UQモバイルとは

auとUQモバイルの「1,980円」は同じように見えて全然違う!?比較してみた!

auとUQモバイルの「1,980円」は同じように見えて全然違う!?比較してみた!

※現在、この記事では、UQモバイルに関しては、2019年9月まで受付していたプランで比較しています。
早急に、新プランに対応したプランで比較できるよう、記事の更新に努めさせていただきます。

Take
Take
こんにちは!UQモバイルマニアのTakeです!

携帯の料金って本当に複雑ですよね。

携帯会社で見かける「1,980円」や「1,480円」などの数字がありますが、
色々な条件が書かれていて、「本当にこの金額」になるの?ってなりますよね。

Saki
Saki
これって、「au」のピタットプランだよね。「1,980円~」って書いてあるから、「安いわね~」と思ったわ。
Saki
Saki
こっちは「UQモバイル」ね。プランSだと「1,980円」と書かれているわ。(家族割で1,480円とも書かれているわね。)
Take
Take
でも、「1980」という数字は「見かけの数字」で、実際はどんどん料金が積み重なってくるんだよね。
「○○の場合、○○の場合、~~」の連発でこの数字になるのはすごく稀だよ。

では、「au」と「UQモバイル」を比較して、実際の料金はいくらなのかを検証していきます。

結論から言うと、全然違いました。そして、「au」と「UQモバイル」を比較したら、内容も金額も異なることが判明しましたよ。

※この記事では、auに関しては、2019年5月までのプランで比較しています。
これは現在、auに契約している方は、ほとんどが旧プランで契約しているからです。

最新情報

UQモバイル「15GB・2,480円」(翌月繰越アリ)などの「くりこしプラン」を発表!(2/1スタート)(1/13)
au・povoとUQの価格比較を図で!>


\ ↓当サイトから申し込むと↓ /
10,000円キャッシュバック端末割引も♪


\ キャンペーン詳細や申込方法は /
こちらを確認!

【ざっくり結論】auは8,480円・UQモバイルは2,480円かかる(iPhone7・32GBの場合)

まず、ざっくり結論を言います。

auは8,480円UQモバイルは2,480円かかります!

もちろんこれは色々な条件があります。

では、条件を見てみます。

  1. iPhone7s 32GBを購入したい
  2. 現在、2年以上「au」に加入している
  3. 「au」に、永遠に貢がないといけないのはゴメンだ
  4. 家のネット回線は「ドコモ光」(au指定のものではない)
  5. ノートパソコンを、外出時もネットに繋ぎたい

以上の条件を付けていますが、実際このような人多くないでしょうか。

Saki
Saki
値段が全然違うわね!auなんか「1,980円」とは、ほどお遠い数字じゃないの!?
Take
Take
何でこんな金額になるのか見ていきましょう。

 

【確認】「1980円」はあくまで回線利用料のことであり、スマホ代は含まれていない

最初に確認ですが、「1980円」はあくまで回線利用料の金額です。

スマホ代金は含まれておりませんのご注意。

Take
Take
このあたりは認識されている人が多いと思います。


 

「au」の場合、回線利用料が「1980円」になる条件は、厳しい

※この記事では、auに関しては、2019年5月までのプランで比較しています。

では、まず「au」から見ていきます。

もう一度、「au」の「auピタットプラン(スーパーカケホ)」を確認しましょう。

「auピタットプラン(スーパーカケホ)」は、1回5分までの電話が無料で、使用したデータ容量で金額が変わるプランです。

「1,980円」になる条件としては、

  1. 2年契約
  2. auスマートバリュー
  3. スマホ応援割

この3つが適用されて、かつデータ容量は1GBまで、となっています。

しかし、実質は「1,980円」になることは難しく、詳細は次の項目から書きますが、実質「5,980円」くらいになると思われます。

 

データ容量「1GB」は超えてしまう人が多い

「1GB」という容量ですが、「YouTube」を1時間、自動画質で再生すると、それくらいになります。

動画を見ると、すぐに1GBは超えてしまうんですね。

よって、多くの人が、1~3GBくらいになるのではないでしょうか。

そうなると、「au」だと、2~3GB利用の場合、2,000円アップしてしまいます。

UQモバイルの場合は、3GBまで同じ金額です。

 

