの圧縮機能

も有料(スタンダードプラン)では利用することが出来ます。

この2つも、無料(フリープラン)は無効となり、利用することが出来ません。

 

Take
Take
「ギガぞうWi-Fi」について、もっと知りたい方はこちらの記事も。

UQモバイルマニアでは、「ギガぞうWi-Fi」の通信速度を調査しました。
また、パソコンで「ギガぞうWi-Fi」を使ったときの使用感を動画にしています。
合わせてご確認ください。

UQモバイル「ギガぞう」の通信速度は早い?動画付き測定結果を公表。他社との比較も。
UQモバイル「ギガぞう」の通信速度。スタバ・駅・新幹線車内・マックで測定!他社との比較も。UQモバイルの「ギガぞう」の通信速度を測定。カフェ・駅・飲食店ごとに結果を公開。また、パソコンでギガぞうを使った時の「使用感」を動画にしました。ワイモバイルのWi-Fiスポットとの比較も。...

「ギガぞうWi-Fi」の申込方法や、スマホ・パソコンでの設定方法をまとめていますよ。

UQモバイル「ギガぞう・auID対応プラン」の申込方法を、画像付きで紹介
UQモバイル「ギガぞう・auID対応プラン」の申込方法を、画像付きで紹介2019年7月からスタートした、UQモバイルの「ギガぞう・auID対応プラン」の申込方法を画像を使って、ていねい解説しています。また、ギガぞうWi-Fiへの接続方法をスマホ・パコソン別に紹介しています。...

旧プランでの「ギガぞうWi-Fi」の申込み方法はこちら >

 

「ギガぞうWi-Fi」は「Wi-Fiスポット」以外にも、サービスがある。

「ギガぞうWi-Fi」には「Wi-Fiスポット」だけでなく、以下の機能もあります。

  1. アプリ経由ならフリーWi-Fiでも暗号化される(VPN)
  2. LTEデータを最大20%圧縮してくれる

「ギガぞうWi-Fi」の公式ページでは大きく書かれていますが、実際のところ分からないので、この記事ではさらっとだけご紹介しました。

 

ひとまず「ギガぞうWi-Fi」を試してみよう!

「ギガぞうWi-Fi」は初回は、最大4ヶ月間、無料で使えます。

もし、無料期間使ってみて、「いいや~」と思った場合は、
無料期間中に、有料サービスを解約すれば、一切金額が発生しません。

ですので、ひとまずは、「ギガぞうWi-Fi」を気軽に「試し使い」してもいいのではないでしょうか。

 

まとめ

「UQモバイルでもWi-Fiスポットが利用できる!カフェでも使える「ギガぞうWi-Fi」を紹介」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. 有名カフェチェーン店や、駅・電車内でWi-Fiが使える。
  2. 月350円のオプションサービスである。
  3. 最初は、最大4ヶ月間無料で利用出来るので、試してみよう!

と、なります。

これからもUQモバイルを検討されている方に、UQモバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

UQモバイルまとめ!
UQモバイル超まとめ!サクッと全体が分かります! >

UQモバイル メリット・デメリットメリット・デメリット!2年間使ったからこそ分かる良い・悪い >

UQモバイルに乗り換え完全ガイド
UQモバイルに乗り換え完全ガイド!分かりやすくを徹底 >

ABOUT ME
Take
Take
実際に格安スマホのUQmobileに乗り換えて携帯代を削減した夫婦が、メリット・デメリット、キャンペーンや乗り換え方法などを徹底解説!スマホで損しない賢い方法を発信します!
当サイト限定!UQモバイルキャンペーン!

UQモバイル iPhone・Xperia大幅割引・キャッシュバックも!

「UQモバイルマニア」からUQモバイルにて申し込みをしていただくと、最大6,000円キャッシュバックがあります!
さらに、iPhoneやXperiaも大幅割引キャンペーン実施中!

同じ「UQモバイル」に申し込みをするなら、キャンペーンに参加して、キャッシュバックなどの特典を利用しましょう!

キャンペーン内容

こんな記事もおすすめ♪