サービス

UQモバイルはauのWi-Fiスポットは利用不可だが、代替サービスあり!エリアの比較などを解説。

UQモバイルはauのWi-Fiスポットは利用不可だが、代替サービスあり!エリアの比較などを解説。
Take
Take
こんにちは!UQモバイルマニアのTakeです!

今日は、UQモバイルでもauのWi-Fiスポットは使える?という質問に対して、解説しますよ。

Saki
Saki
auで契約していた時、「auのWi-Fiスポット」を利用してたけど、UQモバイルでも使えるの?
Take
Take
それでは、早速見ていきましょう。

UQモバイルは、「auのサブブランド」と呼ばれるように、「auのサービス」がそのまま利用出来ることも多いのです。

では、auのWi-Fiスポットは、UQモバイルに乗り換えても使えるのか
もし使えないなら、代替案は無いのか、について解説しますね。

最新情報

UQモバイル新プラン「スマホプランR」スタート!
10GB超過後1Mbps使用感と、楽天モバイルとの比較!>


\ ↓当サイトから申し込むと↓ /
10,000円キャッシュバック端末割引も♪


\ キャンペーン詳細や申込方法は /
こちらを確認!

この記事の目次

【さっそく回答】UQモバイルでは、auのWi-Fiスポットはない!しかし、同様の代替サービスがある!

au Wi-Fi Spotは使えないが、ギガぞうWi-FiがあるUQモバイルには「ギガぞうWi-Fi」がある

残念ながら、UQモバイルでは、「auのWi-Fiスポット」は利用することが出来ません。

しかし、「auのWi-Fiスポット」と同様の「Wi-Fiスポットが使えるサービス」があります。

それが、「ギガぞうWi-Fi」というサービスです。

 

「ギガぞうWi-Fi」とは、「Wi-FiスポットのUQモバイル版」のこと。

 「ギガぞうWi-Fi」は「Wi-FiスポットのUQモバイル版」のイメージ図「ギガぞうWi-Fi」は「Wi-FiスポットのUQモバイル版」と考えよう。

では、最初に「ギガぞうWi-Fi」って何なのかを解説します。

名前からは、少しイメージがしにくいと思いますが、ざっくり言うと・・・

「ギガぞうWi-Fi」=「Wi-FiスポットのUQモバイル版」のようなもの

と考えてください。

 

「auのWi-Fiスポット」と「UQモバイル(ギガぞう)」は、同じ会社が運営している

au Wi-Fiスポット・ギガぞうWi-Fiは、同じ会社が運営のイメージ図au Wi-Fiスポット・ギガぞうWi-Fiは、同じ会社が運営

「au Wi-Fiスポット」は、KDDIグループの「株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)」が提供しているサービスです。

そして、「UQモバイル(ギガぞう)」も実は、同社が提供しています。

つまり、「au Wi-Fiスポット」も「ギガぞうWi-Fi」も、同じ会社が運営しているサービスなんですよ。

Wi-Fiスポットも、「au」「UQモバイル」で、融和性が高いですね。

 

「ギガぞうWi-Fi」は、オプションとなり、月額150円もしくは350円必要になる

ギガぞうWi-Fiはオプションで月額料金があるギガぞうWi-Fiはオプション。月額料金が必要になります。

「ギガぞうWi-Fi」は有料のオプションとなります。

auの場合は、無料で利用することが出来ますが、UQモバイルでは有料のオプションとなります。

オプション料金は下の通りです。

  1. 150円(スマホ専用プラン・1台のみ)
  2. 350円(スタンダードプラン・5台まで利用可能)
Take
Take
UQモバイルは格安スマホ会社なので、付随サービスはオプションになることが多いですね。


なお、UQモバイル向けの「ギガぞうWi-Fi」には、「フリープラン」というものがあり、永久的に無料で利用することも可能です。

当然、「フリープラン」は出来ることに制限があります。
有料のプランと、無料のプランの比較は、後で解説いたします。

 

au/UQモバイル(ギガぞう)のWi-Fiスポットの、エリアでの比較

au独自のエリアは、UQモバイル(ギガぞう)でも使えるところが多い!

