楽天モバイルとは

「楽天UN-LIMIT Ⅶ」プラン内容をていねい解説。楽天ポイントが増える!注意点もあるので確認。

「楽天UN-LIMIT Ⅶ」プラン内容をていねい解説。楽天ポイントが増える!注意点もあるので確認。
Take
Take
こんにちは!楽天モバイル研究所のTakeです!

今回は、楽天モバイルで、2022年7月にアップデートされた料金プラン「UN-LIMIT Ⅶ(アンリミット・セブン)」をていねい解説します。

さっそく、見ていきましょう。

この記事で分かる3つのポイント
  1. UN-LIMIT Ⅶ、価格と、注意点を確認!詳細>
  2. UN-LIMIT Ⅶは、もらえる楽天ポイントが増える!詳細>
  3. 電話をたくさん使う人は、15分かけ放題がとてもおトクかも。詳細>
最新記事情報

気になる「UN-LIMIT7」「iPhoneSE」を、画像付きで、ていねい解説!

  1. UN-LIMIT7:ポイントがザクザクもらえるが注意点も>
  2. iPhoneSE:他社との料金を比較!(端末代+通信代)>

\ ↓楽天モバへおトクに乗り換え♪↓ /
最大24,000円分還元iPhoneがおトクに♪


\ キャンペーン詳細や申込方法は /
こちらを確認!

【注意】6月まで「UN-LIMIT6」契約中だった方も、7月から自動的に「UN-LIMIT7」に移行する

「UN-LIMIT6」契約中の方も、自動的に「UN-LIMIT7」に移行「UN-LIMIT6」契約中の方も、自動的に「UN-LIMIT7」に移行

2022年7月から始まった「UN-LIMIT7」。

ご存知の方も多いと思いますが、6月まで「UN-LIMIT6」のプランが適用されていた方も、7月から自動的に「UN-LIMIT7」に移行します。

6月まで、1GB未満で「0円」にて利用されていた方は、2022年7月以降、「0円」では利用出来なくなります(※)。
※2022年10月までは、1GB未満・実質0円で利用することは、可能。

Saki
Saki
新しいプラン?私、今契約中だから、関係ないわね~
Take
Take
こういう方も、7月から関係してくるので、ぜひチェックしてくださいね。

楽天モバイルのプランは、基本、「自動で」新しいものに移行します。
※今までに、1.0→2.0→Ⅴ(5)→Ⅵ(6)と移行しています。

 

楽天モバイル「UN-LIMIT Ⅶ」は、マックスでも3,278円で収まる!ただし、注意点もアリ。

「UN-LIMIT Ⅶ」は、1GB未満0円が廃止・・・。ただし、20GBを超えても3,278円で使い放題!

UN-LIMIT Ⅶプラン料金概要UN-LIMIT Ⅶプラン料金概要

「UN-LIMIT Ⅶ」は、プランは1つ。利用した「データ量」に応じて、料金が変わります。

データ量 基本料金
~3GB 980円
(税込1,078円)
~20GB 1,980円
(税込2,178円)
20GB超 2,980円
(税込3,278円)

残念なポイントは、「1GB未満・0円」が廃止されたこと。

今まで1GB未満で使っていた方は、事実上の値上げとなってしまいます。

Take
Take
現在「サービスし過ぎ」で、多額の赤字を計上してしまっている、楽天モバイル・・・。
Take
Take
さずがに「0円」を継続することは、難しくなっているのかもしれませんね・・・。

 

なお、2022年10月までは、1GB未満なら、実質0円で利用することが可能です。(いわゆる移行期間)

2022年10月まで、1GB未満・実質0円で利用可能
  1. 7・8月は、「1GB未満・0円」を継続
  2. 9・10月は、1GB未満だった場合、楽天ポイントで全額還元
    (9月:1,081円相当分、10月:1,080円相当分。ポイントは、翌々月末日頃に「6ヶ月の期間限定ポイント」で付与)

また、今まで1GB未満で使っていた方の中で

0円ユーザー
0円ユーザー
「0円」で利用出来ないのか・・・。
基本料金0円の「povo2.0」に乗り換えようかな・・・?

