iPhone

iPhone・スマホのSIMカード取付は約3分で出来る!手順を動画・写真で解説(ワイモバイル編)

iPhone・スマホのSIMカード取付は約3分で出来る!手順を写真でていねい解説(ワイモバイル編)
Take
Take
こんにちは!ワイモバイル大百科のTakeです!

今日は「iPhone・スマホに、『ワイモバイルのSIMカード』を取り付ける方法を、動画・写真を使って、ていねい解説!」しますよ。

この記事では、ワイモバイルのSIMカードを使っています。

Saki
Saki
SIMカードの取り付けって、難しくないの?
Take
Take
僕もSIMカードの取り付けって難しいのかな、と思っていたけど、実にカンタンだったよ。心配して損したよ~。
Take
Take
感覚としては、SDメモリーカードを取り付けるのとほぼ同じだね~。
作業時間は約3分。カップラーメン待つ時間で取り付けが完了したよ。

SIMカードの取り付けって、何となく難しそうな感じがしますね。
しかし、実はカンタンに取り付けが出来ます。

ざっくり言うと、「カードをパチっと割る」「トレイに乗せる」だけでした。


\ ↓当サイトから申し込むと↓ /
初期費用ゼロ18,000円端末割引


\ キャンペーン詳細や申込方法は /
こちらを確認!

SIMカードの取り付け方法を動画で確認!

まずは、SIMカードをiPhone・スマホに取り付ける方法を動画で、ざっくりと、確認してみましょう。

【動画1】スマホに、ワイモバイルの「SIMカード」を取り付ける手順

ワイモバイルから送られたカードの一部を切り取りって「SIMカード」を作ります。
動画は、Androidスマホの「P30 lite」という機種です。

※1分54秒の動画です。音が出るのでご注意を。

【動画2】iPhoneに「SIMカード」を取り付ける手順

iPhoneにSIMカードを取り付けています。
iPhoneの方は、こちらの動画がオススメです。


※1分56秒の動画です。音が出るのでご注意を。
(「スマ得」総合サイト動画より)

こちらの動画は、汎用性を持たせるため、ワイモバイルのSIMカードの作り方は、詳しく解説していません。
ワイモバイルのSIMカードの作り方の詳細は、1つめの動画をご参照ください。
Take
Take
動画で取り付けの方法を確認しました。
注意点など、詳しい取り付け方法を、画像を使って確認しますね!

 

【写真でじっくり確認】SIMカードをiPhone・スマホに取り付ける

この記事では、機械が苦手な方でも取り組みやすいように、写真を多く使っています。

写真が多いので、時間がかかると思われるかもしれませんが、先ほども書いたように作業時間は約3分もあれば終了しますよ。

 

STEP1:iPhone・スマホに付いているSIMトレイを取り出す

ワイモバイルでiPhoneを購入した時の、内容物ワイモバイルでiPhoneを購入した時は、このような内容物です。

まず、iPhone・スマホの電源が入っている場合は、電源をOFFにしましょう。

新しくiPhone・スマホを購入された人は、送られてきた商品の中身を確認します。

その中に、「ピン」と言われるものがあります。

 

iPhoneの「ピン」は紙に挟まっている「ピン」は、紙に挟まれていることが多い

「ピン」は、SIMトレイを取り出すために必要になる器具です。

SIMトレイは、本体に差し込まれていますので、まずは、「ピン」を使って、SIMトレイを取り出しましょう。(すぐ下を参照)

Take
Take
「ピン」がない場合は、クリップでも代用が出来ますよ。

 

iPhoneに「ピン」を押し込む

スマホの側面に小さな穴があります。
その穴にピンを押し込みましょう。

ポイントとしては、「少し強く、押し込む」ことです。

 

カチャっと鳴って、SIMトレイが飛び出す

すると、「カチャ!」と鳴って、SIMトレイが少し出てきます。

後は、指でつまんで取り出しましょう。

 

iPhoneのSIMトレイ。ここにSIMカードを乗せる

上の写真のトレイが、SIMトレイです。

SIMトレイは小さいので、無くさないようにご注意を!