Wi2eapでauWi-Fiエリアの有名どころは使えることが多い、イメージ図auWi-Fiエリアの有名どころなら、使えることが多い

「au」のWi-FiスポットでメインになるSSID(ネットワーク)は、「au_Wi-Fi2」と「au_Wi-Fi」と呼ばれるものです。

これは「au回線を契約した人のみ」が使えるWi-Fiです。

Take
Take
つまり、UQモバイルに乗り換えると、「au_Wi-Fi2」「au_Wi-Fi」のWi-Fiが使えなくなるんですね。

ただし、「UQモバイル (ギガぞう)」では、「Wi2eap」というWi-Fiを利用すること出来ます。

この「Wi2eap」は、スターバックス・ドトール・タリーズコーヒーなどの有名カフェチェーンや、駅のホーム・車両の一部にも対応しています。

Take
Take
有名カフェチェーン店や、駅で使える、ということは
「auのWi-Fiスポット」対応エリアの有名どころは、「UQモバイル」でも使えることが多い、ということ!(有名カフェチェーン店を中心に。)

 

ギガぞうは、スターバックスなどの「有名カフェチェーン店」の他に、「マクドナルド」でも利用出来る

出典)ギガぞうWi-Fi

「ギガぞうWi-Fi」では、スターバックス・ドトール・タリーズコーヒーなどの有名カフェチェーン店でWi-Fiを利用することが出来ます。

上の画像は、ギガぞうWi-Fiの「有料プラン」で利用できるチェーン店の一例です。

有名カフェチェーン店以外でも、サブウェイや、モスバーガーなどのファーストフード店も対象になっていますね。

Take
Take
上の画像の中にはないけど、「マクドナルド」も利用できるところが多いですよ。

「auのWi-Fiスポット」だと、マクドナルドはエリア対象外だと思います。

それに対し、「UQモバイル」では、「mobilepoint」という、ソフトバンクが提供している公衆Wi-Fiを利用することが出来ます。
そのため、マクドナルドでも「Wi-Fiスポット」を利用することが可能です!

 

ギガぞうは、JR・私鉄の駅や、電車内でも使える(一部)


出典)ギガぞうWi-Fi

また「ギガぞうWi-Fi」では、JRや私鉄の一部の駅でも利用することが出来ます。

Take
Take
僕が住んでいる大阪市の北側エリアでは、「ギガぞうWi-Fi」につながった駅が多かったですよ。

さらに、一部の電車内でも利用することが出来ます。

  1. 東海道・山陽・九州新幹線の一部
  2. 特急電車の一部
  3. JR西日本・関東圏の私鉄など一般車両の一部
Take
Take
大阪にある「大阪環状線」の新型車両と、「関空快速」の車両にも、「ギガぞうWi-Fi」が導入されているとのこと!これはウレシイ!
Take
Take
東京でも、京王電鉄や京成電鉄などで、「ギガぞうWi-Fi」が導入されているようですね!

電車内で、Wi-Fiにつながるなら、データ容量の大幅な節約に繋がりますね!

ギガぞうWi-Fiの詳しい対応エリアは、公式ページにてご確認ください。

ギガぞう公式HPに書かれている「主なWi-Fiスポット」はこちら >

 

ギガぞうは、セキュリティが高い「Wi2eap」で接続。もちろん暗号化済み。

 高セキュリティ「Wi2eap」セキュリティが高い「Wi2eap」で接続されるので、安心!

「ギガぞうWi-Fi」では、Wi-Fiの利用ニーズの高い飲食店を中心に、先程も書いた「Wi2eap」という、セキュリティの高いWi-Fiで接続しています。

僕が計測した「スターバックス」「ドトールコーヒー」「タリーズコーヒー」の4店舗では全て「Wi2eap」のWi-Fiで接続していました。

この「Wi2eap」は、キャリアWi-Fiと同等レベルのセキュリティ(暗号化技術)があるとのこと。

ちなみに、「Wi2eap」の暗号化形式は「WPA2エンタープライズ」と呼ばれるものです。

パソコン・スマホで、「ID」や「パスワード」を入力する時、暗号化されていないと、外部から抜き取られる可能性があります。

「Wi2eap」だと、強力なセキュリティ(暗号化技術)があるので、安心して使えますね。

 

ギガぞうでも、1契約で、5台まで同時利用が可能。(スタンダードプランの場合)

1契約で、5台まで利用できる!1契約で、UQのスマホ+タブレット・パソコンで合計5台までOK。

auのWi-Fiスポットは、「Wi2 300 for auマルチデバイスサービス」が利用できるため、1契約で、5台まで利用することが出来ます。
(現在は、月300円の有料オプションとなっています。)

「ギガぞうWi-Fi」でも、1契約で、5台まで同時利用が出来ます。
しかも、Wi-Fiに接続できる機器なら、なんでもOKです。

1契約で、5台まで利用出来るのは、月350円の「スタンダードプラン」で契約した場合です。
月150円の「スマホ専用プラン」は1台のみ利用可能です。

ギガぞうなら、残り4台分も、主力Wi-Fiが使える!使い勝手が良い!

