ワイモバイルとは

ワイモバイルの機種変更。損しないための変更時期は?手続方法・費用も分かりやすく

ワイモバイルの機種変更。損しないための変更時期は?手続方法・費用も分かりやすく
Take
Take
こんにちは!ワイモバイル大百科のTakeです!

今日はワイモバイルの「機種変更」について徹底解説しますよ。

Saki
Saki
もうすぐ2年が経つし、そろそろ新しい機種が欲しくなってきたわ~。
Take
Take
そうだね。バッテリーも減り具合が早くなってるし、動きも遅くなっているからね。

ワイモバイルの機種変更ですが、得をする時期・損をする時期があるのです!

機種変更するときも、できればムダな出費はしたくないですよね。
機種変更を「損しない」ために、いつ変更すればよいのか、シミュレーションしてみました。

また、機種変更時の費用や手続き方法も後半で確認しておきましょう。

それでは、見ていきましょう。

\ ↓ここから申し込むと↓ /
PayPay最大6,000円分
がもらえるので、オトク!


\ キャンペーン詳細や申込方法は /
こちらを確認!
(※ソフトバンクからの乗り換えは対象外)

【結論】26ヶ月目(更新月の3ヶ月目)に機種変更するのが、一番オトク!

 ワイモバイルでオススメの機種変更の時期

では、さっそくシミュレーション結果を発表します。

一番オトクになるのは、ずばり「26ヶ月目」でした!

Saki
Saki
26ヶ月目?更新月の3ヶ月目ね。

なぜか?

それを理解するために、

  1. データ増量オプションの無料期間
  2. スマホ代金の支払期間

この2つを理解する必要があります。

Take
Take
少し複雑になるのですが、これを抑えておくと、これからの理解が深まります。
「損をしない機種変更」を実現するために、ちょっとだけ頑張って!

 

「データ増量オプション無料期間」と「スマホ代金の支払い」を確認

ワイモバイルで、新規契約で同時にスマホ購入した場合の、「スマホ代支払」と「増量オプション無料」の期間「スマホ代支払」と「増量オプション無料」の期間を図にしてみた!

上の図は、「データ増量オプション無料期間」と「スマホ代金の支払い」を時系列で表した図です。

(1)データ増量オプション無料

ワイモバイルで、新規契約で同時にスマホ購入した場合の、「スマホ代支払」と「増量オプション無料」の期間(1)「データ増量無料オプション」に注目!

「データ増量オプション無料」は、新規契約の時、同時に加入すると、翌月から24ヶ月、オプション料金が無料になる、サービスですね。

例えば、2018年6月に新規契約していた場合は、2020年6月まで(25ヶ月目)までオプション料金が無料です。

また、契約した初月(2018年6月)も、オプション料金は無料になります。

Take
Take
つまり、実質、25ヶ月目までは、オプション料金は「無料」ということですね!

(2)スマホ利用代金と月額割引

ワイモバイルで、新規契約で同時にスマホ購入した場合の、「スマホ代支払」と「増量オプション無料」の期間(2)「スマホ利用代金+月額割引」に注目!

スマホ代金は、スマホ購入の2ヶ月目から25ヶ月目までの間、24回に分けて分割で支払います。
同時に、「月額割引」でトータルの料金から「割引」を行っています。

 

損しないために、機種変更すべき時期を確認しましょう!

26ヶ月目(更新月の3ヶ月目)に機種変更すると、ムダな費用の発生が抑えられる!

26ヶ月目(更新月の3ヶ月目)に機種変更すると、スマホ代金のムダな残債を支払う必要がなく、増量オプションの無料期間も途切れないのです。

ワイモバイルで、26ヶ月目で機種変更した場合の、「スマホ代支払」と「増量オプション無料」の期間26ヶ月目で機種変更した場合の、「スマホ代支払」と「増量オプション無料」の期間
Take
Take
ちょっと、これだけでは分からないと思いますので、次からの「損する変更時期」を見てから、もう一度見ていきます。

 

25ヶ月目までに機種変更すると、旧端末の「高い」残債を支払う必要あり

25ヶ月目までに機種変更すると、旧端末の「高い」残債を支払う必要があります。

では、まずは、24ヶ月目(更新月1ヶ月目)に機種変更をしたら、どうなるのでしょうか。

下の図をご覧ください。

ワイモバイルで、24ヶ月目で機種変更した場合の、「スマホ代支払」と「増量オプション無料」の期間24ヶ月目で機種変更した場合の、「スマホ代支払」と「増量オプション無料」の期間