これから、トレイにSIMカードを乗せていきます。

 

STEP2:ワイモバイルのカードを割って、「SIMカード」を作る

ワイモバイルのカード(nanoSIMタイプ)ワイモバイルのカード(nanoSIMタイプ)

こちらが「ワイモバイル」のカードです。
スマホを購入された人は、送られてきたスマホに、ワイモバイルのカードが同梱されていますよ。

このカードを割って、「nanoSIMカード」を作っていきます。

このカードは「nanoSIM」タイプです。
「microSIM」タイプは、現物を持っていないため、確認できませんが、「チップと周りの部分」がnanoSIMタイプよりも、少し大きめになっていると思います。

 

カードを裏返しにして、切込みを割っていく

カードを裏返すと、切込み部分があるのが分かると思います。

この部分を割っていきましょう!

 

カードの裏側で、指を添えて割っていく

裏側から、切込み部分に指を添えて、割っていきます。

 

カードの裏側の切り込みを割っていく

写真のように、切込みを1つずつ、割っていきましょう。

 

ワイモバイルのSIMカードが完成した時の写真

2箇所を割ると、「nanoSIMカード」が作成できました。
チップ部分はなるべく触らないように注意しましょう。

「nanoSIMカード」は、今回購入したスマホ以外にも、「nanoSIM」に対応したスマホなら使うことが出来ます。

最近のスマホは「nanoSIM対応」である場合が多いので、今後、「nanoSIM」そのままで、違う機種を使うことが可能です。

動画にある、UQモバイルのカードは、「microSIM」「nanoSIM」とも同じカードになっています。
そのため、「割るサイズ」に気をつけなければいけません。

それに対し、ワイモバイルは、専用のサイズのカードが送られてきます。
「割る時の心配」が無くて良いですね。

 

STEP3:「nanoSIMカード」をSIMトレイに乗せて、スマホに差し込む

SIMカードを裏向けて、トレイに乗せる

「nanoSIMカード」を裏向けて、SIMトレイに乗せます。

「nanoSIMカード」の方向だけは注意をしてくださいね。

上の写真のように、SIMカードには「斜めの切込み」があります。
SIMトレイの「斜めの切り込み」と合わせて、SIMカードの位置を調整してください。

Androidスマホの場合、microSIMカードも乗せることが可能

Androidスマホの場合、SIMカード以外に、microSDカードも、同じトレイに乗せる機種があります。
SIMカードと、microSDカードを一緒に乗せましょう。

 

SIMトレイを、スマホ本体に装着する

SIMトレイをスマホに装着すれば、SIMカードの取り付けは完了です。

Take
Take
思ったより意外とカンタンだったでしょ?
Saki
Saki
これなら、私でも出来そうだわ!

 

乗り換え完全ガイド

この工程を含めた「ワイモバイル」への乗り換え完全ガイドを作成しました!【パターン1/2/3

  1. ソフトバンクからワイモバイル
  2. auからワイモバイル
  3. ドコモからワイモバイル
  4. UQモバイルからワイモバイル
  5. 楽天モバイルからワイモバイル

まとめ

「iPhone・スマホに、ワイモバイルのSIMカードを取り付ける方法を、写真を使って、ていねい解説!」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. SIMカードの取り付けは、基本的に「カードをパチっと割る」「トレイに乗せる」だけ
  2. SIMカードの取り付けの作業時間は約3分(個人差は少しあると思いますが)
  3. 手順を「写真」でていねい解説しているので、ぜひ参考していただれれば、幸いです。

と、なります。

これからもワイモバイルを検討されている方に、ワイモバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

ワイモバイル超まとめワイモバイル超まとめ!サクッと全体が分かります! >

ワイモバイル メリット・デメリットメリット・デメリット!2年間使ったからこそ分かる良い・悪い >

ABOUT ME
Take
ワイモバイル大百科では、格安スマホのY!mobileに乗り換えようとお考えの方に、実際に利用している夫婦がリアルな情報を発信!メリット・デメリット、乗り換え方法や最新情報を徹底解説します♪
当サイト限定!ワイモバイルキャンペーン!
ワイモバイル・端末大幅割引!キャッシュバック!オトクに乗り換えるならコレ!

「ワイモバイル大百科」からワイモバイルにて申し込みをしていただくと、最大15,000円キャッシュバックがあります!
また、iPhoneやXperiaが「大幅割引」になるキャンペーンも実施中!

同じ「ワイモバイル」に申し込みをするなら、キャンペーンに参加して、キャッシュバックなどの特典を利用しましょう!

こんな記事もおすすめ♪