ワイモバイルとは

ワイモバイルで、無料通話10分だけで通話したい!アプリで対応が可能!かけ放題オプションの紹介も。

ワイモバイルで、無料通話10分だけで通話したい!アプリで対応が可能!かけ放題オプションの紹介も。
Take
Take
こんにちは!ワイモバイル大百科のTakeです!

ワイモバイルは「スマホベーシックプラン」に契約をすると、1回10分の無料通話がついています。

できれば、通話は全て無料で済ませたい!通話料は支払いたくないですよね。

そこで、無料時間だけで通話する方法を解説します。

また、1回10分だけではなく、24時間ずーーっと無料になるオプションもあります。
オプションの内容と、申込み方法を後半でご紹介します。

\ ↓ここから申し込むと↓ /
PayPay最大6,000円分
がもらえるので、オトク!


\ キャンペーン詳細や申込方法は /
こちらを確認!
(※ソフトバンクからの乗り換えは対象外)

1回10分の無料通話は、国内通話のみ。留守番電話の再生は対象外なので注意!

1回10分の無料通話は、国内通話のみ。留守番電話の再生は対象外1回10分の無料通話は、国内通話のみ。留守番電話の再生は対象外!

まず、最初に注意事項を確認しましょう。

1回10分の無料通話は、国内通話のみです。

また、ナビダイヤル(0570)・テレドーム(0180)・番号案内(104)などは、対象外になります。

そして、一番やってしまいそうなのが「留守番電話の再生」です。

実は、「留守番電話の再生(※)」は、無料通話の対象外になります!

※留守番電話センターに通話して、録音された内容を再生する時に、通話料が発生します。
Take
Take
留守電の再生は、無料通話対象外なのを知らなくて、聞いてしまったよ~。
ばっちり、20円/30秒の通話料取られてたよ・・・。

これは、僕の実体験です。皆様、気をつけてくださいね。

 

ワイモバイルの無料通話を時間内で収めるために、アプリを使う!

ワイモバイルの無料通話を時間内で収めるために、アプリを使う!無料通話を時間内で収めるために、アプリを使う!

ワイモバイルの無料通話時間は、10分です。

無料時間を超えると、30秒ごとに20円の通話料が別途かかります。

通話料を無料にするための対策としては、

  1. 無料通話で通話を終わらせたい!
  2. 無料通話終了の1分くらい前に、何らかの通知がある
  3. 無料通話終了になる手前で、自動的に通話が終了できれば、なお良し。

となりますよね。

実は、通話時間を確認・通話が終了させる「アプリ」があるのです!

Androidユーザーは、「通話時間タイマー」というアプリが便利!

通話時間を確認・通話を終了させるアプリでオススメなのが、「通話時間タイマー」です。

通話時間タイマー

指定の時間で、バイブによる通知や通話を終了してくれる「アプリ」です。

通話時間タイマーの使い方は、初期設定ならカンタンですよ。

初期設定は、通知機能は、「4分後に通知」となっています。

ワイモバイルは、10分まで無料なので、「9分後に通知」に変更しましょう。

通知機能の時間変更をタップ

基本設定にある、通知機能の「時間変更」をタップします。

 

時間を9分にして「設定」をタップして確定

時間を9分にして「設定」をタップして確定しましょう。

2019年11月現在、Google規約の変更により、標準は「通知機能」のみとなっています。(自己責任にはなりますが、「自動終話機能」も利用出来るようです。)

「通話時間タイマー」は、普通に電話をすると、自動的に起動。使い勝手が良い!

通話すると、自動的に通話時間タイマーが起動

普通に電話をするとアプリが起動し、「通知」と「通話の終了」をしてくれます。

また、相手によっては通話の終了が出来ない場合がありますよね。
その時は、通話中に「終話ボタン」をOFFにすると、「自動での通話終了」が解除されますよ。

通話時間タイマーの通話中の「終話設定」解除

なお、スマホによっては動作が不安定になったり、設定が必要になります。
詳しくは「Google Play」の「通話時間タイマー」のページをご覧ください。

「通話時間タイマー」アプリをダウンロード >

ただし、このアプリは、Androidのみ対応なんです。
iPhoneは対応していません。

iPhoneでは、iOSの使用上、電話アプリを他のアプリが管理することができないため、通話を終了させることができないそうです。

 

iPhoneユーザーは「通話タイマー」というアプリで代用できる!