と、思われている方は、実際に「povo2.0」に乗り換えると、損する可能性があります。

損しないためにも、事前に 下にジャンプ↓ して、「povo2.0」に乗り換える場合の注意点を確認してくださいね。

 

データ量は、楽天回線・パートナー回線共用。「低速モード」でも、カウントされることに注意。

データ量は、楽天回線・パートナー回線共用。データ量は、楽天回線・パートナー回線共用。

なお、データ量は、「楽天回線エリア」「パートナー回線エリア」共用です。

また、パートナー回線エリアの「低速モード」利用時も、消費されます。

 

パートナー回線、5GBを超えても「低速化+データ量カウントされる」パートナー回線、5GBを超えても「低速化+データ量カウントされる」

ここで注意点です。

「パートナー回線エリア」で5GBを超えると、1Mbpsの低速モードに切り替わります。

しかし、この低速モードも、データ量が消費されます。

パートナー回線エリアしかいなくても、低速のまま「20GB」以上を使った場合、2,980円(税込3,278円)に金額がアップしてしまうことに。

ここは注意が必要ですね。

 

楽天モバイル契約中、楽天市場で「+1倍」ポイントアップ!さらにポイントアップも。

楽天モバイル契約中、楽天市場でお買い物をすると「+1倍」ポイントアップ!

SPU(スーパーポイントアッププログラム)SPU(スーパーポイントアッププログラム)

楽天モバイルの契約は、楽天の「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」の対象の一つです。

楽天モバイルと契約すると、ポイントが「+1倍」アップします。

楽天モバイル契約で、楽天ポイントが「+1倍」になる

楽天ヘビーユーザーの管理人にとっては、「回線は格安で使えて」「ポイントもアップする」のは大変うれしいですね!

 

キャンペーンでさらに「+2倍」ポイントアップのチャンス!注意点もあるので確認しよう。

キャンペーンでさらに「最大+2倍」ポイントアップ!

11月から「SPU」に統合

2022年11月から「+2倍キャンペーン」は、SPU(スーパーポイントアップ)に統合されます。
SPU(スーパーポイントアップ)※楽天モバイル公式 >

キャンペーンでさらに「+2倍」ポイントアップのチャンス!キャンペーンでさらに「+2倍」ポイントアップのチャンス!

2022年6月から、楽天モバイルに契約されている方は、さらに「+2倍」ポイントアップされます!

「+2倍」アップ内容
  1. 楽天モバイルに契約すると、だれでも「+1倍」ポイントアップ
  2. ダイヤモンド会員なら、さらに「+1倍」ポイントアップ

なお、それぞれにポイント上限が決まっています(それぞれ、上限は「1,000ポイント」

Take
Take
計算上、「10万円までのお買い物」が対象になるはずだよ。

ちなみに、ここで獲得したポイントは、期間限定ポイントとなっています。
(約6ヶ月間の期間限定ポイント)

 

実際に、管理人は「キャンペーン分も含まれた」ポイントをゲットしました!

そして、管理人は、キャンペーン分も含まれたポイントをゲットしています!

キャンペーン分も含まれたポイントが付与された!キャンペーン分も含まれたポイントが付与された!

管理人は、楽天会員の「ダイヤモンド会員」です。

  1. キャンペーン分「+1倍」:6ヶ月間有効
  2. キャンペーン分(ダイヤモンド会員)「+1倍」:6ヶ月間有効
  3. 通常のSPU分「+1倍」:約45日間有効

以上のように、ポイントを、ザクザクとゲット出来ています!

Take
Take
かなりおトクですね~!