注目は、(2)スマホ利用代金+月額割引です。

旧端末の「月額割引」が消滅するので、24・25ヶ月目の割引が無くなり、残債を余分に支払わなければなりません。

機種変更をすると、旧端末の「月額割引」は、機種変更をした前月で終了します。

例えば、賦払金1,500円で、月額割引1,200円だとすると、実質支払額は300円になりますね。

しかし、機種変更をすると、旧端末の月額割引は消滅するので、24・25ヶ月目は賦払金1,500円をまるまる支払うことになるんですね。

Take
Take
この場合だと、旧端末を「2,400円(1,200円×2ヶ月分)」無駄に支払っていることになりますね。

また、25ヶ月目(更新月2ヶ月目)に機種変更をしても、1ヶ月分、「高い」残債を支払う必要があります。

ワイモバイルで、25ヶ月目で機種変更した場合の、「スマホ代支払」と「増量オプション無料」の期間25ヶ月目で機種変更した場合の、「スマホ代支払」と「増量オプション無料」の期間

 

「データ増量オプション無料」も、旧端末分が短くなってしまうので、少しもったいない

機種変更をすると「データ増量オプション無料」も、新しい機種に対して、25ヶ月間無料になります。

つまり、旧端末での無料期間が途中で終了することになるのです。(上の図の(1)を参照ください)
実質、無料期間が短くなってしまうのです。

少し、もったいない感じはしますね~。

 

27ヶ月目以降に機種変更すると、増量オプションが有料になる期間がある

27ヶ月目に機種変更をしたら、どうなるのでしょうか。

下の図をご覧ください。

ワイモバイルで、27ヶ月目で機種変更した場合の、「スマホ代支払」と「増量オプション無料」の期間27ヶ月目で機種変更した場合の、「スマホ代支払」と「増量オプション無料」の期間

26ヶ月目からデータ増量オプションが「有料」になります。
月に余分に500円支払わなければいけません。

そのため、増量オプションが有料になる期間は、

  1. データ増量オプションの解約
  2. データ増量オプション500円を支払う

のどちらかを選択しなければいけません。

データ増量オプションを解約した場合、データ容量は、3分の2に減ってしまいます。

プランS:3GB→2GB
プランM:9GB→6GB
プランL:21GB→14GB

これは結構、痛いのではないでしょうか。

 

だから、26ヶ月目(更新月の3ヶ月目)に機種変更すると、ムダな費用の発生が抑えられる!

ワイモバイルで、26ヶ月目で機種変更した場合の、「スマホ代支払」と「増量オプション無料」の期間26ヶ月目で機種変更した場合の、「スマホ代支払」と「増量オプション無料」の期間

つまり、26ヶ月目(更新月の3ヶ月目)に機種変更すると、

  1. (1)データ増量オプションの前回無料分もフル活用出来た
  2. (1)データ増量オプションの無料期間も途切れない
  3. (2)スマホ代金はすでに支払っているので、高い残債を支払う必要がない(月額割引の消滅の影響を受けない)

となり、最もオトクに、機種変更が出来る時期になるのです。

Take
Take
ということで、損しないための変更時期は「26ヶ月目(更新月の3ヶ月目)」になりますね。

なお、このシミュレーションは、新規契約時にスマホと一緒に購入した場合、機種変更の時はどうなるかをシミュレーションしています。

ワイモバイルにSIMだけで乗り換えた場合は、旧端末のスマホ代金支払いに関しては、関係ありませんね。
いつ機種変更しても、「損する期間」はないと思います。

 

機種変更って、更新月以外は「違約金」を取られる?

ちなみに、「更新月に機種変更しないと、違約金が取られてしまう・・・」と思っている人も多いみたいです。

大丈夫です!機種変更は、更新月以外に行っても、違約金は発生しませんよ。

違約金(契約解除料)は、「ワイモバイルとの契約を辞める時」に発生する手数料です。

機種変更は「ワイモバイルとの契約を続ける」という意味なので、いつ行っても、違約金は発生しませんよ。

 

補足:料金の請求と支払いは「翌月」となる

利用料金は、翌月に請求・支払いとなることを表した図実際には、料金の請求と支払いは「翌月」

勘違いしやすいので、補足です。
利用料金は、翌月に請求されます。
口座振替をご利用の方は、請求された月の26日頃に引き落としされます。
(※クレジットカードの場合、支払日はクレジットカード会社指定日となります。)

スマホ代金は、2ヶ月目から支払期間となります。
スマホ代金も、翌月請求となるため、6月に契約した場合は、翌々月の8月から請求・お支払となりますよ。

Take
Take
それでは、次に、機種変更時に必要になる費用や、適用できる割引・注意点を見ていきましょう。

 

機種変更時の費用・適用できる割引・注意点を確認!