「auスマートバリュー」適用のためのハードルは高い

auスマートバリューは、特定の「固定通信サービス」を利用することで、「au利用料金」が安くなります。

しかし、マンションにお住まいの人など、特定の「固定通信サービス」に入れない場合も多いと思います。

また、固定通信サービスの選択肢を狭めてしまうため、後々不都合になる場合もありますね。

よって、「auスマートバリュー」適用のためのハードルは高いと思います。

「auスマートバリュー」が適用されない場合は、500円~1,000円アップします。
(2~3GB利用の場合、1,000円アップになります

UQモバイルの場合は、特定の「固定通信サービス」を利用する必要ありません。

 

「スマホ応援割」が適用できない人がこれから増えてくる

「スマホ応援割」は機種変更・新規契約・他社からの乗り換え時に1年間毎月1,000円割引になる割引サービスです。

しかし、2019年2月以降、過去に「スマホ応援割」「ビッグニュースキャンペーン」を適用されたことのあるお客様は対象外となるようです。

この時期に機種変更される人は、すでに1回「ビッグニュースキャンペーン」もしくは「スマホ応援割」を適用されている人が多いと思います。

そのため今後は、機種変更をしても、「スマホ応援割」は適用されません。

今回の改悪で恩恵を受けなくなる人が相当増えそうです。。。

「スマホ応援割」適用がない場合、1,000円アップになります

UQモバイルの場合は、「イチキュッパ割」というauと同じ割引サービスがあります。
こちらも1回だけの適用となります。

 

テザリングを利用するために、500円の有料オプションが必要

MMD研究所の調査結果によると、

データ容量を節約する必要がないとしたら、「テザリング」を利用したい人が20%もいる結果があります。

僕も今はUQモバイルで「テザリング」を利用しています。

なぜ、「テザリング」を出したかというと、「UQモバイル」は「テザリング」利用自体は無料なんです。

かつて、「au」は「テザリング」利用自体は無料だったのですが、途中から500円の「有料オプション」にしてしまいました。

「テザリング」のオプションで、500円アップになります

UQモバイルの場合は、「テザリング」はプランの中に入っているので、もちろん無料です。

「テザリング有料化」や「スマホ応援割の適用制限」からも分かりますが、
キャリアが値段を下がる、下げる、・・・と繰り返し言って、
「見た目の金額だけ」安く見せていますが、
実は、下げるどころか、ちゃっかり値上げしている、という事実をちゃんと見ておく必要があります。

 

結局2GB~3GB利用の場合、「5,980円」くらいになる

結局、「1,980円」から

  1. 2~3GB利用の場合、2,000円アップ
  2. 「auスマートバリュー」適用外なら、500円アップ(※)
  3. 「スマホ応援割」適用外なら、1,000円アップ
  4. 「テザリング」のオプションで、500円アップ

以上4つで、4,000円アップになります。

(※)「auスマートバリュー」適用外の500円は、1GBまでの割引額と2~3GBの割引額が異なるため、1,000円アップではなく500円アップになります。

1,980円+4,000円=5,980円ですね。

いやいや、テザリングなんて使わないよ!という人もいるでしょう。
それでも、500円下がるだけなので、「5,480円」くらいの回線利用料になるんですよ。

 

「au」の場合、スマホ代金が加わることで、価格が大幅上昇!

「au」で「iPhone 7 (32GB)」を機種変更した場合、スマホ代金がいくらになるのか見ていきます。

機種代金は税抜きで、2,500円×24回になります。

月々の支払いは、前の「回線利用料」5,980円にスマホ代金が加わります。

「アップグレードプログラムEX」というプログラムで、1,611円(税抜)になることは可能です。
しかし、このプログラムは大きな罠が仕込まれているんです。
このプログラムに入ってしまうと、「もう、auから抜け出すことができなくなる」か「同じ端末を4年間使わないといけない」のどちらかを2年後に選択しなければならないのです。

このプログラムの罠は別記事で書く予定ではありますが、
今は「一度入ると抜け出せない、危険な罠が仕込まれているプログラムだ」と思ってください。

 

「au」の場合、本当の支払い金額は、8,480円!?