 

【注意】キャンペーン施策のため、 「+2倍」が永久に続くわけではない。

 「+2倍」ポイントアップは、あくまでキャンペーン施策。「+2倍」ポイントアップは、あくまでキャンペーン施策。

ここで注意点です。
こちらのポイントアップは、あくまで「キャンペーン」という位置づけです。

そのため、「+2倍キャンペーン」は、永久に続くわけではありません。
(現在は、「終了日は未定」と明記されています。)

今後、ポイント倍率が減ったり、そもそもキャンペーンが終わる可能性もあります。

Take
Take
逆に、ポイント倍率が「上がる」可能性も、あるかも・・・?


 

+1,100円で「実質、ほぼかけ放題」が出来る!?(通話アプリでの通話)

「1回10分かけ放題オプション」が「15分」に延長!「実質、ほぼかけ放題」になった!?

「1回15分かけ放題オプション」は、ほぼ実質かけ放題?「1回15分かけ放題オプション」は、ほぼ実質かけ放題?

2022年7月から、OS標準の通話アプリで通話する場合の「1回10分かけ放題オプション(※)」が「15分」に延長されます。
※「楽天Link」から通話すると、上記オプションに入らなくても、国内通話は「24時間かけ放題」で使えます。

Saki
Saki
ふと思ったけど、「1回15分」以上、通話をすることは、ほぼないのでは?
Take
Take
うん、そうだね。実際は「(ほぼ)かけ放題」と考えてもいいかも。

「1回15分かけ放題」。
これは、実際の感覚としては「+1,100円で、通話かけ放題」と捉えてもいいのではないでしょうか。

他社の「(本当に24時間)通話かけ放題」オプションと比べると、割安になります。

携帯会社 かけ放題オプション 基本料金
楽天モバイル +1,100円
(実際は1回15分かけ放題)
1,078円(3GB)から
ahamo +1,100円 2,970円(20GB)
povo2.0 +1,650円 990円(3GB)
※30日間トッピング
LINEMO +1,650円 990円(3GB)

※LINEMOは最初の1年間+1,100円で使えるキャンペーン実施中

電話をたくさん使う方は、「1回15分かけ放題」かなり使えそうですね。

 

「楽天Link」から通話すると、オプションなしでも、24時間かけ放題。

「楽天Link」は、オプションなしでも、24時間かけ放題。「楽天Link」は、オプションなしでも、24時間かけ放題。

なお、「楽天Link」から通話すると、「1回15分かけ放題」オプションに入らなくても国内通話は「24時間かけ放題」です。

「楽天Link」については、下の記事が詳しいですよ。

楽天Linkをていねい解説!基本から、実際使ってみて感じた注意点まで。
楽天Linkをていねい解説!基本から、実際使ってみて感じた注意点まで。楽天Linkの基礎知識と「実際使ってみて感じた、注意点」を解説!注意点は、間違えて楽天Link以外で通話をすると有料になること。ただし対策もあります。楽天Linkはなぜ国内通話が無料に出来るのか、その「仕組み」も調べてみました。...

 

ついに楽天モバイルで「メールアドレス」が提供された!(2022年7月から)

楽天モバイルで「メールアドレス」が提供楽天モバイルで「メールアドレス」が提供

2022年7月、楽天モバイルにて、「キャリアメール」が提供開始されました。

他社だと「~@docomo.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」といったメールアドレスのメールのことです。

楽天モバイルのメールアドレスは、「@rakumail.jp」です。

このメールアドレスは、「楽天Link」にて利用可能です。

メールアドレスは、「楽天ID」に対して1つ付与されます。

1つの「楽天ID」で、「複数回線」契約している場合も、付与されるメールアドレスは、1つのみとなります。

楽天モバイルのキャリアメールは「楽メール」と呼ばれています。

「楽メール」についての詳細は、下の記事にて。

楽天モバイルのキャリアメール「楽メール」使ってみて感じた注意点と、送受信は本当に出来るのか検証!
楽天モバイルのキャリアメール「楽メール」使ってみて感じた注意点と、送受信は本当に出来るのか検証!楽天モバイルのキャリアメール「楽メール」について解説。使ってみて感じた注意点をご紹介。送受信は本当に出来るのか、検証してみました。他に、「楽メール」の基礎と、初期設定について、画像付きで解説しています。...

