iPhone

ワイモバイルでiPhoneSE(第2世代)が発売!他社との料金比較と、APNなどの設定方法を解説。

ワイモバイルでiPhoneSE(第2世代)が発売!他社との料金比較と、APNなどの設定方法を解説。
Take
Take
こんにちは!ワイモバイル大百科のTakeです!

今日は、ワイモバイルでiPhoneSE(第2世代)を使う場合の、「月々の料金」「ワイモバイルに乗り換える際の準備(設定など)」を解説しますよ。

ついに、ワイモバイルで「iPhone SE」が発売開始!ついに、ワイモバイルで「iPhone SE」が発売開始!

今回は、大手キャリア3社と、ワイモバイルで、「iPhoneSE(第2世代)」を購入したときの

  1. 月々における「利用料金」の推移、の比較

をしていきたいと思います。

さらに、iPhoneSE(第2世代)をアップルストア・他社などで購入したとき、ワイモバイルで使えるのかも、後半で解説します。

この記事で分かる3つのポイント
  1. 「iPhoneSE」を安く使える方法が分かる!詳細>
  2. アップルストア・他社で買った「iPhoneSE(第2世代)」は、ワイモバイルで対応している詳細>
  3. ワイモバイルの「iPhoneSE」設定方法をご紹介!詳細>
最新記事情報

気になる「iPhoneSE」「60歳以上割引」を、画像付きで、ていねい解説!

  1. iPhoneSE:他社との料金を比較!(端末代+通信代)>
  2. 60歳以上割引:割引内容ていねい解説!>

\ ↓Y!へおトクに乗り換え♪↓ /
最大10,000円PayPay還元端末割引も♪


\ キャンペーン詳細や申込方法は /
こちらを確認!

この記事の目次

iPhoneSE(第2世代)は、ワイモバイルで買うと、圧倒的に安い!

ワイモバイルなら、月々の「iPhoneSE代+通信費」を約40%OFFで利用することが可能

iPhoneSE 64GBを購入した時の月々の支払い額の比較iPhoneSE 64GBを購入した時の月々の支払い額の比較

上のグラフは、月々の「iPhoneSE+通信費」の金額の推移を表しています。

ソフトバンクで比較すると、なんとワイモバイルは、約40%OFFで利用できるんですね。

価格推移のデータは、2021年3月16日時点のデータです。
ただし、基本、ワイモバイルなど「サブブランド」でiPhoneを使うと、月々の料金が安くなる傾向は変わりません。

シミュレーションは、1人で利用する場合。各種割引適用前。

 

大手キャリアだと、割高でiPhoneの返却も必要!ワイモバイルは、割安でiPhoneも自分のものに!

ワイモバイルは、割安でiPhoneも自分のものに!
Take
Take
大手キャリアでiPhoneを買った場合は、iPhoneを使うにあたって、大きな制約を受け入れないといけなんだ。
Saki
Saki
大きな制約って?
Take
Take
ずばり、iPhoneを壊せない、傷を付けてはいけないことです。
Take
Take
2年後にiPhoneを返却しなければいけないからね。
Saki
Saki
傷を付けてもダメってことは、かなりストレスを感じながら、使わないといけないってこと?

大手キャリアは「2年後」に「きれいな状態」で、iPhoneの返却が必要!

iPhoneを2年後に「きれいな状態で返却」が必須iPhoneを2年後に「きれいな状態で返却」が必須

ドコモ・au・ソフトバンクの「大手キャリア3社」は、通信料がめちゃくちゃ高いですよね~。
その分、「iPhone」の実質的な割引制度があります。

楽天モバイルは、通信料は安いですが、「大手キャリア3社」同様の割引制度があります。

しかし、割引制度を適用するために、大きな制約を受け入れる必要があります。
ずばり、2年後に「きれいな状態で返却」が条件なんです。

■ドコモ(いつでもカエドキプログラム)返却時の審査条件

ドコモ(いつでもカエドキプログラム)返却時の審査条件ドコモ(いつでもカエドキプログラム)返却時の審査条件

 

■au(スマホトクするプログラム)返却時の審査条件

au(スマホトクするプログラム)返却時の審査条件au(スマホトクするプログラム)返却時の審査条件

 

■ソフトバンク(新トクするサポート)返却時の審査条件

ソフトバンク(新トクするサポート)返却時の審査条件ソフトバンク(新トクするサポート)返却時の審査条件

 

■楽天モバイル(アップグレードプログラム)返却時の審査条件

楽天モバイル(アップグレードプログラム)返却時の審査条件楽天モバイル(アップグレードプログラム)返却時の審査条件
Saki
Saki
これって、iPhoneを絶対に壊せない、ということ?