以上のシミュレーションの結果、回線利用料と機種代金を加えた、本当の月々の支払い料金は、8,480円(税抜)となります。

※条件によります。条件は上の内容を参照してください。

計算内容は、

通話&データプラン+テザリング+スマホ代金
5,480円+500円+2,500円=8,480円(税抜)

ですね。

Saki
Saki
「au・ドコモ・ソフトバンク」のキャリアを使っている人は、平均すると、7,000円から8,000円らしいけど、シミュレーションからも見ても、そのような金額になるわね~。

 

「UQモバイル」に乗り換えた場合の、回線利用料が「1980円」になる条件は、やさしい

では、次に「UQモバイル」を見ていきます。

もう一度、「UQモバイル」の「プランS」を確認しましょう。

「(おしゃべりプラン・ぴったりプランの)プランS」は、1回5分までの電話が無料or1ヶ月60分で、3GBまで使えるプランです。

「1,980円」になる条件としては、

  1. おしゃべりプラン・ぴったりプランSに加入(2年契約)

これだけです(笑)

2年目は「イチキュッパ割」というものが無くなるので、2,980円になります。それでもauの5,980円に比べると相当安いですね。

おしゃべりプラン・ぴったりプランについて、あとでご紹介しますよ。

Saki
Saki
さっき、auでは料金プランをひたすらディスってたのに、UQモバイルに関してはこれだけ?
Take
Take
うん、auのシミュレーションしてたら、「怒り」が湧き出してしまって、強く書いてしまったよ・・・
Take
Take
「UQモバイル」の料金プランは、「au」に比べてめちゃくちゃシンプルだから、これだけ、というのもあるかも。

 

「UQモバイル」に乗り換えた場合、スマホ代金が加わっても、「au」よりも価格が上昇することは少ない

「UQモバイル」で「iPhone 7 (32GB)」を機種変更した場合、スマホ代金がいくらになるのか見ていきます。

UQモバイルでiPhone7 32GBを購入する場合の本体価格

プランSの場合、実質負担額500円(税抜) ×24回(初回のみ1,000円)

となっています。
(※金額は2019年8月23日時点)

auの場合は、2,500円(税抜)なので、 「UQモバイル」は「au」に比べて2,000円安いですね。

回線利用料でもスマホ代金でも「UQモバイル」のほうが圧倒的に安い結果になりました。

 

「UQモバイル」に乗り換えた場合、本当の支払い金額は、2,480円!?

以上のシミュレーションの結果、回線利用料と機種代金を加えた、本当の月々の支払い料金は、2,480円(税抜)となります。

ただし、1ヶ月目のみ2,980円、2年目以降3,480円となります。

※条件によります。条件は上の内容を参照してください。

UQモバイルでiPhone7 32GBを購入する場合の合計金額

2,480円の計算内容は、

通話&データプラン+テザリング+スマホ代金
1,980円+0円+500円=2,480円(税抜)

ですね。

 

「UQモバイル」で「機種変更」した場合は、金額はどうなる?

記事を細かくお読みいただいた方は、お気づきかもしれませんが、
「au」では「機種変更」、「UQモバイル」では「乗り換え」を前提に書いています。

それ、ちょっと不公平じゃないの!?

と思う人もいると思いますので、「UQモバイル」で「機種変更」した場合はどうなるか見ていきます。

○回線利用料

プランS:2,980円 ※2年目以降はずっと同じ金額です。

○スマホ代金(iPhone7s 32GBを機種変更する場合)

分割支払金2,400円-マンスリー割1,900円=500円(税抜)※初回のみ1,000円
(※iPhone7 32GBの場合は、新規・乗り換えと、機種変更の「マンスリー割」は同金額です。)

○合計

通話&データプラン+テザリング+スマホ代金
2,980円+0円+500円3,480円(税抜)
※初回のみ3,980円(税抜)

機種変更の場合でも、auの8,480円よりもかなり安くなりますね。

 

2年間iPhone7を使った場合の、「au」と「UQモバイル」の比較

では最後に2年間iPhone7(32GB)を使った場合の、「auで機種変更」と「UQモバイルに乗り換え」、「UQモバイルで機種変更」の比較を見てみましょう。

auで機種変更した場合

8,480円×24回=203,520円(税抜)

UQモバイルに乗り換えた場合

1ヶ月目:2,980円
2~12ヶ月目:2,480円×11回=27,280円
2年目:3,480円×12回=41,760円

合計:2,980円+27,280円+41,760円=72,020円(税抜)

UQモバイルで機種変更した場合

1ヶ月目:3,980円
2ヶ月目から:3,480円×23回=80,040円

合計:3,980円+80,040円=84,020円(税抜)

Saki
Saki
こうして見ると、携帯代ってかなりお金が掛かっているのね・・・
Take
Take
そうだよ。2年間で約20万!(auの場合)。これを1回「UQモバイル」に乗り換えするだけで、2年間で12万円以上も安くなるんだよ。
Saki
Saki
固定費が一気に12万円も削減!

