ワイモバイルとは

ワイモバイルの新プランが発表!旧プランとの比較と、変更部分・継続部分を解説

ワイモバイルの新プランが発表!旧プランの比較と、変更部分・継続部分を解説
Take
Take
こんにちは!ワイモバイル大百科のTakeです!

2019年9月9日、ワイモバイル公式ページにて、2019年10月からスタートする「新プラン」の発表がありました。

その資料を基に、「新プラン」の基本料金はどうなるのかと、「新プラン」「旧プラン」との比較を行いました。

また、「新プラン」で変更される部分・継続される部分も合わせて解説します。

\ ↓ここから申し込むと↓ /
PayPay最大6,000円分
がもらえるので、オトク!


\ キャンペーン詳細や申込方法は /
こちらを確認!
(※ソフトバンクからの乗り換えは対象外)

今回の「新プラン」は、通信・端末の「分離プラン」

今回、ワイモバイルが発表した「新プラン」は、電気通信事業法改正による「分離プラン義務化」に合わせたプランとなっています。

大まかに言うと、

  1. 「通信」である基本利用料は、概ね、値下げ(期間により異なる)
  2. 「端末」は「(スマホ購入に対する割引)月額割引」が廃止されるので、実質値上がり
  3. 「SIMだけ購入」は、大幅値上げになるかも・・・。ただし、2年縛りなし。

となっています。

 

新プランは、基本利用料が300円値下げ。2年縛りなし。新規で6ヶ月間は1,480円から利用可能。

ワイモバイルの新プラン概要

出典:ワイモバイル公式HPより、弊サイトで分かりやすく変更しています。

新料金プランは「スマホベーシックプラン」。2年縛りだった「スマホプラン」は終了となります。

プランS・プランMの基本利用料が300円値下げされ、契約期間の縛りは無くなりました
極論から言うと、1ヶ月目で契約を辞めることも可能、と言うことですね。

割引は、「おうち割光セット」もしくは「家族割引サービス」適用で各プラン共通で500円割引

新規・他社からの乗り換え(MNP)・番号移行・契約変更で、ワイモバイルに契約した場合は、契約日の翌月から6ヶ月「新規割」で700円割引になります。

プランSの場合、2~7ヶ月目に1,480円で利用することが可能ですよ。

旧プランの「ワンキュッパ割」は廃止になります。

21GBまでの「プランL」は新規受付終了。代わりに1,000円下がった「プランR」(13GB)が新設。

新プランでは、今まであった「プランL」(21GB)の新規受付が終了されるようです。
代わりに、1,000円基本利用料が下がった「プランR」(13GB)が新設されます。

つまり、今まで月に13GB~21GB利用していた人は、新プランでは対応するプランが無いことになります。

Take
Take
ワイモバイルで13GB以上使っている人は、ほとんど無かったのかな・・・?

 

1ヶ月目~30ヶ月目の基本利用料を「新プラン」「旧プラン」で比較

1ヶ月目~30ヶ月目の基本利用料を「新プラン」「旧プラン」で比較します。
※プランRは新設のため、比較は出来ません。

ワイモバイル「プランS」の月ごと基本利用料、新・旧プラン比較ワイモバイル「プランS」の月ごと基本利用料、新・旧プラン比較
ワイモバイル「プランM」の月ごと基本利用料、新・旧プラン比較ワイモバイル「プランM」の月ごと基本利用料、新・旧プラン比較

※「おうち割」や「家族割」などの割引を入れないケースのグラフです。

「新プラン」は、プランS・Mとも、8~13ヶ月目が値上げ14ヶ月目以降値下げとなっていますね。

比較は難しいところですが、

  1. 「旧プラン」は、更新月以外で解約すると、違約金9,500円発生
  2. 「新プラン」は、端末代金は正規料金(「月額割引」なし)

という費用がそれぞれに発生します。

 

SIMだけ購入の場合は、基本利用料は値上げ。しかし、短期間利用の人は使い勝手がいいかも。

ワイモバイルでは、旧プランの場合、「SIM単体契約割引」という割引がありました。

「新プラン」では、そもそも「分離プラン」のため、この割引は廃止されています。

それでは、SIMだけ購入の場合の、1ヶ月目~30ヶ月目の基本利用料を「新プラン」「旧プラン」で比較します。
※プランRは新設のため、比較は出来ません。

ワイモバイル「プランS」(SIMのみ)の月ごと基本利用料、新・旧プラン比較ワイモバイル「プランS」(SIMのみ)の月ごと基本利用料、新・旧プラン比較
ワイモバイル「プランM」(SIMのみ)の月ごと基本利用料、新・旧プラン比較ワイモバイル「プランM」(SIMのみ)の月ごと基本利用料、新・旧プラン比較