UQモバイル端末以外でも、Wi2eap利用OK!イメージ図UQモバイル端末以外でも、Wi2eap利用OK!

「au」の場合、au端末以外は、auWi-Fiの主力である「au_Wi-Fi2」「au_Wi-Fi」を利用することが出来ません

つまり、au端末以外は、「おまけ感」が正直感じられます。

それに対し、「UQモバイル(ギガぞう)」は、最初から「有料のオプション扱い」なので、UQモバイル端末以外でも、ギガぞうWi-Fiの主力である「Wi2eap」を利用することが出来ます

Take
Take
使いみちがかなり広がりますね~。

例えば、

  1. UQモバイルのスマホ
  2. Wi-Fi機能だけのタブレット
  3. ノートパソコン

この3台を「Wi2eap」を含めた「ギガぞうWi-Fi」で同時接続することが出来るんですよ。

「ギガぞうWi-Fi」はUQモバイルがやっているサービスではありません。
別の会社が運営しているサービスを、UQモバイルユーザー向けに提供している、というものなので、端末による制限がないのです。

 

ギガぞうなら、UQモバイルで契約しているスマホ以外でも使える!

 ギガぞうWi-Fiは、UQモバイル以外のスマホも使えるイメージ画像ギガぞうWi-Fiは、UQモバイル以外のスマホも使える!

なんとスマホも、「UQモバイル端末しか使えない」という制約は、ありません。

なので、スマホもUQモバイルで契約しているスマホだけでなく、他社のSIMカードを挿入しているスマホでも使えるのですよ!

Take
Take
実際にマイネオのSIMカードを挿入しているスマホで試しました。
普通に「ギガぞうWi-Fi」は使えましたよ!

 

ギガぞうなら、1人だけ「スタンダードプラン」に契約して、残り4台分を「家族」で使い回すことも可能

ギガぞうWi-Fiは、1家族で使い回すことも可能イメージギガぞうWi-Fiは、1家族350円で、使い回すことも可能!

「ギガぞうWi-Fi・スタンダードプラン」は、1契約につき5台まで使えます。

ですので、例えば、家族でUQモバイルに入っている場合、
家族分すべてを「オプション契約」する必要はないのです。

家族の内、1人だけ「スタンダードプラン」に契約します。
すると、残り4台分を、家族内で使い回すことも出来るのです。

つまり、「1家族350円で、ギガぞうWi-Fiを使いまくる」ことも出来るんですよ!

「ギガぞうWi-Fi」は、意外と経済性に優れているサービスなんですね。

 

ギガぞうは、UQモバイルユーザーに対する特典あり!初めて申し込む場合は、最大4ヶ月無料

ギガぞうWi-Fiは最大4ヶ月無料イメージギガぞうWi-Fiは最大4ヶ月無料!(auID対応プランの場合)

「ギガぞうWi-Fi」はUQモバイル向けの他に、単独のアプリ、BIG SIM向けがあるようです。

その中で、UQモバイルユーザー向けには、最大4ヶ月、有料プランが「無料で使える」、という特典があります。

最大4ヶ月は、「申込月+3ヶ月」です。
申込月は、月初に申し込むと、無料期間が長くなるのでオススメです。
Take
Take
僕は、2019年7月1日に申し込んだので、2019年10月末までは無料だよ。(2019年11月からは有料になります)
Take
Take
なお、解約は、面倒な手続きなしで、行うことが出来ますよ。

 

ギガぞうは、「オプションエリア」でさらに使えるエリアを広げることも可能。

 ギガぞうWi-Fiのオプションエリア一例ギガぞうWi-Fiのオプションエリア一例(「オレンジ」がオプションエリア)

「ギガぞうWi-Fi」の有料プランでは、「フリーエリア」と「スタンダードエリア」に接続することが出来ます。

しかし、他に「オプションエリア」というエリアもあるのです。
そのエリアは、別途料金が発生してしまいますが、使えるエリアはさらに広がります。

ただ、スタンダードプランのエリアで、有名カフェチェーン店をカバーしているので、必要になる機会は少ないと思います。

利用可能なSSID(ネットワーク)は

  1. Wi2premium
  2. Wi2premium_club

以上の2つです。

なお、「auのWi-Fiスポット」は上2つのSSIDもカバーしています。
(オプションで別料金が発生することもありません。)

 