例えば、iPhoneを誤って落とすと、損傷を起こすため、返却不可になる可能性が高いと思われます。
さらに、画面を割ってしまう完全にアウトだと思います。

Take
Take
故障・破裂すると、最後まで払い続けて完了させる(余分に1~2年払う)か、高い「特別料金」(22,000円ほど)を払わないといけません。
Take
Take
そうなると、かなりの割高になってしまうんだ。

大手キャリアにおける「割引制度」は、iPhoneの「割引」ではありません。
実態は、「レンタル(リース)」です。

返却するので、自分のものにはならないんですね。

ワイモバイルなら、お手頃の通信料で、かつ「iPhoneSE」を自分のものに出来る

ワイモバイルなら、iPhoneを自分にものに出来る!ワイモバイルなら、iPhoneを自分にものに出来る!

ワイモバイルでiPhoneを購入した場合は、当然、iPhoneは自分のものに出来ます。

故障・画面割れの心配はありません(笑)

かつ、ワイモバイルで利用すれば、安価で「安定した、高速通信」も使うことが出来ますよ。

■↓↓iPhoneSE(第3世代)の記事に戻る

 

ワイモバイルで「iPhoneSE(第2世代)」は対応OK!アップルストアや他社で購入したiPhoneSEも使える!

ここまでは、ワイモバイルで「iPhoneSE(第2世代)」を購入する場合を見てきました。

他には

  1. アップルストアや、ヨドバシカメラビックカメラなどの家電量販店で購入
  2. ソフトバンクなどの「大手キャリア」で購入

などあると思います。

次は、ワイモバイル以外で、「iPhoneSE(第2世代)」を購入した場合、ワイモバイルで使えるのかを見ていきましょう。

ワイモバイルでは「iPhoneSE(第2世代)」の動作確認済み!利用出来ます。

ワイモバイルで「iPhoneSE(第2世代)」は使えるのでしょうか。
ワイモバイル公式ページに、動作確認表のページがあるので、確認しましょう。

ワイモバイルにおける、iPhoneSE(第2世代)の動作確認一覧

結論から言うと、ワイモバイルで「iPhoneSE(第2世代)」は利用出来ます!

SIMフリー以外のiPhoneSE(第2世代)は「SIMロック解除」が必要

ただし、SIMフリー端末以外のiPhoneSE(第2世代)はSIMロック解除が必要になります。

Take
Take
「SIMロック解除」・・・言葉は難しそうに感じますが(笑)、実作業はそれほど難しくはありませんよ。

「SIMロック解除」については、iPhoneSE(第2世代)を使ってワイモバイルに乗り換えから、手順をご確認いただけます。

アップルストアで購入したiPhoneは「SIMフリー端末」。「SIMロック解除」が不要です。

 アップルストアで購入したiPhoneは「SIMフリー端末」アップルストアで購入したiPhoneは「SIMフリー端末」

ちなみに、iPhoneSE(第2世代)をアップルストアで購入すると、「SIMフリー端末」が届けられます。

よって、「SIMロック解除」を行う必要ありません。

Saki
Saki
アップルストアで購入すれば、余計なことをする必要がないのね。
Take
Take
そうだね~。たぶん、これからは、iPhoneを「大手キャリアから買う」のではなく、「普通のお店で買う」ことも、スタンダードの一つになると思いますよ。
この記事では「アップルストア」でご紹介していますが、ヨドバシカメラや、ビックカメラなどでも「iPhoneSE SIMフリー版」を販売しています。
(お店もポイントも付与されるので、オススメ!)

 

ワイモバなら、iPhoneSEで「テザリング」は可能!キャリアメールも利用出来ます!