iPhoneユーザーは「通話タイマー」というアプリで通話時間の経過を確認することが出来ます。

通話タイマー

「通話タイマー」は指定の時間になると、通知とバイブでお知らせしてくれます。

電話をかけるとカウントが始まり、指定した時間で通知があり、電話を切るまでバイプが続きます。

通話を自動で終了することは出来ませんので、手動で通話を終了します。

自動での終話は出来ませんが、バイブでの通知があるので、機能としては充分だと思いますね。

「通話タイマー」アプリをダウンロード >

「通話タイマー」の操作方法(連絡帳から選ぶ場合)

それでは、操作方法を見ていきましょう。(画像4枚)

通話タイマーを起動

「通話タイマー」を起動します。

 

 「通話タイマー」の操作手順01

アラーム(バイブ)を鳴らしたい時間を指定します。
「連絡帳」をタップします。

 

「通話タイマー」の操作手順02

通話したい人の名前をタップします。
選択した人の情報が出ます。「発信」をタップ

 

「通話タイマー」の操作手順03

電話番号の画面に戻るので、「通話」ボタンをタップします。
下側に表示される「発信」をタップして、通話開始になります。

設定した時間が来たら、バイブで知らせてくれますよ。

 

「通話タイマー」の操作方法(履歴から選ぶ場合)

一回、「通話タイマー」から電話した相手は、履歴から選ぶことが出来ます。
こちらのほうが、少しだけ手順は少ないです(画像2枚)

「通話タイマー」の操作手順04

「履歴」をタップします。
通話したい人の名前をタップします。

 

「通話タイマー」の操作手順03

そのあと、電話番号の画面に戻る→「通話」ボタンタップ→下側に表示される「発信」タップで、通話開始になりますよ。

Saki
Saki
無料通話を超えたときの通話料っていくらなの?
Take
Take
30秒ごとに20円だよ。(1分で40円。3分で120円)
Saki
Saki
無料通話を超えないように気をつけなくちゃ!

 

ワイモバイルでは、オプションで「国内通話かけ放題」が出来る!

通話時間・回数とも無制限!国内通話が、かけ放題の通話完全定額サービス!オプションで、国内通話かけ放題にすることも可能

ワイモバイルでは、オプションで、「国内通話かけ放題」にすることも出来ます。

「スーパーだれとでも定額」というオプションで、料金は、月1,000円です。

取引先に電話をかけるなど、1回10分では通話は終わらない方もいると思います。

そんな人は、「国内通話かけ放題」オプションも、検討してみては、いかがでしょうか。

Take
Take
格安スマホに乗り換えたいけど、「国内通話かけ放題」を使いたい場合は、「ワイモバイル」で一択ですよ!

「スーパーだれとでも定額」は「My Y!mobile」から申し込む

「スーパーだれとでも定額」は「My Y!mobile」から申し込むことが出来ます。

「スーパーだれとでも定額」申込みの手順01

「My Y!mobile」トップの「お手続き」にある、「オプションサービスの変更」をタップ。

 

「スーパーだれとでも定額」申込みの手順02

お申し込み可能なサービスの「サービスを探す」をタップ。

 

「スーパーだれとでも定額」申込みの手順03

サービスの中にある「だれとでも定額」の「加入」をタップ。

 

「スーパーだれとでも定額」申込みの手順04

概要が表示されるので、よく読んで「次へ」をタップ。

 

「スーパーだれとでも定額」申込みの手順05

確認画面が出ます。

「同意する」にチェックを入れて、「申込」をタップすると申込み完了です。

Take
Take
お疲れさまでした!

 

まとめ

「ワイモバイルで、無料通話10分だけで通話したい!アプリで対応が可能!かけ放題オプションの紹介も。」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. アプリを使って、無料通話終了1分前くらいで通知。通話時間経過を確認。
  2. 無料通話は、留守番電話の再生は対象外なので、ご注意を。
  3. 「スーパーだれとでも定額」オプションで、国内通話かけ放題も可能!

となります。

これからもワイモバイルを検討されている方に、ワイモバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

ABOUT ME
Take
Take
ワイモバイル大百科では、格安スマホのY!mobileに乗り換えようとお考えの方に、実際に利用している夫婦がリアルな情報を発信!メリット・デメリット、乗り換え方法や最新情報を徹底解説します♪