なお、この記事を読んで「楽天モバイルに乗り換えたい!」と思ったら、以下の記事が参考になります。
ぜひ、チェックしてくださいね!

楽天モバイルに乗り換え楽天モバイルに乗り換え完全ガイド!分かりやすくを徹底 >

 

【参考】0円で、高速通信と、無料電話が使える携帯会社はもう無くなった。

0円で、高速通信と、無料電話が使える携帯会社はもう無い0円で、高速通信と、無料電話が使える携帯会社はもう無い

「UN-LIMITⅥ(6)」までは、1GBまで0円で使えたため、いわゆる「サブ回線」として利用する方も多かったと思います。

ただ、「UN-LIMITⅦ(7)」は、1GB未満・0円が廃止。
契約すると、毎月、最低1,078円が必要になります。

そのため、1GB未満しか使っていない方は、基本料金0円の「povo2.0」を検討されているでしょう。
ただし、安易に「povo2.0」に乗り換えるのも危険です。

今までの「UN-LIMITⅥ(6)」、そして「UN-LIMITⅦ(7)」「povo2.0」を簡単に比較します。

楽天UN-LIMITⅥ(6)※6月で終了

  1. 1GBまでは高速通信が「0円」で使えた。
  2. 楽天Linkを使えば、国内通話は「0円」で使い放題。
楽天UN-LIMITⅦ(7)

  1. 毎月、最低1,078円が必要(3GBまでの料金)
  2. 楽天Linkを使えば、国内通話は「0円」で使い放題
povo2.0

  1. 0円で回線をもつことが出来るが、0円では快適な通信は使えない有料トッピングが必要)。
  2. 電話は有料(22円/30秒)

電話が無料で無くなることは、結構辛いですね・・・。
また、povo2.0のトッピングも、390円(1GB・7日間)、990円(3GB・30日間)と、楽天モバイルとそれほど変わらないです。

Take
Take
利用用途によって、どちらが良いか、検討されることをおすすめします。

楽天モバイルを試してみよう!

楽天モバイル、iPhone6s正式対応!

ついに、楽天モバイルでも、iPhoneに正式対応することが決定しました!
(iPhone6s・iOS14.4以降)

楽天モバイル、契約事務手数料0円

さらに、事務手数料(初期費用)3,300円も「0円」になっています!

 

UN-LIMIT Ⅶプラン料金概要

1,078円から利用出来ます。最大でも3,278円です!

 

楽天モバイル契約で、楽天ポイント最大+3倍

2022年11月から、楽天市場のSPU(スーパーポイントアップ)ポイントがアップ!

最大「+3倍」獲得出来るポイントが増えますよ!

 

SIMのみ契約で、最大8,000ポイント!

しかも、今なら、楽天ポイント8,000ポイントをプレゼント中です!
お申し込みは、お早めに!

楽天モバイルのメリット・デメリット
メリット・デメリット!実際、使ったからこそ分かる良い・悪い >

楽天モバイルに乗り換え
楽天モバイルに乗り換え完全ガイド!分かりやすくを徹底 >

 

まとめ

今回は、「楽天モバイルUN-LIMIT Ⅶ」を解説。

プラン内容や、「ポイントアップ」「実質ほぼかけ放題!?」についても、ご紹介しました。

これからも楽天モバイルを検討されている方に、楽天モバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。
今後ともよろしくお願いいたします!

ABOUT ME
Take
楽天モバイル研究所では、楽天ヘビーユーザーの夫婦が、第4のキャリア「楽天モバイル」を利用!メリット・デメリット、乗り換え方法やキャンペーンなど徹底解説します♪