SIMだけ購入の場合、新プランの基本利用料は、かなり上がることになりそうですね・・・。

2年を超えた26ヶ月目から、やっと料金が逆転します。

しかし、「新プラン」で大きいメリットなのが、契約期間の縛りがないことです。

「やっぱり料金が高くて、他の会社に乗り換えたい」という場合は、すぐに乗り換えることが可能ですね。

Take
Take
以上、新・旧プランの比較でした。
SIMだけ購入する場合は、(2年縛りを気にしないなら)9月中に契約するほうがお得かも?
なお、この料金プランの内容は、2019年9月9日に発表された資料に基づいています。
今後、新たな施策で「割引キャンペーン」などが展開される可能性もあります。

 

気になる「端末料金」は、やっぱり高くなる?

月額割引は廃止。しかし、端末料金が下がる可能性が高い。月額割引は廃止。しかし、端末料金が下がる可能性が高い。

分離プランのため、端末料金は定価(割引はなし)の可能性が高いです。

しかし、端末料金は「値下げ」される模様です。(多分、一部の商品だけだと思います)

ただし、端末料金を値下げしても、「月額割引」利用時よりも、実質端末代金は高くなるみたいですね。

上の「Android OneS5」の販売価格は、29,455円ですが、旧プランの「月額割引」適用時の実質端末代金は、8,900円です(新規・ソフトバンク以外からのMNPの場合)

 

「新プラン」で変更される部分・継続される部分を解説

Take
Take
では、まずは気になる「変更される部分」を見ていきましょう。

終了するサービス・キャンペーン

2019年9月30日をもって新規受付を終了。
なお、現在適用中の人は、2019年10月1日以降も継続して利用出来ます。

  1. 月額割引(スマホ購入に対する割引)
  2. データ増量オプション無料キャンペーン(機種変更時)
  3. ワンキュッパ割
  4. SIM単体契約特別割引

この中で、「データ増量オプション無料キャンペーン(機種変更時)」が終了することに注意が必要です。

「データ増量オプション無料キャンペーン」は、新規契約と機種変更時に、

最大2年間「データ増量オプション」が無料!(通常500円)

になるキャンペーンです。

「新規契約」の適用は継続されますが、「機種変更」の適用はこれからはありません。

つまり、3年目以降は、「データ増量オプション」に関しては

  1. 「データ増量オプション」を外す
  2. オプション料金500円を支払う

のどちらかを選択しなければならなくなりました。

MNP転出手数料が、全ての期間で均一価格になる

MNP転出手数料が、全ての期間で均一価格にMNP転出手数料が、全ての期間で均一価格に

そのほかの変更点として、MNP転出手数料が、全ての期間で3,000円に改定されます。

 

継続するサービス・キャンペーン

新プランの「スマホベーシックプラン」にも継続して適用されるサービス・キャンペーンは以下の通りです。

  • シェアプラン(親回線とデータをシェアできるプラン)
  • 家族割引サービス
  • おうち割 光セット
  • おうち割 でんきセット
  • 下取りプログラム
  • 故障安心パックライト
  • ケータイ・スマホに契約変更で、国内通話ずーっと無料キャンペーン
  • PHSからの契約変更事務手数料無料プログラム
  • 60歳以上通話ずーっと無料キャンペーン
  • データ増量無料キャンペーン(新規契約)

他に、「スーパーだれとでも定額」などのオプションサービスも継続するみたいですよ。

 

今、ワイモバイルに契約している人も「新プラン」に移行可能!ただし条件あり!

今、ワイモバイルに契約している人も「新プラン」に移行可能です。
ただし、以下のいずれかを満たす必要があります。

  1. ワイモバイルを継続して2年以上ご契約していること
  2. 機種購入を伴う「機種変更」と同時に、「対象プラン」にプラン変更すること

※料金プラン変更時に契約解除料はかからない
※契約解除料9,500円がかかってもよい場合は、上記の条件を満たさなくても移行可能。

 

まとめ

「ワイモバイルの新プランが発表!旧プランの比較と、変更部分・継続部分を解説」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. 基本使用料は、新プランのほうが少し安いが、SIMだけ契約の場合は、かなり値上げになる・・・
  2. 新プランは、いわゆる「2年縛り」なし。いつでも解約は可能。
  3. 分離プランになるため、実質端末代金は上がってしまう可能性が高い

と、なります。

これからもワイモバイルを検討されている方に、ワイモバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

ABOUT ME
Take
Take
ワイモバイル大百科では、格安スマホのY!mobileに乗り換えようとお考えの方に、実際に利用している夫婦がリアルな情報を発信!メリット・デメリット、乗り換え方法や最新情報を徹底解説します♪