Take
Take
では最後に、有料と無料のプランの違いについて見ていきましょう。

「ギガぞうWi-Fi」有料プランと無料プラン(フリープラン)の違い

有料と無料では、利用できるエリアが全然違う

ギガぞうWi-Fiのスタンダードプランから、フリープランへの変更「フリープラン」では、カフェ・駅でWi-Fiスポットが使えなくなる。

無料(フリープラン)は、「Wi2eap」「0000Wi2」というネットワークが利用できません。

「ギガぞうWi-Fi」では、有名カフェチェーン店がほとんど「Wi2eap」エリアとなっています。
カフェが使えないと、使えるエリアは限られてしまいますね。

また、色々な箇所を測定しましたが、鉄道の駅の多くは、「0000Wi2」で接続されています。(一部「Wi2eap」もあり)
フリープランは「0000Wi2」も使えないので、駅でもWi-Fiに接続することが出来ません。

auのWi-Fiスポットと同じく、カフェや駅で公衆Wi-Fiを使いたい場合は、
フリープランではなく、有料プランが必要になりますね。(「1台150円」もしくは「5台350円」)

Take
Take
ただし、フリープランでも、「スターバックス」と「マクドナルド」は利用出来ますよ。

 

Take
Take
「ギガぞうWi-Fi」について、もっと知りたい方はこちらの記事も。↓↓

UQモバイルマニアでは、「ギガぞうWi-Fi」の通信速度を調査しました。
また、パソコンで「ギガぞうWi-Fi」を使ったときの使用感を動画にしています。
合わせてご確認ください。

UQモバイル「ギガぞう」の通信速度は早い?動画付き測定結果を公表。他社との比較も。
UQモバイル「ギガぞう」の通信速度。スタバ・駅・新幹線車内・マックで測定!他社との比較も。UQモバイルの「ギガぞう」の通信速度を測定。カフェ・駅・飲食店ごとに結果を公開。また、パソコンでギガぞうを使った時の「使用感」を動画にしました。ワイモバイルのWi-Fiスポットとの比較も。...

「ギガぞうWi-Fi」の申込方法や、スマホ・パソコンでの設定方法をまとめていますよ。

UQモバイル「ギガぞう・auID対応プラン」の申込方法を、画像付きで紹介
UQモバイル「ギガぞう・auID対応プラン」の申込方法を、画像付きで紹介2019年7月からスタートした、UQモバイルの「ギガぞう・auID対応プラン」の申込方法を画像を使って、ていねい解説しています。また、ギガぞうWi-Fiへの接続方法をスマホ・パコソン別に紹介しています。...

ひとまず「ギガぞうWi-Fi」を試してみよう!

「ギガぞうWi-Fi」は初回は、最大4ヶ月間、無料で使えます。

もし、無料期間使ってみて、「いいや~」と思った場合は、
無料期間中に、有料サービスを解約すれば、一切金額が発生しません

ですので、ひとまずは、「ギガぞうWi-Fi」を気軽に「試し使い」してもいいのではないでしょうか。

 

まとめ

「UQモバイルはauのWi-Fiスポットは利用不可だが、代替サービスあり!エリアの比較などを解説。」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. UQモバイルでは、auのWi-Fiスポットは使えない
  2. UQモバイルの「ギガぞうWi-Fi」というサービスで、同様のWi-Fiスポットの利用は出来る
  3. 最初は、最大4ヶ月間無料で利用出来るので、試してみよう!

と、なります。

これからもUQモバイルを検討されている方に、UQモバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

UQモバイルまとめ!
UQモバイル超まとめ!サクッと全体が分かります! >

UQモバイル メリット・デメリットメリット・デメリット!3年間使ったからこそ分かる良い・悪い >

UQモバイルに乗り換え完全ガイド
UQモバイルに乗り換え完全ガイド!分かりやすくを徹底 >

ABOUT ME
Take
Take
実際に格安スマホのUQmobileに乗り換えて携帯代を削減した夫婦が、メリット・デメリット、キャンペーンや乗り換え方法などを徹底解説!スマホで損しない賢い方法を発信します!
当サイト限定!UQモバイルキャンペーン!

UQモバイル iPhone・Xperia大幅割引・キャッシュバックも!

「UQモバイルマニア」からUQモバイルにて申し込みをしていただくと、最大6,000円キャッシュバックがあります!
さらに、iPhoneやXperiaも大幅割引キャンペーン実施中!

同じ「UQモバイル」に申し込みをするなら、キャンペーンに参加して、キャッシュバックなどの特典を利用しましょう!

キャンペーン内容

こんな記事もおすすめ♪