楽天モバイルとは

楽天Linkをていねい解説!基本から、実際使ってみて感じた注意点まで。

楽天Linkをていねい解説!基本から、実際使ってみて感じた注意点まで。
Take
Take
こんにちは!楽天モバイル研究所のTakeです!

今回は、楽天Linkの「基礎知識」と「実際使ってみて感じた、注意点」を解説していきますよ。

楽天Link:楽天モバイル公式の説明
Saki
Saki
「スーパーコミュニケーションアプリ」?
Take
Take
調べていくと、結構「奥が深い」アプリっぽいね~。

楽天Linkについての基本や、実際使ってみた時に感じた注意点など、多岐に渡りますが、ご紹介しますね。

この記事で分かる3つのポイント
  1. 「楽天Link」の基礎を理解する!詳細>
  2. 「プレフィックス電話」との相性がよろしくないみたい。詳細>
  3. SIMなしWi-Fiだけで通話が可能って本当なの?詳細>
最新情報

楽天モバイル、ついにiPhone6s以降(iOS14.4以降)で正式対応決定!(6/17)
アップデート方法・利用時の注意点など >


\ ↓当サイトから申し込むと↓ /
3ヶ月無料最大2万超ポイント還元も♪


\ 申込方法は /
こちらを確認!

この記事の目次

楽天Linkは、国内通話とSMSを「無料」で使うことが出来るアプリ

Rakuten Linkの説明Rakuten Linkの説明

「Rakuten Link(楽天リンク)」というアプリを使って、通話をすると、国内通話が無料になります!(他携帯会社・固定電話への通話も無料)

また、SMSも「発信を含めて」無料になります。

「Rakuten Link」以外で、通話をすると通話料金が掛かります(30秒22円)

 

楽天Linkにて無料通話をするには、楽天モバイル「UN-LIMIT」との契約が必要。

楽天Linkは、楽天モバイル「UN-LIMIT」との契約が必要。楽天Linkは、楽天モバイル「UN-LIMIT」との契約が必要。

「楽天Link」は楽天モバイルの専用アプリです。

「楽天Link」を利用するためには、楽天モバイルの「UN-LIMITプラン」に契約する必要があります。

「UN-LIMITプラン」については、下の記事にて。

「楽天UN-LIMIT Ⅵ」プラン内容をていねい解説。1回線目の定義とは。楽天リンクはデータ量にカウントされる?
「楽天UN-LIMIT Ⅵ」プラン内容をていねい解説。1回線目の定義とは。楽天リンクはデータ量にカウントされる?楽天モバイルの料金プラン「UN-LIMIT6」をていねい解説!パートナー回線での注意点や、気になる「1回線目の定義」も分かりやすく解説しています。他に「楽天リンク」はデータ量にカウントされるのかについてもご紹介。...

 

「楽天Linkアプリ」は自分だけがインストールすれば良い。相手は不要。

相手が「楽天Linkアプリ」を持っていなくても、通話が出来る。

相手が「楽天Linkアプリ」を持っていなくても、通話が出来る。相手が「楽天Linkアプリ」を持っていなくてもOK

音声通話が「通常の通話アプリ」ではなく「専用のアプリで通話」となると、こんなイメージがありませんか?

疑問に思う女性
疑問に思う女性
相手も「楽天Linkアプリ」を使っていないと、通話出来ないのでは?

LINE電話の場合、相手も「LINEアプリ」を持っていないと使えませんね。

しかし、「楽天Link」はLINEとは違い、相手が「楽天Link」を持っていなくても、通話が出来ます。

 

自分が「楽天Linkアプリ」で通話しても、相手は、普通の通話アプリに掛かる

 自分が「楽天Linkアプリ」で通話しても、相手は、普通の通話アプリに掛かる相手は、普通の通話アプリに掛かる

自分が「通常の通話アプリ」で通話した時は、相手も「通常の通話アプリ」に掛かりますよね。

同じく、自分が「楽天Linkアプリ」で通話しても、相手は「通常の通話アプリ」に掛かります。
また、相手は「通常の通話アプリ」で掛けてきたのか、「楽天Linkアプリ」で掛けてきたのかは分かりませんよ。

Saki
Saki
それなら、特別、何かを意識する必要はないのね!
Take
Take
うん、そうだね。
あえて言うなら、「楽天Link」から通話しないと、通話料がかかるので注意、ってことかな?

 

Android版楽天Linkは、楽天回線対応機種でないと、使えない可能性が高い!