家族そろって、UQモバイルに乗り換えると、オトク度合いが桁違いになりますね。

UQモバイルの家族割!オンライン契約時の申込方法と、適用条件を図解でていねい解説!
UQモバイルの家族割!オンライン契約時の申込方法と、適用条件を図解でていねい解説!UQモバイルの家族割「UQ家族割」について解説。申込方法は、一旦全ての回線を契約・後から電話をすることで適用出来ます!具体的な手順を紹介しています。他に、適用条件や、適用できないパターンを図解。うっかりミスを事前に防ぎましょう。...

今回はiPhone7を使って料金を見てきましたが、UQモバイルでは、機種によっては実質ほぼ無料になるスマホもあるのです。

その場合プランSなら、月々1,980円(税抜)で、スマホとUQの回線が使うことが出来ますよ。
(さらに、「家族割」を利用することで1,480円にすることも可能です!)

「実質ほぼ無料になるスマホ」は、UQモバイルから、ページ少しだけスクロールし、「機種代金実質100円から!」のバナーをタップ・クリックすると、確認出来ますよ。

UQモバイルのプラン詳細と、auからUQモバイルへの乗り換え方法

UQモバイルの主力プランは、「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」です。
プランの詳細については、下記の記事を参考にしてくださいね。

UQモバイルの料金プランを徹底解説!金額がこんなにも安くなるのにびっくり!
UQモバイルの料金プランを徹底解説!おしゃべり・ぴったりプラン(旧プラン)をていねい解説!UQモバイルの料金プランを徹底解説!1,480円から使えるプランの紹介。スマホ代金割引がある・データ繰り越しが出来るなど、利用者の使い勝手は抜群!わかりにくい「増量オプション」についてのオトクな方法も。...

また、auからUQモバイルへの乗り換え方法を動画・画像を使って、分かりやすく、ていねい解説しています。
ぜひ、参考にしてください。

auからUQモバイルに乗り換え【初心者向け】手順を写真・動画で解説!
auからUQモバイルに乗り換え【初心者向け】手順を写真・動画で解説!はじめて「auからUQモバイルに乗り換える方」に、乗り換えの手順を紹介。乗り換えがはじめての方でも分かりやすいように、写真とイラストと動画を使って、ステップ・バイ・ステップで丁寧に分かりやすく解説します。乗り換えの「不安材料」をぜひ払拭してください!...

 

まとめ

「auとUQモバイルの「1,980円」は同じように見えて全然違う!?比較してみた!」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. 「1,980円」は、回線利用料だけ。スマホ代金は含まれない
  2. auの「1,980円」になる条件は非常に厳しい
  3. UQモバイルなら「1,980円」になる条件はやさしい

となります。

これからもUQモバイルを検討されている方に、UQモバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

UQモバイルまとめ!
UQモバイル超まとめ!サクッと全体が分かります! >

UQモバイル メリット・デメリットメリット・デメリット!3年間使ったからこそ分かる良い・悪い >

ABOUT ME
Take
Take
2017年にUQモバイルに乗り換え、年間約10万円の節約に成功した夫婦が、メリット・デメリット、キャンペーンや乗り換え方法などを徹底解説!スマホで損しない賢い方法を発信します!
当サイト限定!UQモバイルキャンペーン!

UQモバイル iPhone・Xperia大幅割引・キャッシュバックも!

「UQモバイルマニア」からUQモバイルにて申し込みをしていただくと、最大6,000円キャッシュバックがあります!
さらに、iPhoneやXperiaも大幅割引キャンペーン実施中!

同じ「UQモバイル」に申し込みをするなら、キャンペーンに参加して、キャッシュバックなどの特典を利用しましょう!

キャンペーン内容

こんな記事もおすすめ♪