ワイモバイルでSIMフリーiPhoneのテザリングサービス接続性検証済み!SIMフリーiPhoneのテザリングサービス接続性検証済み!

ワイモバイルでは、iPhoneSEでも、テザリングは利用出来ます。

ワイモバイルにて、SIMフリーiPhoneの、テザリングサービスが使えることを確認しております。

Take
Take
僕も、iPhoneSEでテザリングをしましたが、普通に使えましたよ!

また、キャリアメール(MMS)も、利用出来るようになりました。

↓こちら↓
ワイモバイルiPhoneSEでMMS送受信テストワイモバイル・iPhoneSEでMMSの送受信が出来ている!

※SIMフリー端末で検証しています。大手キャリアで購入した「iPhone」は確認出来ていません。

キャリアメール:ソフトバンクで言うと「@softbank.ne.jp」のメールのことです。

また、G-mailなどのフリーメールも利用可能ですよ。

 

ワイモバイルでiPhoneSEを使う時「APN設定」は不要になりました。SIMカードを入れるだけで利用OK!

ワイモバイルでiPhoneSE利用する際、SIMカードを入れるだけでOK!ワイモバイルでiPhoneSE利用する際、SIMカードを入れるだけでOK!

ワイモバイルでは、iPhoneSE(第2世代)を利用するときに、APNを設定する必要はありません。

ワイモバイル公式では、iPhoneSE(第2世代)が発売された当初、APN設定が必要と書かれていました。

でも、実際は、SIMカードを入れただけで、ワイモバイルに接続出来ていました。

↓  ↓

 
SIMカードを入れるとすぐに「Y!mobile」表示。通信出来る

ワイモバイル公式でも、「APN設定不要で、利用出来る」ことを確認したようです。

そのため、現在は「APN設定が必要」というコメントは削除されています。

また、逆に、APN設定をしてしまうと、通信がおかしくなる現象もあります。
次でご紹介します。

ワイモバイル契約時「iPhoneを一緒に購入した人」は、逆に、APN設定しないほうが良い!

管理人は、iPhoneSEの現物が来たので、SIMカード挿入・APN設定をしました。

すると、「4G」ではなく「3G」になってしまったのです・・・。

iPhone同時購入の方はSIMカード「n141」。APN設定でおかしくなるかも。

実は、ワイモバイル契約時「iPhoneを一緒に購入した人」は、SIMカードが特殊なんです。

具体的には「n141」という番号のSIMカードが送られているはずです。

ワイモバイルのSIMカードオモテ面に「n141」などの番号が記載されています。

このSIMカードは、「iPhone専用SIMカード」と言われ、かつ、比較的新しいiPhoneには対応していない、とのこと。

iPhoneSE(第2世代)では、「APN設定」をすることで、「4G」が「3G」になってしまいました。

そのため、「n141」のSIMカードを使っている方は、逆に、APN設定をしてはいけません。

「APN設定」をすることで、「3G」になってしまうのは、「APN設定」は、「汎用SIMカード用の設定」が組み込まれているからです。(汎用SIMカードの番号:「n101」など)

「n141(特殊)」に「n101(汎用)の設定」が適用されるので、食い違いが生じ、おかしくなります。

Take
Take
次は、「テザリングの利用」に関する注意点を、解説しますよ。

ワイモバイル×iPhoneSEでテザリング利用可能!しかし古いタブレットは対応していないかも。

ワイモバイル公式の「動作確認表のページ」にもありましたが、iPhoneSEでテザリングは可能です。

実物が来ましたので、試してみました。
結論から言うと、テザリングは出来ています!

ワイモバイル×iPhoneSE(第2世代)なら、テザリング利用可能ワイモバイル×iPhoneSE(第2世代)なら、テザリング利用可能
Take
Take
ちなみに、SIMカード「n141」で、APN設定をしていない場合でも、テザリングが出来ましたよ!

 

ただし、古めのAndroidタブレットお使いの場合は、iPhoneSEのテザリングが対応出来ないかもしれません。

古めのAndroidタブレットは、iPhoneSE(第2世代)のテザリングに対応出来ない?古めのAndroidタブレットは、iPhoneSE(第2世代)のテザリングに対応出来ない?