楽天Linkは、楽天回線対応機種でないと、使えない可能性が高いです。

楽天Linkは、利用する端末で「SMS認証」が必要。

楽天Link:利用する端末で「SMS認証」が必要。楽天Link:利用する端末で「SMS認証」が必要。

Android版の楽天Linkを利用するには、一番最初に「SMS認証」が必要になります。

「SMS認証」が完了しないと、楽天Linkを使うことが出来ません。

「SMS認証」とは・・・
電話番号(SMS)に「認証コード」を送られるので、その「認証コード」を画面に入力。
コードが合っていれば「認証」される。

 

楽天回線対応機種以外は、「SMSが使えない」こともあるので、注意。

 楽天回線対応機種以外:「SMSが使えない」こともある楽天回線対応機種以外:「SMSが使えない」こともある

楽天Linkを最初に使う時、「SMS認証」が必要になりますが、対応機種でないと「SMSが使えない(受信できない)」場合が多いです。

そのため、楽天Linkを使うことが出来ません。

また、対応機種以外で通話をすると、「音質が悪い」「音声が途切れる」などの症状が出るようです。

Take
Take
やっぱり、対応機種で使うのが安心ですね・・・。

「楽天回線対応製品」を確認する(楽天モバイル公式) >

 

iPhone版楽天Linkの対応機種は、iPhone6s以降。

楽天Linkの対応機種:iPhone 6s以降に拡大!楽天Linkの対応機種:iPhone 6s以降に拡大!

楽天モバイルは、2021年4月27日から、iPhoneも「6s以降」が正式対応になりました。

そして、楽天Linkも、「6s以降が正式対応」になっています!

※iPhone 12/SE(第2世代)/11/XR/XS/X/8/7/SE(第1世代)/6sシリーズに対応。

実際に「iPhone SE(第2世代)」で試しました。

iPhone SE(第2世代)・楽天回線エリアで、楽天Link通話は、利用出来た!iPhone SE(第2世代)・楽天回線エリアで、楽天Link通話は、利用出来た!

iPhoneでも「楽天Link」は、不自由なく使えていますよ!(※対応機種のみ)

ただし、2021年7月6日から、仕様変更のため、一部に「機能制限」が設けられました。

機能制限の内容と注意点、対応策をご紹介します。

iPhone版楽天Linkを使ってみた!一部制限あるので、注意点と対策も解説。Android版との違いもご紹介。
iPhone版楽天Linkを使ってみた!一部制限あるので、注意点と対策も解説。Android版との違いもご紹介。iPhone版の楽天Linkについて解説。仕様変更で、一部に機能制限が導入されました。注意点と対策を解説します。後半では、iPhone版とAndroid版の違い、初期設定と認証方法もかんたんにご紹介しています。...
Take
Take
なお、「iPhone6」以前のiPhoneは、楽天Linkを利用することは、出来ません。
(※楽天モバイルを利用すること自体が、出来ません。)

 

「楽天Link」を「デフォルトの電話」のように出来るアプリが、最近開発された!

先程も触れましたが、「楽天Link」以外で、通話をすると通話料金が掛かります(30秒22円)。

しかし、間違って「楽天Link」以外で、発信してしまう危険性を、なるべく回避できる「アプリ」が開発されました。

それが、「Rakuten Linkサポーター」というアプリです。

「Rakuten Linkサポーター」の動き3段階「Rakuten Linkサポーター」の動き3段階

このアプリの特徴は、

間違って「通常の電話」で掛けてしまったら、自動的に「楽天Link」に移動し、「楽天Link」で掛け直しが出来る

というところです。

「通常の電話」も、「楽天Link」に転送出来るため、「楽天Link」を「デフォルトの電話」のようにすることが可能になりました。
(※ただし、対応はAndroid版のみ。)

実は、このアプリは楽天モバイル公式ではなく、楽天モバイルユーザーの有志により、開発された「応援アプリ」なのです。

「Rakuten Linkサポーター」については、以下の記事が詳しいですよ。

楽天モバイルの電話で「楽天リンクをデフォルト」にしたい!Rakuten Linkサポーターで実現!設定方法などを解説。
楽天リンクをデフォルトの電話にしたい!Rakuten Linkサポーターで実現!設定方法などを解説。楽天モバイルで「楽天リンクをデフォルトの電話」にしたい!これが実現できるアプリが「Rakuten Linkサポーター」です。アプリの初期設定や、使い方・注意点などを画像付きでご紹介します。楽天モバイルユーザーが作った「楽天モバイル応援アプリ」お試しください!...

