楽天モバイルとは

楽天LinkはiPhoneでは使えなかった。理由は、Appleが独自アプリを許していないから?

楽天LinkはiPhoneでは使えない。理由を推測してみた!
Take
Take
こんにちは!楽天モバイル研究所のTakeです!

今回は、楽天Linkが、iPhoneで使えない理由を調査しましたよ。

Saki
Saki
なんで、楽天モバイルは、「iPhone版の楽天Link」が無いの?
Take
Take
本当、そう思うよね。なかなか情報がなかったので、理由を調べてみましたよ。

楽天モバイルは、現状では「iPhone」に正式対応していませんが、XR以上なら、通信・テザリングと、通常の音声通話は利用出来ます。

ただ、楽天モバイルを使う大きな利点である「楽天Link」がiPhoneでは、使えません。

最新情報(2020/7/8)

「使えません」と書いていましたが、2020年7月8日、ついにiOS版「Rakuten Link」がリリースされました!

「楽天Link」が使えないため、iPhoneユーザーは、「音声通話が有料」になっていました。

なぜ、iPhoneは「楽天Link」が使えなかったのか、調べてみました。

Take
Take
理由は、タイトルにもありますが「Appleが独自アプリを許していないから」?
この記事で分かる3つのポイント
  1. そもそも「楽天Link」とは、どういう仕組みなのか?が分かる!詳細>
  2. 「Android版の楽天Link」が作れる理由を理解!詳細>
  3. 「iPhone版の楽天Link」が作れない理由を推測!詳細>
\ ↓当サイトから申し込むと↓ /
3ヶ月無料最大2万超ポイント還元も♪

そもそも「楽天Link」とは、どういう仕組みなのか?

楽天Linkは、「RCS規約」に基づいて作られている。

楽天Linkは、RCS規約に基づいて作られている楽天Linkは、RCS規約に基づいて作られている

楽天Linkは、「RCS」という規約に基づいて作られています。

RCSとは、大雑把に言えば「SMSの代わり」となる規格です。

RCSは、主に以下の機能があります。

  1. メッセージを送る
  2. チャットをする(1対1、グループ)
  3. IP音声通話が出来る

なお、RCSの正式名称は、Rich Communication Services(リッチ・コミュニケーション・サービス)です。

Saki
Saki
う~ん、ちょっとイメージが沸かない・・・
Take
Take
ざっくり言うと、楽天Linkでの通話は「RCSという新しい通話方式」だ、って言うことかな?
Take
Take
実は、「RCS」は、すでに「+メッセージ」というサービスで、使われているんですよ。
「+メッセージ」と「楽天Link」

日本では、3大キャリアで扱っている「+メッセージ」がRCS規約に基づいて作られています。

「+メッセージ」は、「(RCS規約の)メッセージ送受信機能」にプラス「SMS送受信機能」も内包されています。
ただし、「+メッセージ」は音声通話機能は搭載してません。

楽天Linkは、メッセージ送受信機能に音声通話機能がプラスされている」ことが特徴です。

Take
Take
楽天Linkは、「+メッセージ」にプラス「RCSの音声通話機能を使って、通話が出来る」というところがポイントです。

 

「Android版の楽天Link」が作れるのは「RCS規約の通話が出来る、独自アプリ」が作れるから。

「iPhone版の楽天Link」が作れない理由を見る前に、まず、

「なぜ、Android版の楽天Linkは作れるのか?」

という視点から、見ていきましょう。

Android版楽天Linkは、「独自の通話アプリ」を作成することで「RCS規約の音声通話」を実現。

Android版楽天Linkの音声通話は、「独自の通話アプリ」によって実現Android版楽天Linkの音声通話は、「独自の通話アプリ」によって実現

楽天LinkのAndroid版は、「独自の通話アプリ」を作成することで「RCS規約の音声通話」を実現しています。

楽天Linkにて、通話を発信すると、以下の発信画面が表示されます。

楽天Linkの音声通話発信画面

この発信画面は「楽天Link」独自の画面なんです。

「Android標準の通話アプリ」で発信した画面と見比べて見ましょう。

Android標準と、楽天Linkの、音声通話画面の比較

「Android標準の通話アプリ」と、「楽天Linkの通話アプリ」の発信画面が異なることが分かると思います。

「楽天Link」がAndroid標準の通話アプリではなく、「楽天Link独自の通話アプリ」で発信している、と推測されます。

 