機種変更にかかる費用は3,000円+新しいスマホ代

機種変更にかかる費用は以下2点のみです。

  • 機種変更手数料:3,000円
  • 新しいスマホ代(一括・分割どちらも可能)
Take
Take
機種変更時の機種変更手数料は、どの携帯会社でも発生するから、仕方ないです・・・

 

「ワンキュッパ割」の再適用は無し。

1年目の月額料金が1,000円安くなる「ワンキュッパ割」の再適用はありません。
機種変更によって、再び1,000円割引になるわけではないのでご注意を。

Take
Take
「ワンキュッパ割」が適用されるは最初の1回だけなんです。

 

「月額割引」は機種変更後の機種にも適用。

「月額割引」は、機種変更時も適用されます。

ただし、割引額が新規契約よりも低くなる機種が多くあります。

Take
Take
具体的には、新規契約よりも割引額が500円低くなる機種が多いですね。

金額は随時変わるので、最新情報は、オンラインストアにてご確認ください。

 

データ増量オプションの無料期間は、2年間延長される

機種変更と同時に「データ増量オプション」に加入した場合、データ増量オプション料は2年間延長となります。

無料期間は、機種変更をした月から再スタートします。

Take
Take
2020年7月1日に機種変更しても、7月28日に機種変更しても、2020年7月分から、無料期間が再スタートしますよ。

なお、システム上、機種変更当月における、通常速度に戻す追加料金の割引は、My Y!mobileの確定前請求画面に反映されません。

心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、確定後は「割引」が反映されますので、ご安心くださいね。

Take
Take
それでは、最後に、機種変更の手続き方法を見ていきましょう。

 

機種変更の手続き方法を確認!

ワイモバイルの機種変更受付は、ネットと店舗

機種変更は、ワイモバイルのオンラインストアから申し込みができます。

また、リアル店舗でも機種変更が可能となっています。

ただ、リアル店舗だと、待ち時間が長くなりますよね。
1日仕事になってしまいます。

Take
Take
ネットなら、自分のお好きな時間に、スピーディーに、機種変更することが出来ますよ。

 

ワイモバイルの機種変更をネットで申し込む方法

 ワイモバイルのオンラインストアで機種変更する手順01

ワイモバイルの機種変更のページに行きます。

 

ワイモバイルのオンラインストアで機種変更する手順02

機種変更したい機種をクリック。

 

ワイモバイルのオンラインストアで機種変更する手順03

契約方法で「機種変更」を選択します。
すると、「My Y!mobileログイン」が表示されます。

「ログイン」をクリック。

 

ワイモバイルのオンラインストアで機種変更する手順04

「my Y!mobile」のログイン画面が表示されます。
電話番号とパスワードを入力してログイン。

 

ワイモバイルのオンラインストアで機種変更する手順05

ログインすると、契約中の電話番号が表示されます。確認しましょう。

「データ増量オプション」にチェックが入っていることを確認。

確認したら、「ご購入手続きへ」をクリック。

 

ワイモバイルのオンラインストアで機種変更する手順06

契約者情報(電話番号、連絡先、職業など)を入力。

機種代金の支払いを「クレジットカード」か「代引き」どちらかを選択。
(一括の場合は、一括払いの金額。分割払いの場合は、頭金の金額。)

「入力内容確認へ」をクリック。

 

ワイモバイルのオンラインストアで機種変更する手順07

入力内容の確認と、重要説明事項を確認したあと、「お申し込み」をクリックすると、申込み完了です!

Take
Take
お疲れ様でした!

 

まとめ

「ワイモバイルの機種変更。損しないための変更時期は?手続方法・費用も分かりやすく」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. 26ヶ月目に機種変更すると、ムダな費用の発生が抑えられる
  2. 25ヶ月目までに機種変更すると、旧端末の高い残債を支払う必要あり
  3. 機種変更は、ネットと店舗、どちらも可能

となります。

これからもワイモバイルを検討されている方に、ワイモバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

ABOUT ME
Take
Take
ワイモバイル大百科では、格安スマホのY!mobileに乗り換えようとお考えの方に、実際に利用している夫婦がリアルな情報を発信!メリット・デメリット、乗り換え方法や最新情報を徹底解説します♪