 

Take
Take
ここからは、「実際使ってみて感じた注意点」を2点ご紹介します。

「楽天Link」と「プレフィックス電話」との相性はよろしくない?

「楽天Link」ですが、「mineoでんわ」などのプレフィックス電話との相性があまりよろしくないです。

「mineoでんわ」から「楽天Link」に電話すると、楽天モバイル側が「非通知設定」と表示される

プレフィックス電話から「楽天Link」に電話すると、楽天モバイル側が「非通知設定」と表示されてしまいます。(一部の電話で現象が出ます。)

 プレフィックス電話から「楽天Link」に電話をするプレフィックス電話から「楽天Link」に電話をする
「楽天Link」側は、「非通知設定」と表示「楽天Link」側は、「非通知設定」と表示

上の画像は、プレフィックス電話の一つである「mineoでんわ」から、「楽天Link」に電話をしているところです。

着信側である「楽天Link」の着信画面は、「非通知設定」となってしまいます。

 

「通常の通話アプリ」で電話をすると、楽天モバイル側も「番号が通知」される

プレフィックス電話ではなく、「通常の通話アプリ」で電話をすると、正常に通知されます。

標準の電話アプリから「楽天Link」に電話をする標準の電話アプリから「楽天Link」に電話をする
 「楽天Link」側は、発信者の番号(名前)が分かる「楽天Link」側は、発信者の番号(名前)が分かる

 

格安SIMを使っている人は、「プレフィックス電話」を使う。改善を望みたい。

マイネオや、LINEモバイルなど、格安SIMを使っている人は、1番目の「プレフィックス電話」を使っていると思います。(電話料金が安くなるから。)

「非通知設定」と表示されると、誰からの電話なのか、分かりません。
かなり不便ですね。

Take
Take
僕は「非通知設定」の電話は、絶対取らない!(・∀・)キリッ

このあたりは、改善を望みたいところです。

 

「楽天Link」は、「SIMなしWi-Fi」で通話が可能。ただし、起動後すぐに自動ログアウト。実質は通話不可。

「楽天Link」は「Wi-Fi Calling」という機能で、Wi-Fiだけで通話が可能(SIMカードは必要)。

「楽天Link」:「Wi-Fi Calling」という機能で、Wi-Fiだけで通話が可能(SIMカードは必要)「楽天Link」:「Wi-Fi Calling」という機能で、Wi-Fiだけで通話が可能(SIMカードは必要)

「楽天Link」は、「Wi-Fi Calling」という機能が使えるようです。

Saki
Saki
「Wi-Fi Calling」?初めて聞くわ!
Take
Take
僕も初めてだったので、調べてみたよ。

調べると「Wi-Fi Calling」について書かれた記事があったので引用させていただきます。

「Wi-Fi Calling」とは、Wi-Fiを使って通話やSMSの送受信をする機能です。
携帯電話の電波が届かなくても、Wi-Fiで接続できれば、普段使っている電話番号を使って通話の発信・着信ができます。

Take
Take
電波が届かない場所や、弱い場所でも、Wi-Fiがあれば電話が出来るよ、という機能みたいです。

Wi-Fi Callingでの通話の際の電話番号はSIMカードに登録されているものが使われるため、SIMカードを抜いた状態では、通話できません。

Take
Take
「電波が弱い場所を補完する」のが目的なので、SIMカードはやっぱり必要なのですね。

出典)Wi-Fi Calling とは(2つとも)

しかし、他社のスマホから、「SIMカードを外した状態の、楽天モバイル携帯番号」に電話をかけると、繋がりました!

 楽天モバイルSIMカードを外した状態(カードなし)

「楽天Link」で「SMS認証済み」の状態で、SIMカードを抜いています。
Wi-Fiは接続中です。

 

楽天モバイルSIMカードを外した状態(全体像)

上の写真のような感じで、「楽天モバイルのSIMカード」を抜いています。

 

楽天モバイルに電話を掛ける

他社携帯から、楽天モバイルに電話を掛けます。

 

SIMなし楽天モバイルに電話が掛かった。

すると、SIMなし状態でも、楽天モバイルの電話に掛かりました!