【参考】「プレフィックス電話」は、「独自の通話アプリ」ではない。

ちなみにですが、「楽天でんわ」や「mineoでんわ」に代表される「プレフィックス電話」があります。

「楽天でんわ」や「mineoでんわ」は、専用のアプリがありますね。
よって、それらのアプリは、「独自の通話アプリ」と思われがちです。

しかし、発信画面は「Android標準の通話アプリ」の画面なんです。

Android標準と、プレフィックス電話の、音声通話画面の比較

実は、「プレフィックス電話」の専用アプリは、通話料が安くなる「独自の番号」を付け加えて、「Android標準の通話アプリ」に番号を受け渡しているだけなんです。

プレフィックス電話は、頭に「特定の番号」を付けて、通話アプリに渡している。

「mineoでんわ」の場合、通常の電話番号の頭に「0063」を付けて発信しています。
発信画面は「標準の通話アプリ」の画面ですね。

「楽天Link」は「独自の通話アプリ」を搭載していますが、「プレフィックス電話」は「電話番号」を渡しているだけです。
楽天Linkとは全く違う仕組みです。

その点、混同しないようにご注意ください。

 

「iPhone版の楽天Link」が作れないのは、Appleが独自アプリを許していないから?

上にて、

Android版は、「独自の通話アプリ」を作成することが出来るため、「楽天Link」が使える

ということを書きました。

それでは、iPhoneは、なぜ「楽天Link」が使えないのかを推測してみましょう。

最新情報(2020/7/8)
iOS版楽天Linkついにリリー!

「作れない」と書いていましたが、2020年7月8日、ついにiOS版「Rakuten Link」がリリースされました!

後で、通話やSMSに関してのアプリは作れない、と書いているのですが、iOS版では、認証に「SMS」を使わず、「楽天回線に繋がっているか」で認証を行うそうです(つまり、SMSは使っていない)

iPhoneは、通話やSMSに関して「独自のアプリ作成」を許していない。

 iPhoneは、通話やSMSに関して「独自のアプリ作成」を許していない。

iPhoneは、通話やSMSに関して「独自のアプリの作成」(サードパーティ製品)を許していません。

上で紹介した「+メッセージ」はiOS版も提供されています。

しかし、iOS版は「+メッセージ送受信機能」のみを搭載。
SMSに関しては、iOS版では機能が省かれています。

理由は、上記のとおり、Appleが、SMSに関して「独自のアプリ」を許していないからです。

SMS送受信は、iPhone標準の「メッセージアプリ」に推移して使うことになります。

つまり、「Android版楽天Link」のように「通話やSMSも、独自アプリで行う」ことは、iPhoneでは、出来ないのです。

Saki
Saki
でも、iOS版も、リリースされたよね。
Take
Take
う~ん、別の方法があったのかな・・・。このあたりはまだまだ勉強不足です。すみません・・・。

 

「iPhone版の楽天Link」の対応予定は「かなり後」になる可能性も。

この部分は、「iPhone版の楽天Link」リリース前に書いた内容です。
 「iPhone版の楽天Link」を作るためには、高い壁がある?

現状では「iPhone版楽天Link」の対応予定は「かなり後」になる可能性が、考えられます。

「iPhone版楽天Link」を作る場合、今のところ、

  1. 楽天Linkの「iPhone版」は、通話機能はナシにする(標準の通話アプリに推移するだけ)
  2. アップル純正の通話アプリに「電話番号を流す」(上記の「プレフィックス電話」のような感じ)

といった方法を取るしかありません。

「通話機能はナシ」にするのは、アプリとして意味を持たない。

「iPhone版楽天Linkの、通話機能はナシ」にする場合、音声通話は「普通の電話」になります(IP電話ではない)。
当然、通話料が発生します(30秒につき20円)。
これでは、「楽天Link」を使う意味がありません。

 

Appleに「通話アプリの改良」を依頼するのは、ハードルが高い

 Appleに「通話アプリの改良」を依頼するのは、ハードルが高い

また、純正の通話アプリに「電話番号を流す」だけの場合、そのままでは「楽天Linkでの通話」は出来ないと思います。
(iPhoneの標準通話アプリは、RCS規約に基づいていない)

アップルに「通話アプリの改良」をお願いすることになります。

しかし、現在まだまだ契約者の少ない「楽天モバイル」のために、わざわざ、お金をかけて、通話アプリの改良を行うとは、到底思えません。

先行してRCSを導入している、北米キャリア(T-Mobileなど)も、通話とSMSは、アップル純正アプリで対応している、とのことです。

Take
Take
ということで、「iPhone版楽天Link」は現状だと、「かなり後」になるかもしれませんね・・・

楽天モバイルも、今後、何らかの形で「iPhoneに対応」するはず!→ついに、対応しました!

