ahamoなど

ahamoのプラン内容をていねい解説!現在わかっていることをまとめます。

ahamoのプラン内容をていねい解説!
Take
Take
こんにちは!スマ得のTakeです!

今日はahamo(アハモ)の料金プランを徹底解説しますよ。

「ahamo」は、ドコモにて、2021年3月からスタートする料金プランです。

Saki
Saki
「ahamo」ってどんなプランなの?
Take
Take
ざっくりとした質問だね(笑)。じゃ、大まかに説明しましょう!

 

ahamoは「20GB・2,980円」で、5分の無料通話が付属。手続きなしで海外でも使える!

「20GB+国内通話5分無料」が基本。20GBを超えても、最大1Mbpsで使い放題。

ahamoプラン詳細
出典:ahamoキャンペーンページより

「ahamo」プランの特徴は

  1. 20GB・2,980円
  2. 国内通話1回5分無料
  3. シンプルなプラン
Take
Take
20GBで2,980円!
しかも、誰でもこの金額で使えるのは、すごい!

しかも、20GBを超えても、最大1Mbpsの低速モードで、使い放題することが出来ます!

 

ahamoは「+1,000円」で、24時間、国内通話が使い放題に!

 ahamoは「+1,000円」で、24時間、国内通話が使い放題に!「+1,000円」で、24時間、国内通話が使い放題に!

プランに含まれるのは、「国内通話が、1回5分以内なら、無料」です。

つまり、5分を超えると、「20円/30秒」の通話料がかかります。

Saki
Saki
5分を超えると、通話料がかかるのは、嫌だわ・・・。
Take
Take
そんな人は、「かけ放題オプション」があるよ!

あまり、目立ってはいませんが「24時間、国内通話が無料」になるオプションがあります。

オプション 金額
かけ放題オプション +1,000円

基本プランに、「24時間・国内通話無料」を加えても、20GB・3,980円で利用することが可能です。

 

ahamoは、特に手続きナシで「海外」も利用することが可能!

また、ahamoでは、特に手続きナシで「海外」でも利用が可能です。

アメリカ・中国・ハワイなどの、海外82の国・地域で使えます。

 ahamoで利用できる国・地域ahamoで利用できる国・地域

ただし、15日を超えて長期間海外で利用される場合は、通信速度が制限される、とのことです。

 

ahamoは「1GBあたり500円」で、データ容量を追加することも、可能。

データ容量が足りなくなっても、データ容量を追加購入することはできます。

しかし、価格は高いので「20GB以内でやりくりをする」ことをおすすめします。

追加データチャージ料金
(有効期限:不明(おそらく、チャージした月の末日))
1GB:500円

 

ahamoは、基本は全て「ネット」で完結。ドコモショップを利用する方は、厳しいかも。

 基本は全て「ネット」で完結。基本は全て「ネット」で完結。

ahamoは、申込み・申込後のサポートも「ネットだけ(※)」になります。
(※ahamo WEBサイトや、専用のアプリで受付、とのこと。)

ドコモショップ(実店舗)はもちろん、電話でのお問い合わせも、出来ないことになっています。

心配する女性
心配する女性
「なにかあったときに、実店舗に相談が出来ない・・・」

この不安は、結構デカイと思います。

もともと「ahamo」が想定しているのは、「20代のデジタルネイティブ世代」。
ある程度の「ITリテラシー」が必要になります。

今後、ドコモショップでもサポートを受けられる可能性はありますが、おそらく「有料」になると思います。

2020年12月、ドコモショップでは、すでに、一部のサポートを「有料化」しています。

「ドコモショップに、結構、行っていたな・・・」という方は、「ahamo」プランは、リスクが大きいと思われます。

 

ahamoは、キャリアメールの提供が無い。

ahamoでは、キャリアメールは、ナシ。キャリアメールは、ナシ。

ahamoでは、「キャリアメール」の提供がありません。

キャリアメールは、ドコモの場合、「~@docomo.ne.jp」のメールのこと。

現在、キャリアメールを使っている方・キャリアメールで登録されている方は、「Gmail」などに移行しましょう。

その後に、ahamoに変更したほうが良いでしょう。

Take
Take
ahamoに変更すると、今までのキャリアメールは解約となります。
「メルアド」は使えなくなりますよ・・・。

特に、サービスに登録されてる「メルアド」がキャリアメールの場合は危険です。

ahamoに変更すると、永遠にメールが来なくなります。
注意が必要ですね。

 

ahamoは「ドコモ内・別ブランド」。ドコモ本体の割引は、使えないことに、注意!