 

SIMなしでも、通話は快適。

実際に、電話で話しましたが、充分使えるレベルでした。
(画面では、ネットワーク品質は、「最適」になっています。)

Take
Take
ネットを見たら、「SIMなしWi-Fiで、電話がつながる」という記事がたくさんあったので、試してみました。

 

SIMなし状態で「楽天Linkアプリ」を起動すると、自動ログアウト。「SIMなしWi-Fiで、電話」は実際はムリ。

ただし、SIMを抜いた状態で、「楽天Link」アプリを起動すると、自動ログアウトします。

 「楽天Link」自動ログアウトする(SIMなしで起動)「楽天Link」自動ログアウトする(SIMなしで起動すると)

再度、ログインと、SMS認証が必要になるようです。

着信は、「楽天Linkアプリの起動」をすり抜けて「着信画面」に進みます。

しかし、発信は、必ず「楽天Linkアプリの起動」があるため、この時点で、強制的にログアウトされます。

よって、実際は、「SIMなしWi-Fiで、電話を使う」ことは出来ません。
(着信だけはいける。)

Take
Take
SIMカードが入っていない端末で、電話が掛けられるのは、本来おかしいですよね。
Saki
Saki
だけど、現在のシステムでは「SIMなしでも通話出来てしまう」状態・・・。
Take
Take
そこで、SIMカードが入っていない時は「起動時、強制ログアウトさせている」のだと推測されます。

なお、スマホ2台を使うと、ログアウトせずに、SIMなしWi-Fiだけで通話が可能です。

ただし、かなり裏技になるので、この記事では取り扱いません。

Take
Take
使えるのは、おそらくシステムのバグだと思います。
改修によって、今後、この裏技も使えなくなると思います。

 

「楽天Link」は、RCSを使って、通話をデータ通信に押し込んでいる(らしい。)

楽天Linkは、RCS規約に基づいて作られている楽天Linkは、RCS規約に基づいて作られている

なお、楽天Linkは、「RCS」という規約に基づいて作られています。

RCSとは、大雑把に言えば「SMSの代わり」となる規格です。

RCSにより、通話とSMSを、電話網ではなく、通常のデータ通信に押し込んでいるみたいです。
(データ通信と同じになるため、安価な料金で提供できるのだと、推測されます。)

 

「楽天Link」は、新しい技術を使っているので、今後もバージョンアップしていきそう。

「楽天Link」は、「Wi-Fi Calling」「RCS」といった新しい技術で作られています。

そのため、まだまだ「ベータ版」という感じです。

今後も、どんどん改良して、バージョンアップしていくと思います。

より良いアプリになっていくことを期待しています!

 

楽天モバイルを試してみよう!

楽天モバイル、iPhone6s正式対応!

ついに、楽天モバイルでも、iPhoneに正式対応することが決定しました!
(iPhone6s・iOS14.4以降)

プラン料金3ヶ月無料!

「1年無料」は終了しましたが、「3ヶ月無料」キャンペーン実施中です!

 

楽天モバイル、契約事務手数料0円

さらに、事務手数料(初期費用)3,300円も「0円」になっています!

Saki
Saki
これって、実質3ヶ月間タダって言うこと?
Take
Take
そうだよ。お試しにぴったりだよね。
1GB未満ならタダ!20GBを超えても2,980円で使い放題!

4ヶ月目以降も、「1GB未満」なら、引き続き「無料」で使えます!

 

楽天モバイルキャンペーン1208

しかも、今なら、楽天ポイント5,000ポイントをプレゼント!

だから・・・

乗換検討者
乗換検討者
「携帯会社の乗り換え」を検討されているけど、いきなりは怖い・・・。
「ひとまず、『新規で』試してみよう」かな・・・

という方にもぴったりですよ!

楽天モバイルのメリット・デメリット
メリット・デメリット!実際、使ったからこそ分かる良い・悪い >

楽天モバイルお試し(新規契約)
まずは気軽にお試し!新規契約・初期設定の方法を解説! >

楽天モバイルに乗り換え
楽天モバイルに乗り換え完全ガイド!分かりやすくを徹底 >

 

まとめ

「楽天Linkをていねい解説!基本から、実際使ってみて感じた注意点まで。」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. 楽天Linkは、国内通話とSMSを「無料」で使うことが出来るアプリ。
  2. 「プレフィックス電話」から、楽天Linkに掛けると、「非通知設定」と表示されるかも。
  3. 「楽天Link」は、SIMなしWi-Fiだけで通話が可能。ただし、すぐに自動ログアウトするので、実質は不可。

これからも楽天モバイルを検討されている方に、楽天モバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

ABOUT ME
Take
楽天モバイル研究所では、楽天ヘビーユーザーの夫婦が、第4のキャリア「楽天モバイル」を利用!メリット・デメリット、乗り換え方法やキャンペーンなど徹底解説します♪