楽天モバイルも、何らかの形でiPhoneに対応するはず!

しかし、楽天モバイルが今後、ユーザー数を伸ばすための、大きなポイントは「iPhoneに対応すること」

最初の「1年間無料」の方が「有料」になる、「2021年4月頃」までには、何らかの方法で「iPhoneに対応」してくると思います。

当然、「楽天Link」もiPhoneに対応させると思います。

Take
Take
現状では、「iPhone版楽天Link」の開発は、ハードルが高いと言えますが、今後に期待したいですね!
最新情報(2020/7/8)

繰り返しになりますが、2020年7月8日、ついにiOS版「Rakuten Link」がリリースされました!

なお、先着300万名まで「1年間無料」。
メインではなく、サブ回線としてひとまず「お試しで使う」なら、iPhoneでもぜんぜん問題ないです!
(iPhoneで通話をしなければOK)。

iPhoneXR以上で、楽天モバイルにて「iPhone」を使う方法は、下の記事が詳しいですよ。

iPhoneSE(第2世代)は、楽天モバイルで使えるが注意点も!楽天回線エリア見分け方・APN設定も解説!
【正式対応】iPhoneSE(第2世代)は、楽天モバイルで使えるが注意点も!楽天回線エリア見分け方・APN設定も解説!楽天モバイルにてiPhoneSE(第2世代)を利用するための方法を解説しています!基本「アップデート」で完了するので、かんたんになりました!ただし、楽天回線・パートナー回線の見分け方は難しい・・・その対処法もご紹介します。...

楽天モバイルを試してみよう!

楽天モバイル、iPhone6s正式対応!

ついに、楽天モバイルでも、iPhoneに正式対応することが決定しました!
(iPhone6s・iOS14.4以降)

プラン料金3ヶ月無料!

「1年無料」は終了しましたが、「3ヶ月無料」キャンペーン実施中です!

 

楽天モバイル、契約事務手数料0円

さらに、事務手数料(初期費用)3,300円も「0円」になっています!

Saki
Saki
これって、実質3ヶ月間タダって言うこと?
Take
Take
そうだよ。お試しにぴったりだよね。
1GB未満ならタダ!20GBを超えても2,980円で使い放題!

4ヶ月目以降も、「1GB未満」なら、引き続き「無料」で使えます!

 

楽天モバイルキャンペーン1208

しかも、今なら、楽天ポイント5,000ポイントをプレゼント!

だから・・・

乗換検討者
乗換検討者
「携帯会社の乗り換え」を検討されているけど、いきなりは怖い・・・。
「ひとまず、『新規で』試してみよう」かな・・・

という方にもぴったりですよ!

楽天モバイルのメリット・デメリット
メリット・デメリット!実際、使ったからこそ分かる良い・悪い >

楽天モバイルお試し(新規契約)
まずは気軽にお試し!新規契約・初期設定の方法を解説! >

楽天モバイルに乗り換え
楽天モバイルに乗り換え完全ガイド!分かりやすくを徹底 >

 

まとめ

「楽天LinkはiPhoneでは使えない。理由を推測してみた!」についてざっくりまとめると、こんな感じですね。

  1. 楽天Linkは、RCS規約に基づいて作られたアプリ。
  2. Androidは、独自のアプリで「発信」が出来るため、楽天Link作成可能。
  3. iPhoneは、通話・SMSに関して「独自アプリ」の作成が不可。そのため、楽天Linkの作成ハードルが高い。

これからも楽天モバイルを検討されている方に、楽天モバイルのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

ABOUT ME
Take
楽天モバイル研究所では、楽天ヘビーユーザーの夫婦が、第4のキャリア「楽天モバイル」を利用!メリット・デメリット、乗り換え方法やキャンペーンなど徹底解説します♪