3年前くらいに購入した「Androidタブレット」に、テザリングをすると、うまく行きません。
通常、テザリング中は、「iPhone」の上部が「青いバー表示」になりますが、青い表示になりません。

結局、古めのAndroidタブレットでは、テザリングはうまく行きませんでした。

上の写真のタブレットは、Androidバージョン「5.1.1」。今後のアップデート予定もないみたいです。

ちなみに、ワイモバイルだけでなく、UQモバイルでもテザリングが出来ませんでした。
そのため、Android側が「iPhoneSEのテザリングに対応していない」可能性がありますね。
ご参考までに。

比較的新しいAndroid端末は「テザリング」が出来ていました。
(スマホですが、nova lite3/P20 lite/P10 lite/AQUOSsense2は確認済みです)

 

ワイモバイルに乗り換える手順をていねい解説!

それでは、iPhoneSEをアップルストア・他社で購入した場合における、ワイモバイルへの乗り換え方法を確認しておきましょう。

iPhoneSEはアップルストアで購入。ワイモバイルはSIMだけ購入する場合

iPhoneは別で購入。ワイモバイルはSIMだけ購入する場合iPhoneは別で購入。ワイモバイルはSIMだけ購入する場合

詳しい乗り換え手順は、下(↓)の「あわせて読みたい」をご参照いただければ、と思いますが、ここでは、かんたんに大まかな手順をご紹介します。

  1. MNP予約番号を取得
  2. 旧端末のデータをバックアップ
  3. アップルストアで「iPhoneSE(第2世代)」購入
  4. ワイモバイルに申し込む(SIMのみ購入)
  5. 商品が来たら、回線切替をする
  6. 新端末にデータを復元

「ソフトバンク/ドコモ/au」それぞれの専用ページを作っていますよ。

なお、リンク先の記事にある「ワイモバイルに申し込む」の部分だけは、少し違うのでご注意ください。

  1. アップルストア「iPhoneSE」を購入
  2. ワイモバイル「SIMだけ」購入

この2つの作業が必要になります。

 

ソフトバンク/ドコモ/auから、iPhoneSE持ち込みでワイモバイルに乗り換える場合

今お持ちのiPhoneをそのまま使って、SIMだけ購入今お持ちのiPhoneをそのまま使って、SIMだけ購入

大手キャリアで買った「iPhoneSE」をそのまま使って、SIMだけを購入する場合は、下の記事を参考にしてくださいね。

少し上に書いていた「SIMロック解除」についても、書かれていますよ。

「ソフトバンク/ドコモ/au」それぞれの専用ページがあります。

 

まとめ

「ワイモバイルでiPhoneSE(第2世代)が発売!他社との料金比較と、APNなどの設定方法を解説。」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. iPhoneSEは、ワイモバイルで買うのが、圧倒的に安い。
  2. 大手キャリアで買うと、故障や画面割れで、大幅な費用発生のリスクがある。ワイモバイルで買うと、そのような心配なし!
  3. ワイモバイルでの「iPhoneSE」を利用するためのAPN設定は不要になりました。SIMカードを入れるだけで利用OK

と、なります。

これからもワイモバイルを検討されている方に、ワイモバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

ワイモバイル超まとめワイモバイル超まとめ!サクッと全体が分かります! >

ワイモバイル メリット・デメリットメリット・デメリット!3年間使ったからこそ分かる良い・悪い >

ABOUT ME
Take
ワイモバイル大百科では、格安スマホのY!mobileに乗り換えようとお考えの方に、実際に利用している夫婦がリアルな情報を発信!メリット・デメリット、乗り換え方法や最新情報を徹底解説します♪
当サイト限定!ワイモバイルキャンペーン!
ワイモバイル キャンペーン!お得に乗り換えるならコレ!

「ワイモバイル大百科」からワイモバイルにて申し込みをしていただくと、最大10,000円キャッシュバックがあります!
また、iPhoneなどが「大幅割引」になるキャンペーンも実施中!

同じ「ワイモバイル」に申し込みをするなら、キャンペーンに参加して、キャッシュバックなどの特典を利用しましょう!

こんな記事もおすすめ♪