 ahamoは「ドコモ内・別ブランド」。ドコモ本体の割引は、使えないことに、注意!ドコモ本体の割引は、使えないことに、注意!

今までの内容で、気づいている方もいるかもしれません。

実は、「ahamo」は、「ドコモ内のプラン」というよりも、「ドコモ内の、別ブランド」と言えます。

「手続きは簡単に、違う会社に乗り換える」というイメージが適切かもしれません。

そのため、今までドコモで使えていた割引なども、一切使えなくなります。

 

ahamoに乗り換え時、「みんなドコモ割」の扱いに注意を。割引は消滅、回線数のカウントは継続。

ahamoに乗り換え時、「みんなドコモ割」の扱いに注意を。割引は消滅、回線数のカウントは継続。割引は消滅、回線数のカウントは継続。

ドコモ(本体)には、いわゆる「家族割」があります(みんなドコモ割)。

2021年4月からの新プランでは、家族内で2回線なら500円、3回線以上なら1,000円の割引があります。

しかし、ahamoでは、家族割の適用はありません

ドコモを家族内で「3回線契約」しても、ahamoにいる人は、1,000円の割引はありません。

Take
Take
「基本料金2,980円」からの割引とはなりませんので、ご注意を。

ただし、ahamoに乗り換えても、ドコモ本体の「みんなドコモ割の回線数」にカウントされます。
(※2021年1月14日に発表されました。)

2020年12月3日の発表会では、ahamoに変更すると、ドコモ本体の「みんなドコモ割の回線数」から外れることになっていました。

そのため、ahamoに変更すると、他の家族に「実質値上げ」をさせてしまう可能性がありました。

 

ahamoから電話すると「家族間の無料通話」から外れてしまう。

ahamoから電話すると「家族間の無料通話」から外れてしまう。ahamoから電話すると「家族間の無料通話」から外れてしまう。

ドコモ(本体)では、「家族間の通話は、無料」です。
しかし、ahamoでは、対象外となります。

例えば、ahamoの子供が、ドコモ(本体)の親に電話を掛けた場合も、1回5分を超えると、30秒につき20円、通話料が発生します。

ただし、ドコモ(本体)の親から、ahamoの子供に電話をすれば、「家族間の無料通話」は適用されます。

Saki
Saki
じゃ、ahamoの子供からドコモ(本体)の親に電話をしたいときは、すぐにからかけ直すと、「かけ放題」になるの?
Take
Take
そうだよ。家族間だから「(親側から)掛け直してよ」とは言えるよね~。

 

ahamoへの申込は、20歳以上。19歳以下は「利用者」として使うことに。

ahamo:19歳以下は「利用者」として使うことに。19歳以下は「利用者」として使うことに。

ahamoへの申込は、20歳以上です。19歳までのお子様は、契約することが出来ません。

19歳までのお子様が「ahamo」を使う場合は、

  1. お父さんorお母さん名義」で契約
  2. 「お子様」は利用者として「名前と生年月日」を登録

以上のことをする必要があります。

 

ahamoでの、支払い方法は「クレジットカードor口座振替」

ahamoでの、支払い方法は「クレジットカードor口座振替」のどちらかが選べます。

なお、詳細は、まだアナウンスがないため、後日の追加発表を待ちましょう。

 

ahamoの詳細はまだまだ未定。分かり次第、追記していきます。

「ahamo」のスタートは、2021年3月からです。

現段階では、まだまだ詳細は発表されていません。

今後、ドコモで、詳細が発表されると思います。
随時、当ページにて、更新していく予定です。

これからもahamoを検討されている方に、ahamoのプランやメリット・デメリットなどをどんどん発信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!